良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

アンテナショップ・地域名産品(まとめ・全体)

 

秋葉原 「ちゃばら」CHANBARA 静岡県や各地のアンテナショップ

 2015年7月12日(日) 
 
 秋葉原にオープンした「B-1 グランプリ食堂」をあとにして、更に秋葉原駅へ向かって歩きます。

 と、同じく線路の高架下、秋葉原駅の手前にお店がありました。
 「ちゃばら」CHANBARA。一応、静岡県のアンテナショップと認識して行ったのですが、違うようです。が、このブログのカテゴリーでは「東海地方のアンテナショップ」に分類しておきます

 静岡の特産は「お茶」。だから『茶』と秋葉原をかけて「ちゃばら」としたのかと最初は誤認していました。文字通り「秋葉原」からとったのですね。しかし「秋葉原」の地名(現在は「駅名」というべきか。)自体、遠江の国の「秋葉神社」から地名を付けたことは確実です。豊臣時代に関東に封じられた徳川様のご城下、その後、関ヶ原の合戦などを経て、徳川様の天下となったときか、いつかは分かりませんが(苦笑)、旧領地の神社の名を地名として付けたのでしょう。青山、内藤など譜代の家臣も、どっと入ってきて、江戸に屋敷を構えましたからね。「浜松町」は浜松、「飯田町」(昔の甲武鉄道の駅)は信濃の飯田から付けたと推測します。

 たしかに店内には静岡県の商品のコーナーもありました。一番奥にあります。「おいしい処しずおか」略して「おいしず」と天井から看板がかかっていて、「静岡の特産品」を打ちだししています。
 静岡県は独立した店舗は運営せずに「ちゃばら」の一角をアンテナコーナーと位置付けしているようです。
 (静岡のコーナーは店内の一部ということで撮影はしていません。)

DSC02845




















 「CHANBARA」店内への入口(ボカして撮影しています。)

DSC02850


























 店内の様子というか見取り図。↓
 静岡県のアンテナコーナーは、一番奥にあります。このお店ではかなり重要な位置を占める「キーコーナー」でしよう。その他、静岡以外の各地の特産品も販売しています。
 たとえば「滋賀県」のコーナーを準備中でした。滋賀県も独立したアンテナショップは都内に持っていない筈です。一応、有楽町の交通会館の中にある「滋賀県の夢プラザ」がアンテナショップの役割を果たしていると位置付けられているようですが、品揃えは(ずっと以前に見たところ)米程度だったので、十分ではありません。
 滋賀県の新しいコーナーに期待!です。

DSC02848


























 店内では食事ができるレストランもあります。昼の時間帯は過ぎていたので、あまり混雑はしていませんでした。「鎌倉」の名を冠するレストランもありました。

DSC02846




















 外壁のガラスには、どこかで見た青いフォントのコピーが・・・。
 「ええもん あるでぇ 徳島」です。

DSC02844




















 ちゃばらの内部に「徳島県 アンテナコーナー」がありました。一年半くらいで銀座の店舗が撤退してから、徳島県のお店はどうなったのかと心配していましたが、ここにあったのですね。
 「すだち君」もニッコリ笑っています。一安心です

DSC02847













B-1 グランプリ食堂 in 秋葉原 食事

 7月12日(日) 

  昼の時間帯は、秋葉原にやってきました。
 7月、訪問の2日前の金曜日にオープンしたばかりの「B-1 グランプリ食堂」です。線路のガード下の空間を利用して出店しています。ワゴン車での出店もあり、「固定型店舗」でのお店のみではありませんでした。随時入れ替えをしていくのだそうです。固定カウンター店舗でも、入れ替えをすれば別のグルメがテナントで入ることが可能です。
 
 食べる席は、細長いコーナーの端にあります。それほどイスとテーブルは多くないので、混雑時間帯の確保は大変です。何とかテーブルをひとつ確保できました。冷房の効いた空間ではありません。「吹きさらし」で暑いです。冬は寒いでしょう。夏の暑さの方が堪える、外の暑さは冷房なしに防ぎようがありません(笑)。

 ↓ 勝浦タンタン麺と佐伯ごまだしうどん。ともに同じブースでの提供でした。

DSC02834

勝浦タンタン麺・・・あっという間にツレに食べられてしまい、私の口には入りませんでした。そのため、「レポート」はありません・・・















 ごまだしうどん。実は九州に行ったときに一度食べてみたかったのです。昨年は大分には行きましたが、さすがに佐伯までは遠い。食べる機会を逃していたのでラッキーでした。
 みそがつゆの中に入っています。関東の味噌や名古屋の赤味噌と異なり、色の薄い、なんとなく甘い味のする薄味のみそです。ネギとかまぼこのトッピング。つゆは、ご覧の通り、うすいきつね色です。しょうゆベースのつゆに慣れた関東人には物足りないかもしれません。が、ここ十数年の「さぬきうどんブーム」の乗って、薄味のつゆも関東で浸透していますから、慣れている人も多いですね
 (うす味のつゆに)慣れていない人は、決してしょうゆを入れないように!!。醤油などの追加調味料はテーブルにはおいてなかったと思います。
 量は・・・・というと少ないので「ペロッ」でした。 

DSC02835

お盆に一緒に載せているひるぜん焼きそばの食券は写真とは無関係です。
















 「佐伯ごまだしうどん」の後、「ひるぜん焼きそば」を買いに再び出撃。行列に並びます。15分くらい並んでやっとゲットできました。実は、調理が追いついていないのです。大きな鉄板で一回焼いて、出来上がって客に配布して、その繰り返しで、一回調理した食材(やきそば)が無くなるともう一回調理するのです・・・。調理するのに5分くらいかかっていました。そのため、想定外に待ちました。

 待ってゲットした、その「ひるぜん焼きそば」。写真撮影の前にほとんど食べてしまいました。↓
 「ひるぜん焼きそば」の特長が・・・・もはや判別不能です

IMG_2585


























 さあ、いろいろと各地の「B級グルメ」を見ていきましょう。まずは「王者」といってもよい「富士宮やきそば」。
意外にも行列はできていませんでした。私達も過去に何回か現地で食べているので、今回は割愛でした。首都圏、名古屋圏の人は、富士宮に皆、食べに行っているので、敢えてここで食べていないのか!?。

DSC02840




















 「ひるぜん焼きそば」のブースと行列。並びました・・・・・。八戸せんべい汁の最後尾の近くなので間違えて並んでしまいます。
BlogPaint




















 一番、秋葉原駅よりのブースは「今治焼豚玉子飯」。過去に「B-1グランプリ」でも入賞している「メジャーメニュー」です。一番行列ができていました。更に並ぶ必要があるので、暑いですし、体力が持ちそうにないためヤメておきました。
 暑いので「塩気」があるものを食べたかった、(ここで提供される料理は一皿の)量が少ないのでお昼ごはんとして肉とごはんがありお腹にたまりやすい、などの理由で一番人気だったと思います。時間帯や天候、季節によっては行列ができるブースが違ってくるでしょう。

BlogPaint




















 別の角度から「今治焼豚玉子飯」。「今治・・・・」の黄色いのぼりが見えます。
 
BlogPaint




















 冷房効いた唯一の空間。立ち席用の高いテーブルのみでイスはありません。秋葉原駅寄りのイスとテーブルはずっと満席で空きがありません。ここまで歩いて、食べる一角を確保しました。同じテーブルには、小太りのいかにも「B級グルメファン」といった感じのおにいさんが一人で食べていたので、その空いている一角をお借りしました。最後のひるぜん焼きそばは、ここで食べました。量は少ないのであっという間に食べてしまいます。下の子がガーッと、とって食べてしまったので、1分くらいしか食べるのにかかりませんでした
 上の食べかけのヤキソバの写真がソレです(笑)。
 ↓ 「冷房コーナー」(写真は既出) 

BlogPaint

















































B-1 グランプリ食堂 in 秋葉原 AKI-OKA CARAVANE オープン

 7月12日(日) 
 この日は遅めの出発で、最初に日本科学未来館の企画展「ポケモン研究所」を見学しました。常設展には行かずに次に移動しました。
 既述の通り、文京区水道にある印刷博物館にも行ったのですが、印刷博物館の前、日本科学未来館の後のお昼の時間帯は、秋葉原にやってきました。

 目的は、2日前にオープンしたばかりのB-1 グランプリ食堂 in 秋葉原 AKI-OKA CARAVANEです。地下鉄の末広町で降りて地上に上がります。山手線の線路方向に向かって歩きます。線路そばまで来て、秋葉原の駅や神田駅方向に戻るように歩くと、B-1 グランプリ食堂の看板が見えてきました。
 
 ↓ こちらは、「食堂」の中央部付近にある看板。フェンスの向こう側(食堂の内側)では行列が
  できています。

DSC02828




















 ↓ B-1 グランプリ食堂の看板。
  北方向(つまり、御徒町方向)から歩いてくるとまずこの看板が目に入りました。

DSC02827
 



















 線路のガード下の空間を利用しています。高架を支える橋脚の間に各B級グルメのブースがあり、食事を提供しています。

DSC02831




















 出店内容の告知。甲府とりもつ煮に横手やきそばに・・・「B級グルメ」をあなたは何個言えるでしょうか?。

DSC02829




















 メニューのボード。暑いので肉だ!とも思いしまたが、「十和田バラ焼き」は長い行列だったので諦めました。
 テレビなども取り上げられて、「十和田バラ焼き」は「B級グルメ」の中でも有名ですね。

DSC02833




















 敷地の中央部に入口があり、食券購入機があります。どれも500円です。

BlogPaint




















↓ 暑いのですが、屋外なので冷房はありません。唯一冷房のあるコーナー。
   立ち食い用のテーブルのみでイスはありません。「スイカペンギン」がお出迎えです。
   JRグループ会社が運営しているので、スイカ、パスモが食券購入に使用できます。

BlogPaint



































線路(高架)下の長いコーナーの真ん中に冷房コーナーがあり、その北(上野方向)の様子。
 この先端の一角にイスとテーブルがあり、何とか空いている場所を確保して食事をしました。
 各グルメのブースでは「最後尾」とプラカードを持った係員が整理、誘導をしています。

BlogPaint




















 食券を買います。値段はすべて500円。以前から食べてみたかった「佐伯ごまだしうどん」、「勝浦タンタン麺」と「ひるぜんやきそば」の食券を買いました。「横手やきそば」でもよかったのですが、「横手」は玉子が乗っているのでツレが嫌がりました。「蒜山」は以前、何回か訪れたことがあり、懐かしさから買うことにしました。しかし、私達が在住していたときに訪れたときは、「蒜山」に「やきそば」はありませんでした。聞いたこともありません・・・・。もしかしたら「蒜山ハイランド」では売っていたのかな?。
 蒜山高原は一面の牧草地と森林で「アイス」などの乳製品は充実していました。あと、蒜山の手前ですが、ダムの堰堤の真ん前の「湯原温泉露天風呂」です

 ↓ 「佐伯ごまだしうどん」と「勝浦タンタン麺」のブース。
   行列に並ぶ前にフェンスの外から撮影。実際は5分から10分並びました。

BlogPaint




















 ↓ 十和田バラ焼きのブース。
  「最後尾」のプラカードを持った人がいます。暑い中で並ぶのは、体力を消耗します。しかも鉄道のガード下。風通しは悪いし、いろいろな匂いはするし、汗だくだし・・・・。作る人はもっと大変ですね。
   
BlogPaint



2015年新春の アンテナショップの情報

 2015年1月11日

 ここは、年明け早々の銀座。「アンテナショップ街」に繰り出しました。
 この日は、車は一か所に停め、電車で移動します。都心のパークアンドライドです。(笑)
 有楽町駅から電車の乗るため、高知の店で昼食を食べてから、沖縄の『わしたショップ』の前を過ぎ、交通会館へ道路を渡ります。ツレは別のところ(店)を見たいとのこと。せっかくだから、私は交通会館の地下に久々足を運びました。
 
 やってきたのは、福岡のアンテナショップ「ザ・博多」と同フロアの和歌山県の店。飲食関係は無く、物品の販売のみです。店の隣には、県の観光案内所もあり観光名所など県内各地のパンフレットが置いてあります。と、高野山の各宿坊のパンフレットが置いてありました。

 ↓ 残念ながら行くことができなかった、とっとり・おかやま新橋館「ももてなし」のチラシ。
  「粗品進呈」とありますが、この日程に合わせて店に行っていないので、粗品ゲットができませんでした(笑)。

IMG_2240




































 この日、徳島県のアンテナショップにも行きました。「わしたショップ」の近くですしね。
 徳島県はわかめも名産とのことで、お店で「わかめの試食」をしていました。以前、紹介した記事では「すだちのつかみ取り」でした。いろいろな企画をして工夫していますね。

 ↓ 写真は購入した鳴門の「わかめ」。ゆずこしょうを付けて食べました。
   ただし、ゆずこしょうは、徳島県のものではありません。
IMG_2237





































 ※2015年の4月現在の情報。
  4月のある日、徳島県の店の前を通ると、シャッターが閉まっており、人の気配がありませんでした。
  3月15日?をもって、シャッターのところに「休店」と張り紙がありました。

  

山梨県アンテナシュップ「富士の国 やまなし館」、山口県アンテナシヨップ「おいでませ山口館」 in日本橋

 全く違う地域にある、ふたつの県のアンテナショップが日本橋にあります。先日訪れた「三重テラス」や「日本橋しまね館」とは川を挟んで少し離れた所、日本橋の丸善の北側(東京駅八重洲口側)にあります。地下鉄日本橋駅の地上出口のすぐ近くですが、東京駅からも徒歩5分程度です。オフィスビルの1階部分にともにテナントとして入居しています。
 ↓山口県のお店の入り口。飲食店は無く、物産の販売のみです。
IMG_1316


























 ↓山梨県のお店。「桔梗屋の信玄餅」が目立つところに陳列されていました。のぼりもたっていました。桔梗屋さんには「詰め放題」などでお世話になりました。(笑)また、目立つのはワインの棚。甲州ワインがたくさん置いてあります。
 今、話題の連続テレビドラマ「花子とアン」のポスターも。
IMG_1318



















 ビル1階エントランスの様子。手前(左)が山梨県のお店、奥(右)が山口県のお店です。
IMG_1319


























 ビル1階の奥に「ふるさと情報コーナー」がありました。全国の都道府県や市町村の自治体案内、就労、就農、観光地、名所、お店などのパンフレットが自由に入手できます。各地にある自治体のアンテナシヨップのパンフレットも置いてあります。まさに全国アンテナシヨップの「発信基地」といったところでしようか!?。
IMG_1317
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ