良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

企画展示、イベントなど

 

安曇野アートライン展  見学 「銀座NAGANO」イベント

 2017年2月18日 土曜日

 長野県アンテナショップ 「銀座NAGANO」が入居しているビルの上のフロア3階に入居しているお店で食事をした。「銀座 真田」。見た限り、階段で他のフロアとはつながっていないようだ。
 食事後、ワン・フロアのみだが、エレベータに乗り下の階に行った。長野県のアンテナショップ二階に来る。エレベータは降りる。
 前回秋の訪問時、二階のスペースではイベント、説明会をしていた。が、今回は別の展示会を行っていた。
 二階にある「りんごカフェ」のカウンターがある。その脇を通り、奥に進む。小さいイスと机にカフェの客が数名座っているのは、前回と同じだ。
  イベントスペースでは今回、テーブルとイスを出して10名くらいの主婦らしき女性達が手芸か何かをしていた。ポスターを見ると一般参加が出来るワークショップであった。

 店内のイベントスペースには「安曇野アートライン展」と告知があった。安曇野に点在する美術館の紹介をしていた。期間は18日から21日までのわずか4日間である。

 かつて訪れたときは「碌山美術館」を見学した。その後、「飯沼飛行士記念館」を見学した。彫刻家 荻原碌山、飯沼飛行士、ともに安曇野が生んだ近代史上に名を残す人物である。
 安曇野には碌山美術館以外にも近代美術館がある。安曇野市豊科近代美術館である。その他、安曇野山岳美術館、北アルプス展望美術館などがあった。ちなみに、「飯沼飛行士記念館」は人物の記念館で美術館ではないため「安曇野アートライン」に加盟していない。

 各美術館の所蔵作品の写真ボードの展示があった。北アルプスの遠望や安曇野の風景画、安曇野の動植物などの絵の写真だった。なかでも目を引いたのが、「いわさきちひろ美術館」の所蔵、絵本画家 いわさきちひろの作品だ。あの、かわいらしい絵を、一度は見たことがあるだろう。子供の頃に読んだ物語の挿絵にも取り入れられていることが多く、私もこどもの頃から知っている。
 いわさきちひろ美術館は練馬にあると知っていたが、長野県にもあるのですね。安曇野の施設は「安曇野ちひろ美術館」である。

 「安曇野アートライン」の解説ボードが掲示してあった。安曇野の南部、松本に近いところから始まり、ちひろ美術館、安曇野山岳美術館などを経て、白馬村に所在の美術館までが紹介されている。

 ↓ ビルの前に設置してあった看板。ユキダルマはレプリカで、氷をかけて白さを演出していた(笑)。
  冬らしいな。
  
!cid_F0224534-A9B7-4EBD-ACF0-8711C27279E8


 

神田 古本市 2015年

  2015年11月1日

 東洋文庫ミュージアムを見学した後、千石駅から都営地下鉄に乗り、水道橋駅へ向かう。少し歩いて、15時30分頃に奥野カルタ店へ到着。
 ここは、下の子の要望。下の子が欲しいという、本のみ買う。そのまま歩いて、神保町の方向へ。すると、古本市を開催していた。

IMG_2933

 すでに、夕刻。道路沿いに店のワゴンが出ている。道路沿いの書店が、店の前に臨時仮設の棚やワゴンを出して、販売をしている感じだ。歩道は人でいっぱいだ。
 美術展に関する書籍を見つけてみることにする(笑)。大通り(つまり、靖国通り)の歩道に出店している仮設店舗には、過去の展覧会の図録がいくつかある。
 例えば、私が観覧に行かなかった東京国立博物館で開催され、かなりの人数(50万人くらい?)を集めた「阿修羅展」や、「空海と密教展」などの図録だ。20年前の展覧会の図録もある・・・・・。
 また、書店の内部にも入ってみる。各書店でも、通常の価格よりも「×パーセント引き」とかなりお得な値段で販売している。この前行った鴎外記念館関連としては、子の於兎が著者の「父としての鴎外」、永青文庫に関連しては、以前の理事長で、旧熊本藩主細川家ご当主の故・細川護貞氏著の「細川日記」などがあった。元々の値段はさておき、1000円以上割引している書籍もある。

IMG_2934


 さて、一本道を入る。「すずらん通り」。交差点にあるサンマルクで少し休憩しようとするも、空席は無い。三省堂への途中にはミニテント、ワゴンでお店が出ている。
 出版社ごとのワゴン販売のようだ。

IMG_2936


 他の店に入って見つけたが、こちらの店でも図録があった。「大神社展」の図録、2800円。値段が下がっていない・・・・。「鳥獣戯画 2015」図録ももある。えっ、今年の春~初夏6月に開催したばかりなのに・・・・。
もう、古本でご出品・・・。昨年の「日本国宝展」の図録は2500円。新品と値段が変わらないじゃないか。

 更に見つけた。約10年前に開催の「フジタ展」のものは1300円だった。この展覧会、東京国立近代美術館で開催された「藤田嗣治」の国内では最初の本格的な回顧展であった。私は行かなかった。というより、行かないうちに終了してしまった。
 国立新美術館で開催の「横山大観2008年」の図録もあった。こちらも知らないうちに終了していた・・・。

あるお店のコーナーで土門拳の写真集があった。ツレが買いたいと言うてので、三冊買う。かなり重いが・・・・。
この日、このコーナーは全品1割引きだった。

IMG_2935

 私は、上野に移動した。
 ツレ達は、有楽町の「無印」などに行くらしい(笑)。
 


 

萩 <花 燃ゆ>大河ドラマ館

 2015年8月

 萩の松陰神社から移動します。車に乗って、萩の中州の内部へ。つまり萩は川の下流に発達した中州に発達した町だからです。いわば「島」ですね。その「島」の中央部、かつての藩校明倫館の敷地跡付近にあるのが大河ドラマ館です。
 もっと分かり易く書くと萩の市役所の真ん前、道路を挟んで北の反対側にあります。ドラマ館と市役所の間を通る道路は片側二車線で広いです。スピードもかなり出ます。入口はすぐに分かりました。のぼりがたくさん立っていますし、看板も設置されています。
 ここに来たのは下の子の要望です。なぜかドラマも視ています。私は視ていませんが・・・・。下の子は「萩に行く」ことよりも「萩のドラマ館に行く」ことが目的だったようです
 平成27年の大河ドラマ「花 燃ゆ」。吉田松陰の妹、文(あや)が主人公とのことです(伝聞)が、「はなもゆる」とタイトルは読むようです。そのまんま「はなもゆ」ではないようです・・・・・。タイトルからして覚えにくいです(苦笑)。ドラマの盛り上がりの指標のひとつである視聴率は・・・・・・・・というとドラマ館の周囲の様子を「ご覧のとおり」です(笑)。


 時刻は午後4時半近く。ドラマ館は午後5時までですから、最終入場は4時半くらいでしょう。急ぎました。急いで駐車場に入ります。駐車券を取って、入ります。駐車場は広いですが、全然混雑はしていません。車は数台停まっています。急いで入口に走ります。
 ↓ ドラマ館の入口。これでもか!!とのぼりが立っています。奥は明倫小学校の立派な校舎です。
DSC03422


 ↓ ドラマ館の正面。市立の体育館を改装して設置しているようです。
    アリーナ部分が展示室になっていました。
     入口に並んでいる人は・・・・・いません。というより、屋根がないため、
     この炎天下で待ったら、ぶっ倒れてしまいます。もっとも内部は広いので行列するスペースはあります。


DSC03424



 ↓ 入口の拡大。萩のデラマ館のテーマは「文と萩の物語」です。

DSC03423

 入口を入ると、入場券係がいます。ここでチケットを購入。更にセットのようになっているドラマ館の中に入るしくみです。(ドラマ館のエリアは)パーテーションで区切られています。元々体育館のため天井が高いので、独立した部屋の展示室を造ることは不可能です。案内係も数人いますが、すいているのであまり仕事はなく、ヒマそうでした。
 私は入館しませんでした。武家屋敷の散策に歩い向かいました。

 ドラマ館の内部は・・・、
 ドラマで使用されていた松下村塾などのセットの復元と衣装や小道具の展示でした。出演俳優、女優さんの写真パネル、サインの展示も。写真パネル、サインなどは撮影禁止でした。
 以上伝聞です。

 ドラマ館の駐車場。西日がモロに当たり、猛烈に暑いです。しかも日陰が無い。ドラマ館に近くには巡回パスのバス停があり、そこには屋根がありました。ドラマの登場人物のキャラクターを描いたラッピングバスが走っていました。このバスに乗って、見学に来ていた人もいました。
 ↓ 空いている駐車場。一般車は少ない。まさか、視聴率と連動しているのではないでしょうね(笑)。
   大型バスが停まっていました。団体客を呼び込しないと入館者は増えませんね。

DSC03425

 
 あと、敷地付近は強烈に西日が当たるので、夜間開館をしないと人は来ないのではないでしょうか。夏でも夕方5時閉館だと、暑くて来る気になれません・・・・・(苦笑)。
 
 第二駐車場。舗装ではありません。以前は、校庭だったのではないでしょうか。ドラマが終われば小学校の校庭になる(戻る)と思います。ドラマ館は来年の一月上旬まで一年間の期間限定開設です。
 体育館の裏手は旧藩校の明倫館の跡があります。

DSC03426


 私はドラマ館を離れ、城下町の武家屋敷街の散策に向かいました。
 ↓ ドラマ館の城下町側(西側)にある図書館と運動公園。こちらの脇を通り散策に向かいました。
   途中、木陰が無いのでモロに西日が当たり、クラクラして汗だくです

DSC03461









「マンモスYUKA」見学 パシフィコ横浜

 この日は開催最終日。大型台風の最接近が・・・。風は強いですが、雨は弱くなってきました。 雨のピークは前日夜でした。朝起きてニュースを見ると台風は静岡から長野方面を抜けて北上するようです。関東地方には来ないので、雨に加えて風も次第に弱くなると(勝手に)判断して出発しました。展覧会のツイッターを見ても「本日開催」とありました。スタッフも通勤してきていて、通常通り開けているのでしょう。
DSC08184
パシフイコ横浜の通路部分。港の方向を撮影。横殴りの風ですが、雨はほとんどありません。カサも必要ありませんでした。(というより、傘をさしても吹き飛ばされる・・・。)






DSC08185
会場入り口付近のマンモスオブジェ。








DSC08206正面入り口。
台風のさなかでも入場者は多かったです。

博物館ではなく、いわば「展示場」での開催。パシフィコ横浜には別の用で来たことはありますが、家族全員でのイベント見学は初めてです。





DSC08187
マンモスの化石。








DSC08188DSC08189









DSC08191
ナウマンゾウと
ケマンモスの写真。
家族連れが多いです。夏休みはもっと多かったでしよう。






DSC08196

子マンモスの化石。







DSC08197
ケマンモスの毛が残っています。
















DSC08198
シベリア地方、マンモスの化石を利用して造った家。


子マンモスの「YUKA」は撮影禁止。冷蔵保存されていました。





DSC08199









DSC08200
会場の様子。マンモスのあとの時代の生物の展示。
展示場だけあり、天井が高いです。








DSC08201DSC08202









 北極海沿岸の様子。海岸付近の崖にマンモスの化石が露出しています。大量にマンモスの化石が埋まっているのでしょう。すると、仮説ですがある日突然、集団で死滅したのではないでしょうか・・・。だから、特定の広い地域の同じ地層に死骸が化石として何万、何十万も埋まっている。絶滅した原因として「隕石の落下」やその他の説(忘れた! )を説明展示がありました。
 しかし「結論は特定できていない。」気候の変化で徐々に付近の環境が温暖化し、適応できなくなって、進化も追いつかずに絶滅したのでしようか。その場合、バラバラに倒れて風化したり、他の生物に食べられていくと思うのですが、写真を見る限り、あたかも一度に大量に埋葬されたようで説いがつかないのでは!??。突然の絶滅だとすると、この先の人類の運命を暗示しているのでしょうか。。。。(素人の考えですが。)
 その他、人為的に狩猟の対象になって、絶滅した。ウイルスなどの病気が広まり絶滅した、の説もあるようです。
DSC08203
ギャートルズの漫画ボード。
下の子はこの漫画を「買え、買え」と騒いで! いましたが、買いませんでした。「あ~あ、ギャートルズ欲しかったのに・・。」とまたまたブーたれていました。
(なお、下の子は、ギャートルズをこのときまで知らなかったはずですが・・・。)



 
 追記
 上の子の学校の理科の宿題で、「博物館などの自然科学系の施設見学のレポートを書く」がありました。後日、学校の参観日で生徒が書いたレポートが閲覧できるようになっていました。この「マンモスYUKA」のレポートが何人かいました。国立化学博物館の「深海展」も多かったです。
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ