良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

和歌山(高野山とその周辺)

 

九度山 道の駅 世界遺産情報センター

 5月10日(日)
 
 高野山の帰りに寄った「道の駅 九度山」。慈尊院へは距離があって、少し歩きます。
 のぼりにあるように「いちご」が名産のようです。「たけのこ」のりぼりもありました。
 車で来ると九度山駅から数分で来ます。しかし、歩いて来るのは遠い。1.5キロくらいあめのではないでしょうか。更に慈尊院へは1キロまでは距離はありませんでしたが、500メートル以上はあります。
 
DSC02502




















 道の駅の施設内には「世界遺産情報センター」もあり、「高野山町石道」の解説コーナーや模型がありました。

DSC02499




















 敷地に隣接して芝生の広場があります。向こうには山脈が。景色が良いので撮影したのですが、写真で見ると山が遠くに小さくなってしまい、よく分かりませんが・・・・。道路脇の木々の向こうは紀ノ川になっています。

DSC02500




















 九度山の街の方向。川にかかる橋が見えます。帰路はこの橋を渡り、国道に出て、橋本市方向へ走行しました。

DSC02501





















芝生広場の向こうへの道を歩くと慈尊院へ行けます。町民体育館があり、この日もバレーボールなどをしている人がいました。
DSC02503




















 道の駅の建物。

DSC02511




















 「世界遺産情報センター」の展示。慈尊院が高野山への参詣道の起算点であることが改めて分かります。今まで見落としていましたが、高野山信仰の起点として九度山は重要な町だったのでした。だから、

DSC02507



























 入口。「高野山開創1200年」のポスターも貼ってあります。写真では途切れていますが、来年の大河ドラマのポスターも貼ってあります。今年、来年と忙しいようです(笑)。
 ここに来る道中、真田幸村の寓居跡の付近には、観光用のぼりがたくさん立っていました。

DSC02508




















 川の対岸の山並み。

DSC02509




















 高野山の方向と思われる山。尖った峯(ピーク)が目立ちます。山が連らなってよい景色です。まさに地溝帯が造り出した山岳風景です。

DSC02505




















 時刻は午後4時半を過ぎています。ここから車で帰ります。一体何時に着くのやら・・・・(苦笑)。
時間があれば、室生寺の特別公開も含めた見学も・・・と思いましたが、とても室生寺どころではありません。こここ九度山から室生寺までは車で1時間ではとても到着できません。室生寺は断念してまっすぐおうちに帰ります(笑)。


DSC02504


























 

高野山檀上伽藍 根本大塔 内部拝観

 5月の日曜日のこと。
 
  開創1200年記念の高野山。根本大塔の内部を拝観しました。記事は後日アップしますが、先に金堂の秘仏を見てからの見学でした。金堂の内部に入るのに行列はしているわ、ご朱印所も行列していて列が一向に進まないわで、時間がない~、とヤキモキしていました。

DSC02290





















 根本大塔と金堂の裏手。大混雑です。団体を乗せた大型バスが何台も駐車して続々と人が下りて、皆ここに集結してくるからです。あまりの人数に身動きもとれず、絶句してしまいました・・・・・・・・。

DSC02282




















 

 DSC02284
  





















DSC02285






















DSC02288










高野山 到着~檀上伽藍 金堂、根本大塔裏手へ

 5月10日(日)
 
  高野山
  やってきたのは、高野山高校に開設された臨時無料駐車場でした。あとで、駐車場に関するパンフレットが檀上伽藍の案内所に置いてあったので、見たのですが臨時駐車場は最高で約1200台、通常の土日で約1000台も確保されています。山間の高原都市でこれだけ駐車スペースを確保するのは大変だったでしょう。駐車場をとってみても、高野山全体の総力を挙げての大法会です。

 ↓ 高野山高校のグラウンドと校舎。校舎の屋根の上に七輪塔というのでしょうか、水煙が。
   ここは、私立の仏教高校ですからね。

DSC02270




















 校舎前のグラウンドはとある団体用の駐車場で個人客は入れませんでした。奥の別のグラウンドに誘導されました。ここの駐車場に来たのは偶然誘導されたからです。
 校舎の脇をあるきます。檀上伽藍に向かいます。ここから一番近いのが、檀上伽藍の裏手になります。

DSC02265





















DSC02266

体育館の前を歩き。


















 更に下ります。駐車場の案内看板。私達は第五駐車場に停めたことになりますが、とにかく停めることが重要で第何パーキングに停めようと、かまっていられません。

DSC02267




















 高校校舎の前のモミジの木。新緑の季節を迎え、青々としています。秋には美しく紅葉することでしょう。
 
DSC02268




















 駐車場になっていないグラウンドもありました。野球部が練習をしていました。野球場になっています。本格的な練習です。ものすこぐ練習をしています。声を盛んに上げて、ものすこい勢いです。ミスすると罰トレみたいなものがあるらしく、ある部員が「イチ、ニ、サンッ・・・・」と声を張り上げて、スクワットをしていたような。

↓ 高校の入口の門まで下りて来ました。車は途切れることなくやって来るので、
  事故にならないよう注意が必要です。

DSC02272




















 と、ロータリーまで下りて来ました。写真奥の道路がトンネルになっていて、
 このトンネルを抜けて高野山高校までやってきました。 ↓

DSC02274
付近は大型バスが停まっています。



















 ロータリー近くにある別格本山の寺院。 実城院とあります。駐車場には余裕があります。庫裡ではなく、宿坊らしき宿泊棟の建物が見えます。宿泊者は車を置いて観光できるのでうらやましいです。
 宿坊も満員でしたけどね。今回は個々の宿坊に申し込むのではなく、宿坊協会のポータルサイトで申し込みして振り分けするようでした。ほとんど平日は空きがあるが土日、祝日は満室でした。
 宿坊の客室の相当数、旅行代理店も押さえていると思いますしね。

DSC02275




















 大楽院、正智院とあります。檀上伽藍の裏手に当たる別格本山寺院です。

DSC02273




















 ↓ その並びになる西禅院。「禅」という言葉は、もともと真言宗でもあったのでしょうか。
  それとも、鎌倉仏教が興隆してから、その影響を受けて建立の寺院なのでしょうか。
  その由来が気になります。「禅」という概念はいつから日本仏教にあったのでしょうか。

DSC02276
















 



 檀上伽藍の裏口までやってきました。
 根本大塔の朱色が目に飛び込んできます。

DSC02277



























DSC02279


























DSC02278





















 同じような服装をして続々と人が根本大塔に向かっています。個人の訪問者は人の中をかき分けて進まなくてはならず、困惑してしまいました。どこかの宗教団体のようです。高野山の信徒ではなく、別の宗派の団体のようです。近隣から来ている人も多いようで、そういえば道の途中で同じ格好をした人が待っている様子を見ました。道の途中からバスに乗り合わせてここに来ている人もいるようです。
DSC02280





















DSC02281






















DSC02283





















 前回2010年秋にここ高野山に来たときには、混雑することもなく、静かな根本大塔でした。この日は、1200年記念で混雑することはある程度分かっていましたが、ここまで団体が来るとは考えていませんでした。
 時刻は8時半ですが、金堂前の御朱印コーナーは行列しています。団体の人がすでに並んでいますので、個人でもらうことは大変です。


紀ノ川~九度山~高野山への道中

 5月10日(日)
 
 橿原市の宿泊先を出発。明日香村から山を越えて紀ノ川沿いの道に出ます。紀ノ川に至る道は「中央構造線」を越える道です。二本を上と下に二分する文字通り大地層帯です。
 目指す目的地は「高野山」です。パワースポットという言葉が定着して久しいです。古代の都の飛鳥をはじめ、高野山、吉野、伊勢神宮、古代から栄えたり信仰を集めた場所が中央構造線に近隣にあるのは決して偶然ではないでしよう。恐らく私の見るところ、大地層帯の紀ノ川周辺には何か力の秘めたモノがあり、古代の人々はそれを感じていたのかもしれません。
 
 ↓ 奈良県側の紀ノ川沿いの道。前回2010年秋に高野山に来たときに、高野山から吉野方面へ向けて
  この日とは逆方向に走ったことがありました。
  川沿いには製材所があり。林業の一大産地であることが感じられました。
  DSC02256





















 ↓ たしか、橋本から九度山に至る道です。

DSC02257




















 九度山を過ぎた道路。だんだんと登りになってきます。

DSC02258




















 高野山への看板。時刻は8時過ぎ。明日香村のコンビニを出発したのが、7時15分くらいですから、順調にやってきました。一時間半くらいで高野山に到着する予定でいました。

DSC02259




















 山道の途中で。道は細くなり、だんだんと傾斜は急になっていきます。この道(国道380号線)も2010年秋に下ったことがあります。登るのは初めてです。前回は丹生都比売神社の方向から高野山に上った(国道480号線)のでこの道は(登りでは)通りませんでした。国道480号線の方が広くて走りやすですね。

DSC02260




















 結構高野山までは長いです。車は前後に連なっています。皆、特別公開に向かう車ですね。山道の途中でこれだけの交通量ですから、すでに駐車場の混雑は始まっているのではないかと思いました。ましてこの日は日曜日。土曜日の晩から山上で宿泊している人もいるので人の動きは速いと思います。

DSC02261




















 やがて 前回通った丹生都比売神社から来た国道480号線と合流。道幅は広くなります。やがて渋滞となりました。前の方には大型バスが何台も走っていました。大型バスが対向車とすれ違うときに、道幅が狭くなる場所でゆっくり進みながらすれ違うことも渋滞を引き起こしている理由のひとつでした。山の上からも前日宿泊したと思われる団体サンを乗せて大型バスが下りてきます。大型バスが道幅の狭いところで出会ってしまったら、さあ大変です・・・・・。
 渋滞したまま、ノロノロ進み。大門の前までやってきました。門の前の交差点を左折し、高野山の街中に入ります。街中もノロノロ運転。交通整理の警備員が出て指示を与えています。
 私は当初、街の中心にあるパーキングに停めようと思いましたが、大型バス専用になっているようです。誘導されるままに、金剛峰寺の手前で左折し寺の裏手の方へ誘導されます。トンネルをくぐると、更に山の上の方向に誘導されます。やってきたのは、高野山高校に開設された臨時無料駐車場でした。

DSC02262




















 誘導されて次々に車がやってきます。誘導とは別にあくまで金剛峰寺方向に進んた車もありましたが、駐車できたのでしょうか。それともあらかじめ駐車できる場所を予約していたのか、今となっては分かりません(笑)。

 ↓ 高野山高校のグラウンド。

DSC02263




















 臨時駐車場に着いたのは8時50分頃。20分~30分は渋滞していたと思います。渋滞が無ければ、8時35分頃には到着していたかも知れません。が、大混雑が伝えられている高野山の特別公開、甘く見てはいけませんね。
 車を停めて、外に出ます。標高800メートルの高地とあって空気がひんやりしています。
 まずは金剛峰寺方向に歩きます。


DSC02264























再び 高野山、奈良方面へ。東名阪道~名阪道路通過。

 5月の連休が終わった最初の土曜日。
 目指すは奈良と和歌山県 高野山です。
 20年に一度の造替記念 春日大社御本殿 特別公開と高野山1200年記念 特別公開の拝観が目的です。

(前回の記事で書いた今回のたびのプロローグ)
 高野山の特別公開は前年の秋に滋賀方面へ旅行した際に知りました。きっかけは「養老サービエリア」に置いてあった高野山のパンフレットです。これを見た2014年秋(11月下旬)当時の私は「来年の春は高野山だな。」と心に決めました。養老サービスエリアで(笑)。
 その前、11月上旬に正倉院展に行った際には「春日大社 造替」を知りましたが、 「御本殿 特別公開」までは知りませんでした。その後、春日大社の特別公開の情報を得て「春日大社+高野山」のプランを思いつきました(笑)。
 そしてこのたびの決行となったワケです。

 どんどん走行して、名古屋を過ぎました。昼食はというと、まだ早い時間帯です。普段は御在所SAで休憩しますが、今回は通過して「亀山PA」で休憩します。時刻は11時過ぎ。最初、海老名JCTで道を間違えましたが、出足が早かったのでまだ昼になっていません。
 昼過ぎには奈良に到着できそうだということで、休憩もそこそこに出発しました。

 ↓ 亀山PAから下り腺方向。新名神の方向です。向こうの山々は鈴鹿山脈です。

IMG_2450




















 亀山PAからは直接インターへ降りることができます。接続している名阪国道へ。もうおなじみの道ですかね(笑)。昨年の11月以来です。
 事故の多い、名阪国道を走行。最高速度を実態にあわせて引き上げるという報道を見たことがありますが、実際に引き上げされていました。天理インターで下り、一般道路沿いのガソリンスタンドで給油。以前も給油したことのあるガソリンスタンドでした。すっかりおなじみですね(笑)。12時45分頃には奈良市内に到達しました。


 ↓ たびの二日目に通った 紀ノ川沿い、高野山方向の山脈。幾重にも連なる山々が印象的です。
   いざ、高野山へ~。

IMG_2462
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ