良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

神奈川県立の博物館

 

特別展「忍性菩薩」金沢文庫 見学3 と称名寺 境内散策

 2016年11月26日 神奈川県立金沢文庫。  
 生誕800年記念特別展「忍性菩薩-関東興律750年-」を見学する。
 (以下「金沢」と現代字体で表記する。)

  ↓ トンネルを抜けて隣接する称名寺の境内。
 

DSC09069



 金沢文庫の建物の二階の通路を通って、南翼(南側)の部屋は、図書室であり、展示室ではなかった・・・。最初は、展示室と思っていたので、早く見ないと、閉館時刻になってしまう・・・と心配したが、「杞憂」であった。
 つまりは、北翼の一階と二階に展示室がある。一階は基本的に常設展示で、広くない。広さは、二階の半分より少し広いくらい。一階が「ほぼ常設展示」。二階が「企画展示室」のようだ。

 二階の通路は吹き抜けになっていて、一階のエントランスを見下ろすことが出来るようになっている。
 通路にはベンチもあり、休憩することができる。他の博物館などの展覧会バンフレットがラックに置いてある。奈良国立博物館で開催予定の「快慶」の特別展のチラシも置いてあった。(「運慶」では無かったです。たぶん。)
  
 通路にも、展示品がある。いわき市の「長福寺」に関する資料。展示によると同寺の「地蔵菩薩像」の胎内から鎌倉時代?の書状が出てきたそうだ。きっかけは、東日本大震災に伴う、修復だったそう。書状は、老婦人が書いたものらしい。
 その他江戸時代の同寺に関する文書の展示があった。展示資料の中には「寺領43石」などの文字が見えた。
 いわき市周辺には「真言律宗」の寺院が集まっているそうだ。

 文庫の建物から出る前にも再度、特別展の展示室に戻り、一通り文書の展示品などを見る。室内には、年配の小柄な 人しか他に展示室にいない。4時半が近づき、館の人が閉館の準備にやってきた。
 展示室を出て、通路に出る。二階の通路から階段を下りて一階のエントランス、受付前のロビーに戻った。

 ↓ 二階の電気がついている部分が展示室外の南翼と北翼を結ぶ通路。

DSC09063


 エントランスから、入って来た入口とは反対の岩山方向には、トンネルがあるのがガラスごしに見える。金沢文庫と称名寺をつなぐ、有名なトンネルである。
 広いガラスの自動ドアから外に出た。先ほど、入館した入口は手押しの小さいドアなので大違いだ。
 外に出て、トンネルを見る。日没時刻となり、暗くなってきた・・・・。

 文庫の建物の前に「中世の隧道」の跡があった。フェンスで閉鎖され、通ることは出来ない。
 昔の鎌倉の切り通しのトンネルと同じ要領で掘削されたのだろう。


DSC09060

DSC09061

 中世の隧道は閉鎖されているが、現代では立派なトンネルが開通している。トンネルの天井には、電灯もついていて、明るい。さて、トンネルをくぐり、お寺へ向かう。
 
 ↓ トンネルを出ると視界か゜開けた。広々とした称名寺の境内だ。雪降ったのは、数日前のこと。かなり、落葉している。境内、池のほとりにあるイチョウの木は、黄色に葉が染まっていて、美しい。


DSC09065


 広い境内を散策をしている人がちらほら。市民の憩いの場となっているようだ。
 太鼓橋の拡大 ↓渡っている人がいる。
 池の水面に橋の姿が反射している。まるで、人間の口のようだ。その昔、金沢氏健在のときも、同じように水面に橋の姿が映っていたのだろう。
 (もちろん、橋は何回もかけ替えがされていると思うが。)


DSC09066

 ↓ 境内と金沢文庫をトンネルの様子。金沢実時の胸像があった。

DSC09068

 現代のトンネルを抜けると、金沢文庫の建物の正面の入口に出る。実は、こちらが「正面入口」であった。よって、金沢文庫の正面玄関は、東向きのトンネル方向、岩場に面してあり、陽当たりは悪いかな・・・・・。
 トンネルごしに、文庫の建物が見える。トンネルの入口には「忍性菩薩」の特別展の告知看板が設置されている。
 ↓ トンネル内の電灯に照らされる金沢文庫の建物。

DSC09067

 橋の正面までやって来た。橋が中の島を経由して、二本かかっている。
 お堂を正面に、池が東西にある。お堂(説明によると「金堂」)は南面を向いている。典型的な「阿弥陀思想」に基づく寺院の伽藍配置ではないかと思った。

DSC09071

 庭園の説明。「浄土庭園」だ。極楽浄土になぞらえて、造営された、平安時代末期から鎌倉時代にかけての庭園様式ではないか。

DSC09070

 お寺の背後の丘と緑は「称名寺市民の森」。森と丘は、鎌倉時代から称名寺の背後にあって、現代まで残っているのであろう。

DSC09073

 あの世の極楽を表現した「極楽浄土」の庭園であるが、平安時代の有名な浄土庭園の「平等院」や京都府南部の「浄瑠璃寺」の庭園とは異なる。東向きではないのだ。ここ称名寺は、「南向き」の庭園だ。特に浄瑠璃寺は、東の太陽が昇る方向をお堂お安置する仏像が向いている。太陽の沈む西に背を向けている。 
 時代が下がるにされて、南向きの庭園とお堂が造作されるようになったのだ。 典型例としては、福島県のいわき市に残る有名な国宝建築「白水阿弥陀堂」とその庭園であろう。(行ったことが無いのだが・・・・・。)
 白水阿弥陀堂は、南向きのお堂と庭園があり、ここ称名寺と酷似している筈だ。
 先の、いわき市の長福寺と白水阿弥陀堂は、何か関係があるように思えるが、私が見た限りでは、展示には、「白水阿弥陀堂」に言及は無かった。

 ↓ 橋の正面から。現在はまっすぐ、一直線上に金堂があるのではない。
 (昔はどうだっかも、知らないのであるが・・・。)

DSC09072




 ↓ 南には、立派な門がある。見上げるくらいの大きな門。「仁王門」。
  正面から見る。「仁王像」が両側にある。まるで、東大寺の仁王門のようだ。

DSC09074


 仁王門の横には、寺の門柵がある。一応、16時30分ど閉門とある。が、柵の傍らに、小道があり、門が機能していない。事実上、境内には時間無しで入れる??。
 境内を出て、門前の参道を、南に歩く。昔は南に海というか、金沢の潟が広がっていて、海岸に向けて通じている道だったのだろう。
 境内では、中年カップルもいた。そのカップルは、寺の門の脇を歩いて、振り返って門を眺めている私の方向にやってくる。私と同じ道を帰るようだ。

 参道の両側は、一般の住宅地になっていて、遊んでいる子供、車を掃除している父親もいる。参道に面して、搭頭というか、子院もある。ひとつは、仁王門の近く、門柵のそばにあり、墓地を管理している。一般寺院になっているようだ。海側(シーパラの方向)にも、もう一軒、子院がある。子院の門構えが立派だ。
 参道をお寺を背に、南に歩く。と、自動車の通る道路に出るところにも門がある。車の道は、門を避けて、細い道が通っている。その横には料理店がある。割烹、料亭のようだ。ここから、八景島近くの広い道路もすぐ近くなのだが。付近の道は狭い。

 歩いて、コインパーキングの方向に戻る。買い物袋を持って、京浜急行の駅の方向から歩いて来る人がちらほら。 主婦らしき人が多いかな。ここには、生活があるのだ。帰って、夕食をつくるのであろう。
 称名寺を少し離れると、そこは、ごく普通の首都圏のある都市近郊の住宅地だ・・・・。かつての中世の面影は微塵も無い・・・・・。
 若い人が買い物をして家に帰る姿も。ピニール袋を下げて歩いている・・・・。
付近の住所は「寺前」である。最寄の駅は、「金沢文庫」であるが、お寺の前なので「寺前」だ。



↓ 行きにも通った金沢文庫近くの交差点。道路は狭い。
  写真左が文庫への道。まっすぐ進むと称名寺の参道に南端にある門の前に至る。

DSC09075









生誕800年記念特別展「忍性菩薩-関東興律750年-」 見学2 神奈川県立金沢文庫

 2016年11月26日 神奈川県立金沢文庫。生誕800年記念特別展「忍性菩薩-関東興律750年-」 の見学。
 (以下「金沢」と現代字体で表記する。)

 一階の展示室を順番に見ていく。壁面に展示している金沢北条氏の肖像画の写真をしばし見入る。
 展示では「金沢」氏は、「かねさわ」とヨミガナをふっている。対して「金沢文庫」は「かなざわぶんこ」と読む。地名や駅の名前、横浜市の区の名前のヨミも「かなざわ」であることは、言うまでもない。
 元々は北条氏の分家でここ「金沢」に居館を構えた一族は「かなさわ」氏なのですね(笑)。
 国宝肖像画の写真を見ると、最後の当主、貞将は、若い武者姿だ。父の貞顕は、中年以上の年齢。 ということは、貞将の死後に描かれた?。作成の時期は、忘れてしまった・・・・。当主になったり、出家した後に、代々、その都度描かれて、所蔵されたものではなく、ある時に四人分一度に描いたような印象を受けた。
 若くして(といっても、展示の年表によると満で31歳くらいだが)戦死しているので、貞将の姿は若い。金沢氏最後の事実上の当主は貞顕だったのかな。

 大きな仏像の複製品がドーンと二階の吹き抜けまで届くかのように鎮座している。称名寺の本尊の仏像だ。平成17年には天皇・皇后両陛下がここ金沢文庫を見学され、この複製の仏像前で、説明をお聞きになっているご様子の写真の展示があった。
 壁面には、金沢文庫で保管されている称名寺蔵の「文選集注」の複製品というか、その写真と解説があった。現在の中国でもこの現物は残っていにないそう。昔、日本にもたらされ、金沢氏滅亡後も称名寺に保管されてていたことにより、現在は日本にのみあるのだそう。

 二階から、展示品の説明をしていると思われる声が聞こえてくる。解説の時間になったようだ。男性の声が聞こえてくる。
 二階への階段の傍らにガラスケースがある。「称名寺聖教」の一部の展示がある。このガラスケースで順番に少しずつ展示しているそうだ。「伝法灌頂秘印」などの古文書が三種くらい展示されていた。

 私とほぼ同時に入室した男女は、上に行ってしまったし、あとからゃって来た子供がいる家族連れの一団も一階の展示はざっと流すように見ただけで、二階への階段を昇って行ってしまった。
 私も二階への階段を昇る。
 と、広い長方形の展示室があった。階段の昇り口に近いガラスケースには、仏像などが鎮座して、展示してある。説明は、更に奥のガラスケースの前で行われている。説明を聞こうと、手前の仏像などの展示は、あとで見ることにして、説明員のいるとこに移動する。10名くらいの人が説明を聞いている。
 

 国宝指定の「金沢実時像」は、ガラスケースの左端に展示してあった。その他の関連資料と一緒に展示されているため、最初は見落とししていた。
 この企画展でのこの国宝の展示は一週間のみ。指定では四人の金沢北条氏の当主の肖像画が一件の国宝として指定されている。平安時代から鎌倉時代にかけての「似絵」の一種と思うが、神護寺の「頼朝像」と比べると小さい。軸装されているが、絵画そのものはほぼ、長方形でタテ1メートルも無いくらい。僧形の地味な色彩の北条実時の肖像画である。足元をみると、あぐらをかいているような感じで足は見えない感じ。これは、神護寺の「頼朝像」とも似ているボーズであるが、僧形なのでちょっと違うかな・・・・。


 外に出た後に撮影。↓ 正面入口と一階ロビーの様子。
 私は、写真奥の通用口のようなドアから入館した。

DSC09062



↓ 正面側、称名寺からのトンネルを抜けたところにある告知看板。


DSC09059



※ あとで知ったが、展示室の説明は土日、休日の午後2時と3時に開催されているそうだ。
私が聴いたのは、午後3時の説明の途中からであった。


続きを読む

生誕800年記念特別展「忍性菩薩-関東興律750年-」 見学1 神奈川県立金沢文庫

 2016年11月26日 
 金沢文庫にやって来た。生誕800年記念特別展「忍性菩薩-関東興律750年-」の見学のためである。
 (以下「金沢」と現代字体で表記する。)

 今年の夏に「忍性」にかんする特別展は奈良国立博物館で開催された。春に「信貴山縁起絵巻」の特別展に行ったときに開催を知った。遠い所での開催なので、奈良まで行くことは出来なかった。
 ところが、秋になって、今度は横浜市金沢区にある金沢文庫で特別展が開催されることを知った。ウェブサイトで展示内容を見ると、奈良での特別展とは別の展示企画のようだ。
 国宝指定の「金沢(北条)実時像」が一週間の期間限定で展示されるので、この国宝展示期間にあわせて、金沢文庫を訪れることにした。

 車で金沢文庫の近くまでやって来た。なぜなら、東海道線沿線からは電車で来ることが乗り換えの関係で結構大変だからだ。みれは、半永久的に解決しない、神奈川県民のテーマ??です(笑)。
 で、車でやって来たはよいが、金沢文庫には、駐車場が無い。来るまでも道路はノロノロで渋滞する。私が子供の頃に比べると、道路拡張が進んだので、昔ほどは渋滞しいなかも知れないが。神奈川県については、現在も人口が増え続けているので、渋滞が(昔と比較して)激しくなっているのかは、分からない・・・・。
 
 ともかく、道路沿いのコインパーキングに駐車した。金沢文庫の駅への道にも近いところだ。住宅地の中を文庫に歩く。道は狭い。直線道路では無いので、うねうね道なりに歩く。 近隣の住民であろう、歩いている人も多い。もう少し、東に行くと、八景島沿いの広い道路に出るのだが、以前、八景島シーパラダイスに行くときに通ったことがある。
 住宅地の中の道の十字路のそばの電柱に「金沢文庫はこちら」という看板がある。看板に従い、更に緑のこんねもりしとた丘陵に向けて歩く。金沢文庫はあの緑の木々の麓にあるのであろう。沿道には、一般の一戸建てで州宅、単身用のアパートなどが並んでいる。晩秋の午後のこと。洗濯物を干している家もあり、生活感が満載だ。が、かつて、この付近は鎌倉幕府の有力な一族、金沢北条氏の屋敷があったのだ。
 歴史は遥か彼方に、現在では大都市近郊のどこにでもある日本のベッドタウンである。
 突き当りに、目指す金沢文庫の建物が見えた。「ああ、あれだ。」とすぐに分かる。私の前後らも歩いて、文庫に向かう人がいる。
 文庫の敷地の近くには、小さい公園があり、親子が遊んでいる。どこにでもある、土曜日の午後の風景。ウチの子は、まはや私と遊んでくれません(涙)。道は、金沢文庫の建物を「L」字に曲がり更に続いているが、もう少し進むと、丘の緑地の崖地で行き止まりであろう。
 随分と立派な建物である。初訪問である。しかし、写真では見たことがある。歴史資料集などには写真の掲載があるので。「神奈川の歴史」のようなタイトルの副読本も学校で配布されていたと思うし。
 昔の写真で見たときは、本当に「文庫」という感じの鉄筋コンクリではあるが、唐破風屋根の小さい建物であった。建て替えをしたのであろうか。

 ↓ 入口付近。「金沢文庫」の張り紙しか無い・・・・。
  「あっ、カフェがある。」。前面にカフェを持ってくるとは、斬新なデザインだな。が、入口のドアが小さいのには、驚いた。「あれっ、通用口のような感じだな。ここは「文庫」で、(目的は)あくまでも資料保管であるから、入口は小さいのかな?」と思った。


DSC09056

 実際のところ、あとでこちら(私が最初に入館した入口)は、正面ではなく通用口であることが分かったのだが(笑)、後述する。

 文庫の建物と、歩いて来た道の方向を振り返る。写真右の手前には、公園があった。

DSC09057

  入館すると、エントランスは広い。受付カウンターまで距離がある。「ローカウンター」で高さが低い。カウンター内には女性が2人いる。チケットを購入する。700円。カウンター近くのパンフレットなどを少し見て、展示室に入る。展示室でチケットはちぎらない。購入後、そのまま、展示室に入る。
 展示室に入って、正面の最初のガラスケースには、三重県のお寺所蔵の重要文化財指定「忍性像」の展示がある。忍性の人となりが判る肖像画である。その他、導入としての展示品があった。
 特別展に関する展示は最初のガラスケースまで。次いで、北条一族の領地の変遷などのバネルが別の壁に掲示してある。こちらは、常設展示のようだ。
 バネルを見ると、年を追うごとに北条氏が守護となっている国が増えている・・・・。北条一族の系図も展示されている。しかも、名前の横には、その人の花押も記載されている。ここ金沢文庫の創設者である「北条実時」に始まる金沢北条氏の系図も、もちろんある。国宝に指定されている歴代金沢氏の歴代当主四名の肖像画の写真も展示してある。
 次のコーナーの広い壁面には、鎌倉幕府、鎌倉、北条氏、金沢北条氏などについて解説した大きなカラー年表の展示がある。
 映像テレビも設置されている。年表の上にテレビが設置され、視聴することが出来る。プログムは、金沢文庫について、金沢北条氏について、などなど複数のテーマがあり、ボタンを押して(映像を)選択できるようになっていた。 しばらく、映像を見る。
 展示室内は、すいている。私以外に数名いるのみだ。

↓ 企画展のポスター。

DSC09058

五姓田義松展 神奈川県立歴史博物館 (鑑賞記 速報)

 11月に入ったある日のこと。横浜にある神奈川県立歴史博物館にやってきました。
 実のところウチの子供は、学校の社会科見学で来たことがあるのです。神奈川県でも横浜、川崎やその周辺地域の学校に通っている児童、生徒の皆さんは遠足や社会科見学で来たことがある人も多いはずてず。もっとも、ウチの子供は「特別展には行かなかった、常設展の展示のみの見学だった。」と言っていました。
 この日の私の訪問は、午後5時の閉館時刻間際。特別展のみ見学しました。

 特別展「五姓田義松」 (ごせだ よしまつ)
 キャッチフレーズといいますか、副題としては、「最後の天才」、「本当に絵のうまい画家」、「義松真発見」とあります。意外にも知られていない五姓田義松の名とその作品。

 私がその人の名前を知ったのは、今年の春のこと。東京芸術大学美術館の「ダブル インバクト展」で展示されていた一枚の油彩画でした。題名は「自画像」、作者は「五姓田義松」。洋装で若々しい顔、まっすぐにこちらを射るように見ている画中の人物の眼・・・・・。不思議と印象に残りました。これほどの秀作を残している画家であるのに、その名前を聞いたことがありません。いや、昔何かで名前は見たことはあるが、忘れていたのかも知れません。その作品と作者の名前は強く私の心に残りました。
 そして半年後の秋に神奈川での特別展の開催です!!。これは行かないわけにはいきませんね。
 もっと早くに訪れるべきだったのですが、「図録」の発売が遅れているとのことで、発売を待ってからの訪問となりました()。 会期は11月8日まで。会期終盤ギリギリです。
 
 展示作品は充実しており、義松の人物像、家族も含めて知ることができました。一言で表現すれば「すごい」です(笑)。ありきたりの感想ですが、これだけの作品を遺した画家の回顧展が神奈川県立歴史博物館で開催されたのは、これまで(本館が)義松の作品、資料などを収集、研究してきた一大成果でしょう。
 東京の大美術館、大博物館で開催されてもよいくらいの特別展です。並み居る大美術館、大博物館を抑えて、「神奈川県立歴史博物館」が、かっ飛ばした「大ホームラン」といっても過言ではないです。
 義松の作品には、宮内庁御物も多いと説明もありました。宮内庁管轄の作品が多くて文化庁の文化財指定対象外のためか、義松の重要文化財指定作品は、現在のところ一点もありません。が、昨年の秋11月に東京国立近代美術館で鑑賞した「菱田春草展」と並ぶ、いやそれを凌ぐといっても過言ではない回顧展でした。

 ↓博物館に掲示されていた看板。
 
IMG_2940










































プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ