良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

博物館明治村

 

博物館「明治村」 見学 5丁目の広場と食事「食道楽のコロッケー」

 2015年12月6日 (明治村 見学)

  博物館「明治村」。敷地の一番北にある「帝国ホテル中央玄関」を見学した。この付近は「5丁目」である。
 
  ホテルの外に出る。(旧帝国ホテル)ホテル(の建物)の中にある食堂は満席。しかも、食事メニューは無い。
  さて、どこでお昼を食べようかと思案する。レストランは混雑しているし・・・・・。
 
 帝国ホテル中央玄関の前に広がるし広場。南向きの広場でなの天気がよければ、眺めがよくて気持ちいいのだろうか、曇天の寒い日であったので・・・・・。
 車を明治村の公認駐車場に停めると、まずこの付近を見学、散策することになる。

 
↓ 写真左奥の屋根の大きな建物・・・菊の世酒蔵 (つまり、酒の醸造所)
  右手前の多角形の瓦屋根の建物・・・金沢監獄中央監視所と房舎
  手前の芝生の広場ではイスに座って休憩する人々が。寒いですが・・・・。

DSC05902

 ↓ 写真奥に帝国ホテルの玄関のレンガ建築が見える。
   手前に売店がある。


DSC05899


↓ 写真左、レンガ建築は、名鉄変電所。
  中央の奥は内閣文庫。
  右に見えるノッポの建物が目立つ。
  川崎銀行の本店だが、切り取りされて一部移築のため、搭のように見える。
  

DSC05858

 「食道楽のコロッケー」の看板のある売店で購入。

 付近のイスに陣取り、食事というか、コロッケと串肉を買って簡単に食べる。
 売店にはホットボックスがあり、その中に何個も商品が並べてある。注文すると取り出して、紙の袋に入れてくれる。
 レストランが満員なので、ちょい食いで済ますのです(笑)。
 近くでも座って食べている人がいる。しかし、何回も書くが、この日は12月の曇天。寒い・・・・。


DSC05901

 ↓ コロッケは「コロッケー」が正しい呼び名。「コロッケ」では無い。
  一個180円。串カツは300円。ソースをかけて食べる。特に味噌ベースのソースでは無い。

DSC05898


 食事をして近くの「内閣文庫」の建物に歩く。



明治村 見学 旧第四高等学校武道場 「無声堂」 登録有形文化財

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」。4丁目34番地。

 丘と丘の合間の谷のような地形に沿って、武道場が移築されている。
 旧第四高等学校の武術道場「無声堂」。極めて、哲学的な命名の建物だ。登録有形文化財に指定されている。
 
 ↓ 説明板。細長い建物だ。

 旧制高校のうち、第一は東京、第二は仙台、第三高校が京都に設置されたことは知られている。第四は北陸は金沢に設置されていたのだ。
 現在の金沢大学の前身のひとつとされている学校といったところか。第四高校の出身者といえば、陸軍軍医を父に持つ、作家 故・井上靖氏であろうか。父の意をくんで、高校時代は理科であったのか、文科であったのか、は知らない・・・・。(年賦を調べましょう。)

IMG_3134

木造のシンプルな建物。
瓦屋根に典型的な日本家屋。大正年代の建築で明治時代のものではない。
なんと、スプリングが入っていたそうだ。受け身を取るのにも楽チンかな。
↓ 奥の上座。畳はない。板張りだ。こちらでは剣道かな。

IMG_3136


テレビでもロケがあったことの看板。スペシャル大河「坂の上の雲」でのシーンの写真が。
 ここ明治村では、汽車のシーンといい、学生時代の夏目漱石(金之助)が出てきた大学予備門?のシーンなど結構撮影がされていたらしい。
柔道のシーンもここでの撮影であった。海軍の軍人、広瀬武夫は、柔道の名手であったと聞く。

 広瀬ら海軍の生徒が、柔道の稽古をするシーンのようだ。主役よりも、広瀬役の俳優さんの方が、堂々たる体躯で、目立っていたような記憶が私にはある・・・。


IMG_3135

 下座。光が南(写真でいうと、手前)から差し込んでいる。
 畳の上で何やら、座り込んでいて、書いている人が多い。どうやら、ゲーム、クイズの答えをここで考えているようだ?。
 よって、武道を行っている人は誰もいない。
 内部はガランとしていて、寒風が入って来る。戸は開け放たれたままなので。
 「寒稽古」にはちょうどよいかな(笑)。

IMG_3137

 ↓ 道場の中心の入口。
   師範は恐らく、ここから出入りして、上座につき、指導をするのであろう。
   生徒は、明治村の徒歩の道路に近い、いわば下座に近い玄関から出入りするのだ。


IMG_3138

 着物姿で歩いて来た女生徒??が。他にも、着物を来た人が歩いていた。着物といよりは、実用的な道着を着ている。袴をはいている。建物の更に先にある、弓道場で練習をしている人なのであろう。


IMG_3139

 弓道場もあるそうだが、細長い建物の更に先なので、行かなかった。時間も無くなって来たので、正門に向けて次の建物に移動をした。

明治村 見学 二重橋飾電燈、鉄道局新橋工場と明治天皇・昭憲皇太后御料車

 2015年12月6日。 (明治村 見学2)

  博物館「明治村」。見学時間も無くなってきた。急ぎ足で、正門の方向へ戻る。
  正門の近くにある「旧三重県庁舎」まで戻って来た。正門前から、坂を下ったところにある建物だ。
  先程は見なかったが、道路を挟んで反対に鉄道局新橋工場があり、内部に明治天皇が行幸の際に乗車していた御用鉄道車両「御料車」が展示されている。

  ↓ 正門方向へ戻る園内バス。写真には、写っていないが、右に「旧三重県庁舎」がある。
 


IMG_3147

 鉄道局新橋工場の近くには、二重橋飾電燈がポツンと設置させている。
 御料車の車庫があるので、皇室関連の施設を集めているのだろう。
 かつて、皇居(当時は、「宮城」という言葉だったと思う。)の二重橋にあった電燈であった。



IMG_3146

 鉄道局新橋工場の建物は別の場所で「機関館」として使用されていた。同じ建物だと思う。こちらは、客車が線路の上に保存、展示されている。
 左が「6号御料車」。一番最後に製造された明治天皇のお召列車の客車。

IMG_3148

 車両の周囲をぐるりと歩いて見学する。
 ↓ 6号御料車の説明。細長い造りであるが、まさに移動する「御所」。内部にはトイレも付いている。
 外からはよく見えない、内部の様子の写真も掲示があった。

IMG_3150

 窓は開いていないので、ガラスごしに内部を見る。ソファが見える。

IMG_3149

 ↓ 豪華なカーテンと内部のソファが見える。室内装飾も豪華絢爛だ。
 調度品も豪華である。窓が大きい。警備の関係上、窓は小さいのかなと思ったが、存外に大きい。このソファに座り乗車しながら、明治天皇は、車窓の景色、民の生活の様子をご覧になったのだろうか。

IMG_3151


車両の後部。
車体の僧職も金ふちで豪華な外観。

IMG_3153



博物館明治村 鉄道寮新橋工場 見学

 2015年12月6日 博物館明治村 鉄道寮新橋工場 見学

  博物館「明治村」にやってきた。

 重要文化財の「旧宇治山田郵便局」を見学をした後、正門の方向に向けて、歩く。谷になっていいるので、一旦下る。   
 板壁の長い建物がある。「機械館」と看板がある。建物は大きいが、古びた感じだ。「鉄道寮新橋工場」
 鉄道工場だけあり、車両が入るので長い。内部に入る。やはり、天井が高い。
 
 かつての産業機械が展示されている。紡績機械がトーンと設置されている。絹糸を造る工場、製糸工場で使用されていたもの。以前、「富岡製糸場」に行ったきと、機械そのものの撮影をなぜかしなかったので、ここでは遠慮なく撮影。


IMG_3101


 ↓ リング精紡機。一見すると、何でもない、紡績機械であるが「重要文化財」に指定されている。
   機械館の建物ではなく、かつての機械が指定されている。
  「精密紡績機械」の省略で「精紡機」と呼ばれているのだろうか。

IMG_3098

 別の場所にあった。「いのくち式渦巻ポンプ」。
 「機械遺産」の記念プレートが設置されている。
 オイラの顔が反射しといる・・・・。

IMG_3099


 ↓ ポンプの本体。「い」は文字が出ないので、「い」と当て字で書きます。
  発明者の名前からたったもの。「当時、東京帝国大学教授の井口」氏が発明したと説明がある。

IMG_3100

 「揚水ポンプ」であるので、田んぼへの水の供給などに使用したのであろうか。湿地帯の排水、土地の造成などにも使用されたのかも。

 「機械館」のガランとしていて、見学に入って来る人も少なかった。よって、館内の空気が冷たく寒かった。
 建物自体は、木造の板がむき出しで、工場として使用されいたためか、実用的で簡素な造り。

 写真の奥の右側、旧宇治山田郵便局。手前左が「鉄道寮新橋工場」。 ↓

IMG_3105










博物館「明治村」  清水医院 外観と見学

 2015年12月6日 博物館「明治村」の続き。

 重要文化財 東山梨郡役所を見た後、坂を少し下る。明治村のメインストリートである。道の両側には、移築建築物が並んでいる。明治村の風景として写真でしばしば紹介される。

 「東山梨郡役所」からやや下ったところ、「斜め前」の位置に小さい建物がある。「清水医院」である。
 白壁に細長い、上が丸くなっている窓が目立つ。

DSC05770


 ↓ 清水医院の説明

DSC05768

 医院の建物は「木曽」にあった。「木曽郡大桑村」にかつてあった。島崎藤村の妹も入院していたことがあるそうだ。歴史的人物の親族とも関係のある明治時代の建物でもあった。

 正面の玄関のようなアーチを入ると土間になっている。ここから、診察室に入る、というか、履物を脱いで上がる。畳式の和室は待合室のようだ。その奥に、診察室がある。
 畳の部屋やかつての診察室の上がることは出来なかったと思う。土間から部屋を見たのみで次へ移動した。。二階にも行く階段があるが、実際に昇ることは出来なかった。
 二階が入院用の病床であったか、または別棟があったのかは、分からない。
 
 ↓ 手前の待合室と思われる部屋を含め、内部は日本家屋そのままだ。
   外から見ると窓の上部のアーチがわかるが、内部からは分からない。
   ごく普通の日本家屋のガラスの木戸である。

DSC05769


 少しばかり写真に写っているが、建物左の土間には、人物の写真バネルがある。島崎藤村だったと記憶する。
 木曽出身の文学者だ。現在は、岐阜県に編入されている地域もあるが、大桑村は、藤村の馬篭、妻籠よりも北にあるので、現在も長野県に属している。中山道沿い、木曽川流域の山間地域を一括して「木曽」というのであろう。藤村 の「夜明け前」 の有名な冒頭「木曽路はすべて山の中である。」





重要文化財 旧山梨県東山梨郡役所 外観と見学

 2015年12月6日 博物館「明治村」 遅ればせながら、見学記の続きです。

 重要文化財 旧東 山梨郡役所 外観と見学


  「旧三重県庁舎」から見る。その後、坂道を下る。「大通り」に出た。移築建築物が並んでいる通りである。明治村の風景として写真でよく紹介される一番有名なポイントではないか。
 その大通りの突き当り、ゆるい坂道の上には、山を背にして疑洋風建築の「東山梨郡役所」がある。
 先に見た「旧三重県庁」とならんで、一番明治村では有名な移築建物ではないか。

DSC05756


 やや「コ」の字形になっている瓦屋根の「疑洋風建築」だ。
 正面の玄関から入る。二階にも階段を昇り、見学ができる。テラスというか、正面のパルコニー通路にも出ることが出来る。
 玄関から振り返り、大通りを見る。観音開きのドアの上も半円のアーチ。細かいところに、装飾がなされている。

DSC05758

 ↓ 建物内部に掲示されていた重要文化財の指定書。
  役所にしてみては、小さい建物だ。移築に際して、切り取りされた部分もあるのかな?と思ったが、指定書を見る限りでは分からない。
 郡は、現在ではほとんど名前のみで、独自に役所を置いている訳ではない。町や村に役場があるし・・・。よって、設置当初はたくさんの小さい村を統括していた「郡役所」の仕事もだんだんと無くなっていった??。

DSC05757


 入口のドアは開け放たれており、やはり冷たい風が室内入って来る。内部の部屋が展示室になっていた。
 明治維新の時代に活躍した人物の解説、写真の展示があった。
 

DSC05759

 
 東翼(正面に向かって右)の一階。執務室があった。「郡長」ではなく明治村「村長」の執務室だ(笑)。
 立派な執務机に「明治村 村長」の標識がある。
 村長の等身大?のパネルもあった。向かって、左の壁には、歴代の村長の写真の掲示があった。
 村長さんがパレードしている様子の写真も。

DSC05762

 展示によると「村長」は有名人、文化人が就任している。実質は、名誉職だ。ここで執務する訳では無い(笑)。
 「村長」に対して「館長」の役職もある。館長は学識経験者が就任している。実質的に明治村の責任者のようだ。
 歴代館長に関野克氏の名前もあった。昔、読んだ本には戦時中、松代大本営の建設にかかわっていたことについて、氏のインタビューが掲載されていた。当時、東京帝国大学助教授。戦前から戦後の時代の著名な建築学者である。
 (NHK出版 「歴史への招待」の「松代大本営建設」の章だった。昭和50年代の出版と古い本だったが、印象に残っている。)  

 一階の部屋。 明治時代の書物が展示されていた。「学問のススメ」「西洋事情」など福沢諭吉の著書。
          

DSC05760


DSC05761

 階段を昇る。階段は狭い。階段は途中、直角に曲がっている。二階には、写真コンクールの作品展示があった。
 ↓ 手前の部屋は、玄関の真上のテラスのような部屋。
  テラスに出ることは禁止だった。よって、テラスから外を撮影した写真は無い。

DSC05764

 二階の写真コンクールの作品展示の様子。
 壁は保護のためか、内側にパーテーションのような壁をもう一枚増設している。

DSC05765


 ↓ 実は 後からの郡役所。
  正面からの写真はあまりに有名である。うしろにも出ることが出来たので、撮影してみた。
 背後は丘になっていいる。一段高い所に道路が通っている。道路の地下道をくぐり、団体用の食堂がある。
 この郡役所を見て、そのまま地下道を通り、食堂へ向かう一団もいた。これから、食事のようだ。
DSC05763

 横から。現在の位置でいうと、北から。左右両翼は一階建てになっている。
 つまり、この出っ張り部分の内部は明治村「村長」の執務室です(笑)。
 角の石組と瓦の屋根の色がコントラストをなして、和洋折衷感を出している。


DSC05766






明治村 見学 正門付近散策、お土産購入

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  正門に近い、博物館「明治村」の「一丁目」を散策した。「森鴎外、夏目漱石住宅」から木の中の歩道を下った。丘の下へ歩く。この小さな歩道を「偉人坂」という。「鴎外」「漱石」やここに保存されている建物にゆかりの深いまたは所有者 西郷従道や乃木希典にちなんだ命名であろう。

 「偉人坂」を下ると、鉄道局新橋工場(明治天皇御料車展示)や二重橋飾電燈の前に出た。最初に見た三重県庁舎を横に見ながら、坂道を登って、正門へ戻る。
 
 正門のやや先に「大井肉店」がある。明治村では一番有名なレストランだ。
 現在も「牛鍋」を出す店として営業をしている。


IMG_3203

 「大井肉店」は午後二時を過ぎても「満席」の表示だった。「満席」の札がかかっている。
 西洋建築の建物。玄関ドアの上には、半円のガラス窓が。
 店舗は二階にあるようだ。店の一階部分は自由に入ることが出来る。二階だけだと、店の席数は少ないと思う。この建物自体、あまり床面積は広くない。
 二階への階段の昇り口に「飛騨牛の肉」の見本の展示がある。いや~、高級牛肉ですね~(笑)。


IMG_3202





↓ 店の前にあるメニュー。
 「飛騨牛」の「牛鍋」である。「文明開化の味」、メニューは松と「竹」と「橘」がある。「梅」は無いようだ。竹と橘は同じ値段である。
 「大井肉店」で食事をするために明治村にやって来るという人も多いだろう。

IMG_3201

 今回、園内のレストランは混雑していたし、私達自身も見学する時間が限られていたため、お昼は食堂、レストランでは、食べずに、「スナック、軽食」系を買って「ダラダラ喰い」であった。もっとも、ウチはいつも「ダラダラ喰い」です(笑)。あと、上の子は少食なので、昼食はほとんど食べないのであるが・・・。だから、成育状況が悪い・・・・、といつもツマとケンカになる・・・・・。

↓ 退出の直前、門の内側から撮影。
 外は、バスロータリーになっている。

IMG_3204


 正門近くのお土産物店「ミュージアム」で自宅におみやげを買う。「園内ゲーム」のゴールがあり、参加者が集まっている。「答えあわせ」をしていた。ゲームは、家族連れや女の子のグループが中心となって参加しているようだ。カップルも参加しているが。参加者は、若い人が多い。参加はしていないが、結局私はゲームの仕組みが理解できなかった・・・・(苦笑)。
 
 正門は、既述の通り、名古屋にあった旧第八高等学校の門。園内を巡ってみると、中京圏の建物移築が比較的多い。重要文化財「三重県庁舎」が最たる例であろう。岩倉変電所、三重県の学校、名古屋衛戍病院、歩兵第六連隊兵舎などだ。
 また、以前の館長の出身校の関係であろう、八高以外に、北陸、「四高」や金澤関係の建物も移築されている。四高の物理教室建物、四高の武術道場、金沢監獄だ。人脈によって昔の建物が移築されたということは、反対に本来は保存されるべき貴重な遺構なのに、取り壊しされた建物も数多く全国には存在することを意味するのではないか。
 最後は、本当に駆け足になってしまって、十分に見ることが出来なかった。またの機会としよう。
 午後2時半過ぎに、明治村をあとにした。すでに窓口の行列は解消されている。


 駐車場へ「歩道の無い」道を歩いて戻る。午前中に停めたときよりも、車の数は少なくなっていた。ここの管理人の男性とその子供がいた。先程、たき火をしていた人だ。ここの地主さん家族であろう。

 ↓ 自宅に戻ってから食べた「明治村バタークッキー」

IMG_3224




博物館「明治村」見学 「森鴎外、夏目漱石住宅」

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」の「一丁目」を散策する。ただし、次の予定もあり、時間が無くなってきたのでかなり急ぎ足だ(笑)。そろそろ、村を退出しないといけない時間だ。


 重要文化財「西郷従道邸」を見て、坂道をやや下る。木に囲まれて「森鴎外、夏目漱石住宅」が
建っている。
 先の乃木の官舎から「従道邸」へ移動「乃木から西郷へ」、更に「鴎外、漱石へ」という訳だ・・・・・(苦笑)。
乃木と西郷の両者は薩長政府の軍人、高官だったから当然知り合い。鴎外は陸軍軍医であったから、乃木と西郷とも仕事での関係があっただろう。特に乃木と鴎外は同じ陸軍に在籍する者として少なくとも鴎外の欧州留学時代から、乃木の死まで密接な関係にあっただろう。
 さて「森鴎外、夏目漱石住宅」はごく普通の昔の住宅。平屋の建物。著名人、二大文豪が住んでいたことを除いては、特に見どころがあるのか、までは知らない・・・・。
 説明によると鴎外が先に住んでいる。その後に漱石が居住している。
 漱石は、当時高名な文学者で軍医の鴎外が住んだことを知っていて、ここに住んだのか?。それとも偶然なのか?、説明は無いので分からない。この住宅のかつての所在地は「千駄木」。この「千駄木」がポイントではないか?。
 その後、千駄木に鴎外は自邸を構えた(観潮楼)し、漱石は、当時東京帝国大学、第一高等学校が勤務先であったから、通勤に便利なので、ここに住んだのだろう。


IMG_3198

 作家になる前(つまり、一高や帝国大学講師?、教授?時代)に漱石は、鴎外と面識があったのかは、分からない。
 この住宅に住んだ時期・・・・は、説明によると・・・・、
 鴎外は、明治23年から一年余住んだとのこと。
 欧州留学から帰国して、(自己の意思に反して)ドイツからやって来たカノジョ「オンナ」と別れさせられ、親戚の西周のあっせんにより結婚し、明治23年に長男が生まれた。「舞姫」を発表したのは、同じく明治23年1月のこと。結婚中に、自分の体験かどうかは知らないが(笑)、「ドイツに留学していた間、ドイツ人の女性を妊娠させました。」という小説を発表したら、そりゃ、新婚の若妻(まだ十代・・・。)は仰天するでしょう。しかも、発表したのは、若妻の妊娠が判った直後ではないでしょうか?。
 鴎外が離婚をしたのは、この家に住む直前のことだった?。離婚の後に、(生まれたばかりの長男を連れていたのかは不明だが)この家を借りて住んだ推定。コレ(離婚して家を出て、どこに住むか)って、個人の生活レベルでみると結構重要ですね(笑)。

 漱石は、明治33年‐39年の日露戦争を挟んだ時期にこの家に住んだ。「吾輩は猫である」もここで執筆したそう。この後、漱石は帝国大学の職を辞めて、作家としてスタートする。当時の常識では、官を辞して新聞社に入社して作家となることは、考えられないことだったのでは?。漱石が、人生のまさにターニングポイントを過ごした家であるといえる。
 この住宅は、あの「猫」のくぐり戸など、当時の様子を残しているそう。
 いや~、文学史上、大変重要な住宅です。
 
  ↓ 庭に面した部屋。廊下がガラス戸になっている。建物の左に突出ししているのは、「厠」かな?。

IMG_3200

 庭に面した部屋の戸が開いていた。外から室内が見える。漱石の書斎であったのか?。
 漱石の写真バネルが展示してある。


IMG_3197

 玄関。内部に入らなかった。「入れなかった。」のかは忘れた。内部見学できるか、時間を決めてガイドはあるのか?、など明治村のウェブサイトには、私が見る限りは記載が無かった。現地や個々の保存建物に行って、表示を見るしか。ないのかな?。

IMG_3199

 「森鴎外、夏目漱石住宅」から木の中の歩道を下る。丘の下へ。この小さな歩道を「偉人坂」というそうだ。
 「偉人坂」を下ると、鉄道局新橋工場(明治天皇御料車展示)や二重橋飾電燈の前に出て、視界が急に開けた。目の前には、三重県庁舎が建っている。坂道を登って、正門へ戻った。




博物館明治村 見学 「重要文化財 西郷従道邸」

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」の見学も終盤となった
 「聖ヨハネ教会堂」(国指定の重要文化財)続いて、「学習院長官舎」(登録有形文化財)を見学した

   ↓ 「学習院長官舎」の隣にある重要文化財指定「西郷従道邸」。
  写真の左は、前の記事に写っていた「学習院長官舎」横のモミジと同じ木だ。
  カメラのアングルにモミジを入れて撮影した。

IMG_3184

 「西郷従道邸」はバルコニーが有名だ。二階のバルコニーに人が出ている。
 バルコニーの下は一階のテラス部分。が、一階のテラスは自由に行くとが出来るが、後述の通り、二階には、説明ガイド無しに自由に入ることが出来なかった。
 近づいて見ると、外壁やデラスの柱は、木である。材木を描こうして、壁は板張りに、塗装を施しバルコニーを支える柱となっている。装飾も木製だ。当時の大工さんの仕事であろうか。西洋式といいつつも、材料は日本家屋と変わらず、木造である。もちろん、欧米でも住宅は木造もあるのであろうか。


IMG_3196

 「西郷従道邸」の側面。意外にも縦長で、長方形の短い辺の部分に、バルコニーが付いている。
 側面に玄関があった。

IMG_3195


  「西郷従道邸」の一階、玄関を入ったところ。天井は、しっくいでシンプルだ。フランスの古き邸宅といった感じ。二階から、声が聞こえる。ガイト゛が説明をしているようだ。説明板には「ガイドの説明付きでないと、二階には上がって見学できない」そうだ。
 ガイドの時間は、邸宅の玄関のところに看板があるが、一回の所要は15分。開始時間が決まっていて、今は14時の回だ。次は14時20分の回があるが、時間が無い・・・。ガイドの説明を聞きたいが(本当に徳川美術館に行くため)時間が無いので、次のガイドの時間を待つことはやめて、自由見学できる一階のみを見た。

IMG_3193



 ↓ 一階のテラスに面した部屋。
  写真の奥が玄関。ドア、テーブル、イスどれをとっても装飾が施されている。極めて芸術性が高い調度品だ。
  

IMG_3185


 テラスに面した?、先程の部屋と続く、陽当たりのよい部屋だった。
 ティールームかな。ここで外国人の賓客をもてなしたのかも。


IMG_3186

 玄関を入って、左手にある部屋。暖炉があり、長テーブルがある。ダイニングルームだろう。
 暖炉の上の画が素晴らしい。油彩画ではなく、刺繍の織物である。
 テーブルの燭台やガラス食器、どれをとっても豪華だ。


IMG_3187

 ↓ 壁にあった。鶴の刺繍。西洋式でありつつも、日本の伝統美を採りいれている。西洋と和の融合だ。

IMG_3188

↓ 一階の別の部屋。テラスの部屋の奥にある。
寝室だ。西洋式のベッドがある。外国人の賓客が宿泊したゲストルームかな。

IMG_3190

カーテンも良い物を使用している。書斎。西洋式のイスとデスクが置いてある。

IMG_3191

持ち主の西郷従道の写真。
卓上の時計もさることながら、お相撲さんの人形は、どこか兄の隆盛(吉之助)を思わせる。
卓上の写真は、従道の妻と子だろうか。

IMG_3192

 いや~、王公貴族のような豪華な邸宅だ。いやはや薩長の天下だ。「薩長に非ずば人に非ず」を地でゆく、豪華な住宅。事実、彼は貴族になったのだ。日本の貴族制度である華族として、侯爵の爵位を授けられた。爵位は、彼の死後も子が襲ったのだし。
 ↓ 二階に昇る階段も曲線を描いている。観葉植物を置く台も、豪華な彫刻がほどこされている。


IMG_3189

採光にも配慮されている。

IMG_3194


二階では、まだガイドが続いているようで、声が聞こえて来る。駈足ではあったが、一階のみ見て、退出した。


博物館 明治村 見学「学習院長 官舎」

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」の見学も終盤となった。「一丁目」を散策する。ただし、次の予定もあり、時間が無くなってきたので急ぎ足だ(笑)。


  正門から、近道を登り、林の中の丘の上にある「聖ヨハネ教会堂」(国指定の重要文化財)を見る。教会堂は丘の一番上に建っている。が、周囲は林なので、先程見学した「西園寺公望邸」のように入鹿池の眺望が無い。
 丘をやや下り、少し歩いたところに、建物が点在している。そのひとつが、「学習院長 官舎」だった。登録有形文化財に指定されている。

 ↓ 正面ではなく、横から見る。西洋的な窓と壁(板張りであるが)の瓦葺の建物と同じ瓦葺の日本家屋が連結している。
 12月の上旬。平野部では紅葉のピークだ。官舎の建物の横にはモミジが紅葉をしていた。
 カメラのアングルにモミジを入れて撮影する。

IMG_3183

 学習院長 官舎の玄関部分。斜めに玄関が附属している。
 西洋館と日本家屋の接合する部分に玄関がある。西洋館は、「縦窓」、タテに開閉する窓。(多分。横に戸外に向けて斜めにと開くかも知れないが・・・・。)対して、日本家屋の部部分は、横に開く伝統的な「戸」だ(笑)。


IMG_3182

 ↓ 説明の看板。
  明治42年の建築。当時の院長は乃木希典。説明によると「当初は、赤坂の私邸から通ったが・・・、のちに住居として使用した。」とある。
 かつての所在地は、現在の学習院大学がある豊島区目白町とある。赤坂から、目白まではそれなりに距離はある。かつて、乃木は乗馬で通ったのかは分からない。現在の場合、乃木邸から目白に至る場合は、地下鉄のその名も「乃木坂駅」から、南北線に乗り換え。あの「地下迷宮」を歩いて乗り換えし(笑)、学習院の最寄駅で降りて、地上に至るといった具合かな・・・。
 説明によると玄関は「車寄せ」とある。車寄席屋根の上部の紋章は、学習院の校章とのこと。

IMG_3181


↓ 玄関から、洋館の一階部分。奥が日本家屋の日本間の部分かな。
 当時としては、斬新なデザイン、というか意匠の住宅だったのかな。洋館に階段があり、二階に行くことが出来る造りになっている。

IMG_3180

 日本間には乃木の写真パネルがあった。
 当時、院長であった乃木が、明治天皇に殉死、つまり自決したのは、ここ目白の官舎ではない。赤坂の私邸である。現在は乃木神社の境内に隣接して旧乃木邸の建物が現在も保存されている。乃木は、自決した当時まで現役の陸軍大将であり、学習院長であった。すると、普段はここ官舎に起居していて、私邸には、明治45年の自決当時、あまり住んでいなかったのかも・・・・。

 建物の内部は、ガイド付で見学する仕組み。勝手に建物の内部を見学できない。ガイドの時間は終了していた。次のガイドの時刻があったかは、忘れた・・・・。時間も無い・・・・、よって、内部を玄関から少し見ただけだった。

IMG_3179


 時間が無いので、先を急ぐ。ほとんど外観だけの見学だった。思ったよりも地味で質素の家屋だった。「豪邸」という感じではない。パッと見たところ、説明無しでは、「学習院長官舎」というのは分からない、。ごく普通の昔の和洋折衷の住宅と間違ってしまいそうだ。
 すぐ近くの隣の敷地に重要文化財指定で有名な「西郷従道邸」が建っている。
 「従道邸」へ移動する。「乃木から西郷へ」、という訳だ・・・・・(苦笑)。



明治村 見学 聖ヨハネ教会堂 重要文化財2

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」の見学も終盤となった。正門に近い「一丁目」を散策する。ただし、急ぎ足で(笑)。


  「聖ヨハネ教会堂」。現在の一階部分は、子供達の遊び場になっていた。堂内の階段を昇ると、二階がかつての礼拝堂になっていた。

 ↓ 教会堂の二階正面。かつては、祭壇に十字架とキリスト像が安置されていたと思われる。

  現在は結婚式の会場として使用されるようだ。
  クリスマスまで、あと少し。正面は「ハート型」の美しいリースで飾られている。
  かつては、宗教施設であり、信仰の場であったので、祭壇の撮影は厳禁であったろう。現在は、移築されている文化財であり、信仰の場という要素は、あまり無いであろう。よって、遠慮なく撮影できるのはありがたい。
 私が見た限り、特に撮影に関する注意事項は掲示されていなかった。


IMG_3170

↓ 教会堂の二階、かつての祭壇に対して、こちらから見て左。オルガンが二台設置されている。
 結婚式のときは、オルガンを演奏するのであろう。二台演奏して、アンサンブル(言葉が正しいのかは分からないが・・・・・。)をするのであろうか。

IMG_3167


↓ 教会堂の二階、正面の右。
 先程、正面から見た三角形の屋根の内側が見える。教会内の柱はアーチになっている。木材を削って、曲げて、組合せしたようだ。


IMG_3168


 教会堂の二階、屋根を見上げる。
 天井が竹だ。竹の組み合わせ。簀子(すのこ)というのだろうか。「西園寺公望邸」の数寄屋造りを思わせる。
 説明によると京都の気候に合わせたそうだ。
 つまり、高温多湿の京都盆地の夏、底冷えする冬を考慮して、通気性、保温性の高い、日本古来の材質にしたのか。


IMG_3163

 側面の天井。アーチの曲線と塔の上の屋根などの三角形、そして上に伸びる直線を組み合わせている設計だ。

IMG_3165


 出口と階段の降り口の様子。ドアの上には、十字架のレリーフが刻まれている。
 木製の材質だ。ドア、ドア枠と一体化している。

IMG_3164


↓ ステンドクラスから差し込む光は明るい。
 カトリックのように、豪壮な装飾では無い。

IMG_3166


「聖洗盤」。ケースに入れられ、保護されていた。
かつては、実際に使用していたのだが、現在は保存されている。

IMG_3169


 木目の天井と木組みの柱。木造のシンプルな造りだ。石造りでは無い。
 日本における教会建築の貴重な遺構だ。

IMG_3171


階段を昇ると、二階が礼拝堂になっていた。
更に塔に昇るはしごが付いている。鐘を鳴らすために塔に登るのだろうか。

IMG_3172


 礼拝室の外、階段の様子。斜めの板は、三角屋根の支え板かな。
 ドアから出て、一階に昇り降りする階段につながっている。
 礼拝堂から出るドアがふたつある。二階にあるていう構造を配慮し、礼拝を終えた信者が一度に退出して、階段が混雑しないように造っているのかな。


IMG_3173

 再び一階に戻り、靴をはいて外に出た。



明治村 見学 聖ヨハネ教会堂(重要文化財) 1 

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」の見学も終盤となった。正門に近い「一丁目」を散策する。ただし、急ぎ足で(笑)。


  正門の近くにある「近衛局本部附属舎」の前を通り、林の中の歩道を丘の上に歩く。と、視線の先に先頭が尖ったレンガ造りりの赤茶色の建築物がある。明治村の移築建築物の中でも「旧三重県庁舎」や「旧東山梨郡役所」と並んで有名な建物、「聖ヨハネ教会堂」だ。
 これらの建築物は、すでに書いたがいずれも国指定の重要文化財だ。

 ↓ 正面から教会堂を見上げる。


IMG_3155
IMG_3156

↑ 教会堂の下の部分。

アーチの曲線と塔の上の屋根などの三角形、そして上に伸びる直線を組み合わせている設計だ。

↓ 正門からここに至る歩道の脇から。
右の出っ張った三角屋根の建物部分が、内陣の十字の端だ。


IMG_3176

正面横から。塔は、望楼のようになっていて、八面の塔。八面塔の正面の壁には、もれなく縦長のアーチ窓がついている。採光を意識している。

IMG_3177

 玄関を入る。靴を脱いで、上がる。出入りする人で混雑している。内部の一階は、子供の遊び場になっている。
 階段を二階の昇る。玄関の両脇に二か所、階段が設置されている。

 塔の内側は、階段のようだ。内部の壁にも装飾がある。ランプを乗せる第のようなものが設置されている。芸術性と実用性を兼ね備えているように感じた。

IMG_3158

内部の一階は、子供の遊び場になっている。 ↓
天井は改築されている。昔は、木造のしっくいの天井だったのでは?。
説明によると一階は元々、日曜学校ゆ幼稚園として使用されたそう。
道理で。現在では子供の遊び場になって、子供の歓声が響いている訳だ。
今から100年前も子供の歓声はここ一階で響いていたのだろうか。


IMG_3174

 玄関の近くに文化財の指定書があった。
 「旧日本聖公会京都聖約幹?教会堂」が正式名称だった。プロテスタントの教会。
 京都の河原町通りの五條教会だったとある。すると、現在の国道一号線と鴨川近くの道路の交差点の近くのどこかにあった筈だ。

IMG_3175

階段を昇る。一階の玄関の様子。

IMG_3159

八面塔の内部は階段だった。
正面の三角屋根の支柱が、内部を斜めに貫いている。
窓がいづれの壁面についているので、、階段が非常に明るい。
アーチ窓の木枠も装飾が施されている。

IMG_3160

壁面のステンドグラス。
カトリックの教会堂と比較して、シンプルな造りだ。カラフルでは無い。実用重視のようなステンドグラス。

IMG_3161

階段を昇ると、二階が礼拝堂になっていた。

IMG_3162


明治村 見学 旧近衛局本部附属舎、三重県尋常師範学校・蔵持小学校

 2015年12月6日。 (明治村 見学)

  博物館「明治村」。見学時間も無くなってきた。御料車を見て、急ぎ足で、正門の方向へ坂を登る。
  正門の前を通過、正門広場付近のにある建物を見る。
  午後2時になった。明治村の後は、名古屋市内の徳川美術館に移動する予定。ここから、一時間弱はみておきたいので、午後2時半過ぎには出発する予定。徳川美術館には、午後3時半には到着して、閉館の5時までいる予定にしている。
 明治村に入園して4時間近くが経過したが、ゆっくり見れていない・・・。じっくり見るととても1日では観きれない・・・・。

 左が、近衛局本部附属舎、右が三重県尋常師範学校・蔵持小学校。
  ともに時間が無い関係で、ざっと外観を見たのみで、丘を登って、次の建物へ移動した。


IMG_3154


 近衛局本部附属舎・・・天皇を守護する部隊の建物。のちに近衛師団と改称。更に司令部は別の場所に移動したので、のちに皇宮警察が使用したと説明にある。戦後の時代まで使用されていたそう。
 移転後の近衛師団司令部の建物は、現在の東京国立近代美術館工芸館ですね。

三重県尋常師範学校・蔵持小学校
 ・・・明治村に移築されていて、ここの近くにある「三重県庁舎」と間違えてしまうくらい似ている。
   こちらは学校。のちに、蔵持小学校として移築、使用されたと説明ある。


 ↓ 園の外、道路沿いから見た三重県尋常師範学校の建物。一階部分の裏にもテラスがあり、教室間、二階と一階を行き来することができる造り。
 よく、生意気言って、校舎の裏、人目のつかない所に呼び出しされて上級生にボコられるのも校舎裏のこういう所なのですかね??。(ソレって、オレのこと!!??)

IMG_3208


  ↓ 園の外、道路沿いから見た旧近衛局本部附属舎と思われる建物。
   瓦屋根の平屋、シンプルなしっくいの壁。裏から見ただけでは、何の建物かは分からない・・。

IMG_3210


  ↓ (既出) 正門方向へ戻る園内バス。写真には、写っていないが、右に「旧三重県庁舎」がある。
 

IMG_3147




明治村 見学 旧安田銀行、明治体験処ハイカラ衣装館

 2015年12月6日 (明治村 見学)

  博物館「明治村」

 武術道場「無声堂」を見た後、坂道を登って、再び下り、先程歩いてきた場所に戻って来た。
 電車(京都市電)の踏切と、交番があるとこだ。本物の昔の巡査は「オイ、コラ」と「泣く子もだ黙る」怖い存在だったが、ここの巡査サンはとても親切です(笑)。
 踏切の前を歩いていると、先程乗車したのだが、ちょうど電車がやって来ていた。運転本数はさほど多くなとので、ラッキーだ。
 踏切を渡って、二丁目、明治村「メイン」の通りへ歩く。


IMG_3141


 先程、内部を見学した、札幌電話交換局(重要文化財)の重厚な石造りの建物の奥、緩やかな坂道の上の方向に旧安田銀行の支店の建物がある。先程は、内部に入らなかったので、入って見る。
 ここは「明治体験処ハイカラ衣装館」の看板が出ていて、他の施設とは違う。「貸し衣装屋さん」である。
現代の言葉でいうと「コスプレハウス」であろうか?(笑)。
 さて、コスプレ貸衣装の料金は、一回、一人800円。貸出時間は、五分のみ・・・。短い。着付けの方に時間がかかってしまうのではないか?。道理で、この付近にだけしか、コスプレの人がいない訳だ。ある程度貸し出し時間が長いのならば、衣装で園内を闊歩しているのだろうか、それが全然ない理由が解かった。
 ここコスプレハウス本館(笑)の周囲で写真を取っていて、園内、周辺を散策できない訳だ。
 あっ、貸衣装を着ている人は、ほとんど、女の子数名のグループ。男はあまり、(コスプレに)乗り気ではないのかな?。

 ↓ 旧安田銀行の会津支店ここに移築している。
雪国の建物らしく、重厚な古民家のような、がっしりとした瓦屋根の建物。
文化財指定は受けていないようだ。登録有形文化財の指定も無い。

 建物の内部には、かつての銀行のカウンターがある。カウンターでは、係員が受付けをしている。奥で着替えて、外(明治村二丁目通り=明治村での正式名称「レンガ通り」)に繰り出すのだ。
 カウンターの内部には、所狭しと貸し衣装が並んでいる。「着付け」と「お戻り」と「のぼり」が立っている。デイススプレスの衣装は、女学生用の赤い模様の絣と緋色/の袴。明治の時代を彷彿とさせる衣装だ(笑)。隣のフリフリ衣装は、明治時代からあった?。メイドさんの衣装なのか?。フリフリ、ピンクの衣装を着て「いらっしゃいませ、ご主人様?」と言うのかな?(笑)。
 

IMG_3142


  天井を見る。高い。銀行建築というのだろうか、外見は日本家屋のようだが、内部は、天井が高く広く、採光が配慮されている。
 電灯が装飾された天井から一本吊り下がっている。窓側には、中二階の通路がある。一階の執務ホールを見下ろすことが出来るようになっていた。

IMG_3144


↓ 写真左の建物より、東松家住宅(重要文化財)、次いで京都中井酒造、
  その奥のやや赤い三角屋根が「旧安田銀行会津支店」、一番右の壁だけ写っている建物は
  札幌電話交換局(重要文化財)。

IMG_3145


 
 上の写真のアングルは、明治、大正時代を舞台とするドラマなどでも、よく写る風景だ。
貸衣装を着た女の子が散歩している風景を見ることができる。写真には写っていないかな・・・(笑)。

 余談ではあるが、私は仕事の関係で、安田銀行の創立者の子孫の一人とお会いしたことがある。
神奈川の大磯には、安田家の旧別荘が保存されている。都内にも「旧安田〇〇邸」として保存されている邸宅もあると聞く。安田は戦前の大財閥であった。つまり、その方は旧財閥の創業者の末裔なのであった。しかし、その方は、安田系の企業では無い全く別の所に勤務しておられた。

博物館明治村 旧名古屋衛戍病院 見学 

 2015年12月6日 博物館明治村 旧名古屋衛戍病院 見学 

  博物館「明治村」を見学中。

 旧歩兵第六連隊の兵舎を出る。木造の簡素な建物であるが、その隣に兵舎と似ている(本当は似ていないかも知れないが・・・。)外観の名古屋衛戍病院の建物がある。兵舎は二階建てだが、病院の建物は、平屋のシンプルな建物だ。
 実際にも、かつて名古屋城内にあった旧歩兵第六連隊の近くかお城のお堀ばたの近隣にあったのだろう。

 ↓ 衛戍病院の建物入口。

IMG_3126


 渡り廊下で、管理棟と病棟がつながっている。かつては、六棟の病棟があったが、移築保存されているのは、一棟のみのそうだ。管理棟から、南面に六つの病棟が渡り廊下で繋がり、集中管理できるようになっていたのだろう。





IMG_3129


 管理棟の内部は、展示室になっている。「衛生博覧会」となっている。昔の医療器具などの展示がある。
 当時の薬や医師などの写真、薬などの看板なども展示があったと記憶する・・・。


IMG_3127

 室内にあった「文化財指定書」。国の登録有形文化財ではなく、愛知県指定の有形文化財に指定されている。
管理棟と病棟、もうひとつ指定されている。

IMG_3128


 渡り廊下を歩いて、病棟へ。病棟は、内部が明るい。病室なで採光に工夫がされている。
 室内は昔の医療機器の展示があった。国産のレントゲン装置も製作されていたそうだ。

 ↓ 医療用X線装置の「ダイアナ号」。1925年のものだが、実際には、それ以前に国産のX線装置が製造されていたそう。高電圧の伝記をこの金属に通すのであろう。 

IMG_3130

 ↓ 昔のX線装置。「X-Ray」と装置の木枠の所に書いてある。
   電圧計のようなものが付いている。

IMG_3131

 ↓ 当時の病室の換気の説明。
  天井に格子をもうけ、換気をしやすい構造になっていたそう。新鮮な空気を入れていたことが分かる。
 上の写真の病棟の瓦屋根の上にも、煙突のような、小さい屋根がついている。換気口だったのだ。
 当時の最大の軍事衛生学上の課題は外科手術ではなく「結核」の撲滅だったはず。結核菌などの蔓延を防ぐためにも換気に配慮したのではないだろうか。

 たとえば、お隣に保存されている連隊の兵舎では100人以上の兵士が起居して、兵営生活を送っていた。結核患者が発生し、他の兵士に集団感染していたら・・・・、いざ有事のとき軍隊として行動できない・・・。入院患者は隔離し、衛生的な病室で療養させる必要があったのだ。
 が、当時でも衛戍病院の一般の病棟に結核患者を入院させたかは、疑問だ。この病棟は「当時の外科病室」だったとも書いてあるし・・・・・。
 明治初期の軍事医療のもうひとつの課題「脚気」についてはどのような対策をしていたのだろうか・・・。

IMG_3132

 衛戍病院の建物を見た後、隣の赤十字病院の建物の脇を通り、階段を下る。

 ↓ 振り返ると、兵舎と赤十字病院の建物が見える。
  上が旧歩兵第六連隊の兵舎、その手前が旧赤十字病院の建物、赤十字病院は時間が無いので、見学を割愛した。衛戍病院よりも南面のガラス窓が大きく、明るい感じ。軍隊の病院との違いかな・・・。


IMG_3140


博物館明治村 旧歩兵第六連隊兵舎 見学2

 2015年12月6日 博物館明治村 旧歩兵第六連隊兵舎 見学2

  かつて名古屋に駐屯していた旧歩兵第六連隊の兵舎。現在の名古屋城、二の丸の跡に衛戍地があった。第三師団司令部、他にも騎兵、工兵などの部隊なども旧名古屋城の二の丸から三の丸の地域に駐屯をしていたようだ。名古屋衛戍病院もあった。
 旭川では第七師団であった。名古屋には第三師団とその隷下の部隊が駐屯していた。

 ここ明治村での移築兵舎では、兵隊サン達が起居して部屋の様子などの再現がされている。等間隔でベッドが並ぶ。机のようなベッドだ、柵が無い。本当に使用していたのであろうか?。寝返りをうつと、落っこちでしまうくらいだ。私だったら、すぐに落っこちてしまう。「ううっ」と痛がっている間に、古参兵がやってきて、廊下に連れ出されて往復ビンタかな(苦笑)。いや、鉄拳制裁か・・・・。イヤだな~・・・・・。


IMG_3115


 もう一方の端の部屋は、展示室とかつての兵が起居した部屋の再現。
 ガラスケースに展示がある。従軍記章で、つまり日清戦争と日露戦争に従軍した人の記章だ。ちょうど、十年間隔で明治の二大戦役を行っていたことが分かる。鴎外・森林太郎も両戦役に従軍しているので、当然持っていただろう。確か、この夏に行った津和野の鴎外記念館でも展示があった?。

IMG_3113

 ↓ 辞令の展示。ここ歩兵第六連隊に配属された「計官」の辞令。階級は「陸軍二等軍吏」とあるので、経理将校であろう。
 「兵卒応用歩兵野外要務」は漢字の羅列であるが、読んで字の如く、歩兵の野外で応用できる戦闘の方法の指南書というか、現代でいうマニュアルであったのだろう。兵隊さんの教科書であろうか。
 徴兵されて入営した兵隊が、こうした「要務」などを理解するには、学校教育が重要であった筈だ。教育を受けて、「読み書き」が出来ないと、兵士として役に立たないことも意味する。

IMG_3114

 「酒保」の説明。現在では死語かも知れないが、日本に駐留する米軍の売店、PXを日本語で「酒保」と言うことがあるかも・・・・。神奈川県では、米軍の基地が多いので、基地の開放デーで、酒保の米軍版、PXを利用したことがある人も少なからずいるだろう。軍事郵便の展示も。 ↓

IMG_3116

 ↓ 兵隊の部屋の再現。隣には、当時の銃の展示も。

IMG_3117


 近衛兵、少佐と少将の第一種軍装の展示。つまり、礼服であろう。パッと見ただけでは、区別がつきにくいが、少将は、金のモールが大きい。ズボンにも赤い線が入っている。帽子の白い羽というか、フサフサも大きいし・・・。


IMG_3120

 食事の再現も展示されている。朝は、ごはんと漬物くらいで簡素だ。夕方は、カツレツもある。「高カロリーでバランスは重視されていない。」と説明にある。
 また「しかし、パンと洋食を取り入れた海軍に比べると脚気の発生率が高く・・・・。」つまり「患者が多かった。」とある。現在では、白米の摂取によるビタミンB1(だったかな・・・)の不足と知られているが、当時は知られていなかった・・・・か。

 と、小柄なふっくらした女の子二人組が展示を見学している。会話「これ、警察みたいな??」と軍服を見る。「近衛兵」の表示については「きんえいへい?。何やってたんだろうね。」と会話。

 ↓ 小銃が壁を仕切る、柵のように展示されていた。「三八式」であったかは、知らない。

IMG_3119

 彼女たちは食べ物の模型の展示を見て「じゃあ 朝は何を食べていたのかなーー。」のように、廊下にでた後も軽い感じで話をして、移動して行った。彼女たちの会話でも「自衛隊みたいだね。」という言葉すらもでてきませんでした・・・・。ああ、平和だな~。「明治は遠くになりにけり・・・・」だ。

 ↓ 昼食の模型。 第六連隊ではなく、東京にあった第一連隊(現在のミッドタウンがかつての衛戍地。)の第九中隊の明治33年6月の食事。梅雨の時期だ。
  時代としては、日清戦争の後、日露戦争の前、西暦でいうと、ちょうど1900年だ。

IMG_3121

 ごはんとカツは、現代の食事とほぼ同じだろう。が、野菜が極端に少ないし、副菜のマメの意味が・・・・?。
 われらが、誇る日本の「ミソフスープ」、味噌汁は無かったのかな?。

 ↓ 夕食。
 味噌汁が登場。中身は、ニンジンだけのようだ・・・・。豆腐が無い・・・。
 主食の白米も無いようだ・・・。煮たのだうろか、大根とジャガイモ(馬鈴薯)。
 

IMG_3122

 現代の私達の感覚からすると、絶句してしまうような食事の内容。本当にこれで、戦争に勝てる兵隊を育成で来たのだろうかと心配になってしまった。(今さら心配しても仕方無いが・・・・。)
 森鴎外が当時の軍医として大変有名であるが、軍医部では栄養学の観点から兵隊の食事の研究を本当にしていたのだろうか?。

 ↓ 廊下の様子と二階への階段。


IMG_3124


 ↓ 二階は、昔ながらのレトロな雰囲気が漂う、射的場などの遊戯場があった。「お祭り気分」になれる。
   今、旧歩兵第六連隊の兵舎は、ホントに平和です。


IMG_3125

 旧兵舎の二階の大部分は「暗夜回廊」という、体験コーナーになっていて、別料金で暗闇の中の迷路を進む体験ができるようになっている。志賀直哉の長編「暗夜行路」をもじったものに違いない(笑)。
 平和のありがたさをかみしめている。




博物館明治村 旧歩兵第六連隊兵舎 見学1

 2015年12月6日 

  博物館明治村 旧歩兵第六連隊兵舎 見学1

 旧宇治山田郵便局、かつての鉄道の工場「鉄道寮新橋工場」「機械館」を見学、急な階段を昇ると、旧歩兵第六連隊の兵舎の前に出る。

 木造の簡素な建物。兵舎なので、豪華なレンガ造であろうはずが無い。しっくい?で壁を塗っているようだが、極めて、シンプルで実用的な建物だ。
 登録有形文化財 指定。


IMG_3103

 ↓ 説明板。元々細長い兵舎を切り詰めて、ここに移築している。

IMG_3102

 説明によると「歩兵第六連隊は、名古屋に置かれていた・・・・。名古屋城跡に兵営が設置され、営庭を取り囲むように設置された。明治村へ移築されたのは第10中隊で、兵営は約7割程度に切り縮められた。」とある。
 昔行ったことのある名古屋城は広い砂利の広場のような所もあったと記憶する。明治以降、昭和戦前期は、軍隊が置かれていたのだった・・・。取り壊しされた跡地が、現在は名古屋城の天守閣のある本丸手前の公園のような一角なのだろう。体育館もあったかな。テレビでも映ることがあるが。

  営庭の様子と取り囲む兵舎の敷地図面も解説板に掲載されている。兵舎の配置平面図を見ると現在の本丸の南東、どうやら、かつての名古屋城二の丸庭園の南に位置していたようだ。庭園のような地図表示が営庭の北(平面図の上)にあるので。

 東京にある旧第三連隊の兵舎跡は見たことがある。つまり、国立新美術館の敷地内に保存されている。解説の写真や模型が、旧兵舎の一部を利用した「別館」に展示されている。(平日の開館日の開場)

 ここ明治村での移築兵舎では、兵隊サン達が起居して部屋の様子などの再現がされている。説明によると下士官と中隊長室は本来は二階だが、一階で再現されているそうだ。
 旧兵舎の二階部分は、射的の遊び場と長い廊下の先の部分はまっくらにして、暗室の体験場だった。別料金で遊ぶことが出来るようになっている。昔の兵隊さんもびっくりだ(笑)。 

 ↓ 「歩兵第六連隊兵舎」の看板。(現在字体で表示)。明治六年の建築と古い。
   本当に軍隊の草創期に建築された建物。
  今ではオリジナル「プリントシールマシン」が置かれ、すっかりアミーズメント場に(笑)。平和っていいな~。

IMG_3104

 ↓ 各部屋の解説。 中隊長の部屋は、本来、二階にあった。偉い人は二階に陣取るということか。
 下士官室のいる事務室も二階にあり、上から兵隊達にニラミを聞かせていたということか・・・・。


IMG_3107


↓ 中隊の事務室の様子。下士官が行ったことが分かる。
軍隊らしく軍刀置き場がある。

IMG_3110

 奥が特務曹長の席。どーんと中央にデスクを構えている。両脇には、曹長サンがいる。更に
 軍曹が二名か三名配置されている。「鬼軍曹」の由来ですね(笑)。
 当番兵のイスと机も。下士官連に囲まれ、何か気の毒な感じが・・・・・(笑)。

IMG_3111

  ↓ 廊下。端はおみやげ物屋さん。ああ、平和だ。ほっとするな~(笑)。
   隣には、「中隊長室」の標識。この兵舎のドンのお部屋です。

IMG_3109

 通常、中隊長は大尉だった。その下に中尉と少尉が数名配属され、中隊の将校として勤務していた。兵隊の訓練、指揮に当たったのだろう。
 その下には、特務曹長以下の下士官が配置され、中隊の事務室で実務を担ったのだろう。普段、兵隊を鍛えるのは、下士官の役目なのかな。怖いな~・・・。

 明治時代の日清、日露戦争の期間を除く、普段の軍隊の兵舎生活では、中隊長の大尉は基本的に士官学校を卒業していわゆる「職業軍人」として任官し、少尉から中尉、大尉と昇進して、就任していたのだ。

IMG_3108



 ↓ 兵舎内の部屋の再現の様子。見習士官の部屋だったと思う・・・。
  机がちゃんとあり、ベッドが二個ある2人部屋。

IMG_3112

↓ 兵舎一階の廊下の様子。見習士官の部屋の表示。
  廊下の突き当りの部屋は、おみやげ物売り場。

IMG_3123



 ↓ (既出) 旧兵舎前からの眺望。谷を挟んで、旧宇治山田郵便局が見える。

IMG_3105










続きを読む

博物館明治村 西園寺公望別邸「坐魚荘」 見学3(外観、庭園)

 2015年12月6日 博物館明治村 西園寺公望別邸「坐魚荘」 見学3(外観、庭園)

 追記: 平成28年10月、ここ愛知県犬山市の明治村に移築されている 西園寺公望別邸「坐魚荘」は、国の重要文化財に指定されることが答申された。
 (追記終わり。)

  「西園寺公望別邸 坐魚荘」では、ガイド付きの説明ツアーがあった。(基本はガイドツアーでの見学のようだ。要確認。私が行ったときは、自由見学ではなかった。)
 ガイドツアーが終了後、玄関で靴を履いて、そのまま庭に出て、改めて別邸を庭など外から眺める。

DSC05830


 入鹿池の眺望も良い。実際は、邸宅の内部に掲示されていた写真にあったように、海のすぐそばにあり、庭はかなり狭かった、もしくは、海に面していて、庭と海の砂浜、渚は一体となっていたのではないかな。

 数寄屋造りの壁。木で葺いている壁というのだろうか。
 障子窓がある。先程見た、二階の床の間の脇についている、小窓。公望が出入りする人を二階から確認できるようにした窓だ。
 怪しい人が来客を装って来たときは、すぐに逃げることが出来るようにしていたのであろう。


DSC05827

DSC05823

 興津から移築されたという、庭。
 かつて、庭の先は、すぎに海で、舟も繋留されていた。



DSC05824

 入口と母屋の様子の外観。
 近くの丘から撮影した。

DSC05812

 近くの丘から見た 入鹿池の眺望。
 ちょうど、紅葉の時期であった。坐魚荘の二階からは池の眺望がすばらしい。
 (二階での撮影はしなかった。)

DSC05814


 次の建築物に移動した。












博物館明治村 西園寺公望別邸「坐魚荘」 見学2 

 2015年12月6日 博物館明治村 西園寺公望別邸「坐魚荘」 見学2 

 追記: 平成28年10月、ここ愛知県犬山市の明治村に移築されている 西園寺公望別邸「坐魚荘」は、国の重要文化財に指定されることが答申された。
 (追記終わり。)

  「西園寺公望別邸 坐魚荘」では、ガイド付きの説明ツアーがある。(基本はガイドツアーでの見学のようだ。要確認。私が行ったときは、自由見学ではなかった。)
 一階に続いて、二階へ。比較的広い階段を昇る。
 写真撮影の可否は、聞かなかったが、説明を聞いている見学者は誰も写真撮影をしていない。よって、私も撮影を差し控えた。 そのため内部の写真は一切無い・・・・・。
 
 
DSC05831



 二階には、傾斜のある板張りの階段を昇る。そして、二階部分の説明を聞く。
 「廊下はうぐいす張りの板。密談をしていて客人がきたときにわかるように。音が鳴る廊下にした。床の間の小窓から玄関が見えるようになっている。」
 確かに、キイキイというか、音が鳴る。床の間にいても、玄関の入口が見下ろせるようになっている。来客があって、床の間を背に、主人の公望公が面談していたとする。話をしながら、視線をふっとそらすと、入口が見え、不審者の接近を確認できるのだ。
 
 「(南面の)ガラス戸のガラスは外国製「VITA」とメーカーの文字が入っている。」ここは広い板の間の日当りよい部屋だ。二階の座敷だ。二間、大きな部屋がつながっている感じの間取り。
 窓は大きくて、とても光が入る。明るい部屋だ。冬は温室のようだったであろう。

 二階の部屋の床の間に昔の坐魚荘の写真がある。白黒の写真なのだが、見ると、かつてこの別邸は海のすぐ近くに建っている。
 母屋の建物の前は、段差の下が海というか、舟着き場だ。舟が浮いている。石組みの桟橋のすぐ近くに、今私らが見学している、この建物があるのだ。庭もあまりなく、目の前がすぐに渚なのだ・・・・・。「庭も移築された・・・・」という説明であったが、庭の幅は狭い。かなり、海に近い・・・。
 塩害も実際はすごかったのでは??。台風のときは、さぞ強風で波浪に打ちつけられたであろう。

 二階の広い居室のとなりは納戸になっている。現在の住宅でいう、ウォークインクローゼット。普通の住宅ならば、居室として使用できるくらいの広さだ??。

 ↓ 二階の部分。ガラス窓が大きい。ガラス窓の内側には、畳しきの廊下と障子がある。


DSC05826


 階段には、手すりがついているが、比較的傾斜はゆるやかだ。再び一階へ階段を伝って、戻る。(先程見た)洋室の奥には脱衣所がある。脱衣所は畳をしていいる。ふろとの間には、段差がある。歳をとるとつまづかなかったのかな?。風呂の出口には木の板。刻みこんで洗濯板のようにしている。
スペルことを防止するためだ。細かい所に工夫がありました(笑)。

 浴室はコンクリ床で、「すのこ」を敷いている。なんと、風呂から外に出るともできる。襲撃に備えての造りだ。
浴槽は木。小さい。一人で入るためのものだそう。浴室には呼び出しのベルがあり、女中部屋に通じているそう。入浴中に倒れる危険性というより、入浴の油断しているスキに襲われる危険に備えた設備だろう。
  
 廊下を歩いて移動する。すると、先程入った所ではない、別の玄関と勝手口がある。台所だ。
 現代でいう、アイランドキッチン台もある。アルミの流しシンクとかまどが三つある。ちょうど、腰の高さであり、システムキッチンのようだ。

 「換気用に上の細長い窓が前後に開くようになっている。あまり調理はせず、料亭などから仕出しをとっていたことが多かった・・・・。」そうだ。

 勝手口は広い。外には井戸もある。その、隣が一般用の玄関。説明を開始した玄関は大切な客人の玄関だそう。つねに、警官も二人いたそうだ。
 ↓ 井戸と 勝手口、一般用玄関。 この内側の奥、井戸に近いところに、台所があった。

DSC05829

 20分ちかく、予定時間めいいっぱいまで説明があった。説明を開始した「客人用玄関」に戻り、ガイト゛ツアーは終了した。

 住んでいた当時、西園寺は、かなり、刺客というか暴漢というか、身の周辺を警戒をしていたようだ。政治家とは気の静まることのにいものなのか。が、彼自身が政治家になったのは、名門公家の家柄に生まれたための宿命だったのかもしれない。
 でも昔の政治家は、大変だ。いつ殺されるか分からないし。実際、政治家の暗殺は。明治以降も断続的に発生しているし。


DSC05822

 ガイドツアーが終了、玄関で靴を履いて、そのまま庭に出た。










博物館明治村 西園寺公望別邸「坐魚荘」 見学1 (公望公写真パネルあり)

 2015年12月6日 博物館明治村 西園寺公望別邸「坐魚荘」 見学1 (公望公写真パネルあり)

 北里本館を見学した後、丘を登る。丘の上、入鹿池の見える場所にやってきた。

 「西園寺公望別邸 坐魚荘」がある。  
 
※追記: 平成28年(2016)10月、ここ愛知県犬山市の明治村に移築されている 西園寺公望別邸「坐魚荘」は、国の重要文化財に指定されることが決定しました。私が読んだ新聞によると「指定の答申」がされ、今後正式に指定されるようです。
 (追記終わり。)

 元老、西園寺公望(さいおんじ きんもち)の邸宅。私が明治村にやっ来た目的のひとつは、ここの見学でもある。
 公望は、徳大寺家に生まれ、西園寺家を継ぐ。総理大臣、侯爵(第一次大戦後、ヴェルサイユ講和会議の日本全権代表、のちに公爵)、最後の元老としても知られる。

DSC05817


 坐魚荘は、昭和初期、戦前期にかけての政治の枢要な舞台のひとつにもなった所だ。
 平成時代になってからも、当時西園寺の秘書だった原田熊雄 男爵の著書、「西園寺公と政局」は、大正~昭和戦前期の政治を語る上でよく引用される。

 垣根で囲まれた屋敷の敷地内に入る。そして、玄関に入る。と、数名の人が玄関にいる。時間を決めて、坐魚荘のガイドの説明があるそうだ。玄関で見学者がガイドを待っているのだった。
 玄関の脇にというか、土間のところに公望公の等身大写真パネルがあった。それによると
 身長は169cmと当時としては、高い。体重は60.75kg。「京都府出身」と書いてあるが、お公家さんの出なので当たり前か。
 「西園寺公望のおともだち」の説明パネルが玄関のアガリ口の板の上にある。同じ公家 出身の政治家 近衛文麿の写真である。「私の父 篤麿と政敵と言われていたが・・・・・(近衛が)大学1年生のときに初めて会ってから・・・・・よくしていただいた・・・・・。」という意味の内容が書いてある。
 五摂家筆頭の文麿と公望は、かつての家格では文麿が上。爵位も文麿が当時は上。年齢は、40歳くらい公望が年上ではないか?。近衛との初対面のとき、既に公望は60歳くらい。友人というより、歳の離れた親戚のおじさんという感じではないか。公望、昭和15年没、文麿は僅かその5年後の昭和20年12月没・・・・。

 ガイド開始時刻まで、あと少しで開始の時間だった。上記の公望公の写真パネルやお庭を見て、数分待つ。
 時間になるとガイドの男性がやって来た。先に待っている人は、すでに座敷に上がり座って待っている。狭い玄関は人でいっぱいなった。
 私も、靴を脱いで座敷に上がり、見学ツアーが始まる。

DSC05816

 西園寺公望別邸「坐魚荘」の玄関と右手が母屋

DSC05828


 以下、ガイドの方の説明を抜粋して記す。
 「実は、ここは大正時代の建築。明治村なのに、明治時代の建築では無い。しかし、明治時代から活躍した政治家の別邸で、歴史的建造物なので、ここに移築保存している。数寄屋造りの建物。西園寺公望は京都の公家の出身だったから。」
 えっ、大正時代だったの??としばし絶句(笑)。まあ、ええか(笑)。

 元々建てられていたのは、現在の静岡市清水区(平成の合併前は、清水市)。私は「ああ、年をとってから興津に別邸を建てて、隠棲したのね・・・・・。」と理解。
 明治時代はバリバリに活躍していたのかな?。よって、隠棲する別邸は必要がなかった!!??。
 公望は、昭和15年に91歳くらいで死亡したので、ここを建てたときは、逆算すると年齢が70歳のときくらいだ。一般的には引退して、余生を送る年齢だ。
 しかし、引退、隠遁?、隠棲?はできずに?、戦争が拡大していく昭和の時代の中、昭和15年の秋、死ぬときまで政治の世界で隠然たる存在であったということか・・・・。

 西園寺公望別邸「坐魚荘」の玄関は竹の天井。木の皮の外壁だ。ひのきを使用しているそう。典型的な数寄屋造りの材質とのこと。
 見学一行は、玄関から居間に移る。居間は、畳の部屋だ。恐らく、かつての南向きの一番日当たりのよい部屋。日本間でいう、居間だ。隣に廊下を経由して移る。隣は、洋室だ。
 現在、東向きに坐魚荘は移築されているためか、居間の北側にあたり、やや日当りが悪い。「公望はフランスに10年間留学したことがあるので、洋室の建築もした・・・。」そうだ。洋室には、庭に面してサンルームあり。雨戸がくるとまわるようになっている。
 ガイドの男性は、実際に、雨戸を開け閉めしてくれた。レールに沿って、雨戸は直角に曲がり洋室の隅の雨戸袋に収まるようになっている。

 ↓ あとで見た、雨戸のところ。戸のレールがあって、角でカーブして戸を通す仕組みになっている。
  画像の左手に雨戸袋がある。

DSC05825

 「庭も(明治村に)移築した。通常、移築するのは建物のみだが、ここでは「庭」も再現した。居間と和室のサンルームは襖を通す板に凹凸がない。
 平らになるよう大工が作った。廊下近くの壁の中が見えるようになっている。鉄の平棒を「すじかい」に入れている。関東大震災の後にすじかいを入れたようだ。」という説明だった。

 かつての室内の白黒写真のパネルが部屋に展示してあった。すると、写真と同じ机も、今現在私達の目の前に置いてあった。当時と同じ物が置いてある。
 フランス風の家具だ。暖炉はあるが、イミテーションでこの家に煙突はないそうだ。暖炉の部分に暖房器を置いて使用はしたようだ。

 部屋の一角に公望公が使用していたステッキも展示してあった。竹でできたものである。しかし、その中に鉄の棒を仕込んでいたものもあるという。護身用でもあるステッキだったそうだ。


 「廊下にでましよう。」と北の廊下へ。廊下が畳敷きだ。建物に囲まれた空間・・・・中庭、つまり坪庭がある。陽当たりは、悪くやや薄暗い。天候も曇りで初冬の陽気だし・・・・・。
 それでも「夏は風通しがよい。海からの風が吹くので。冬は日当たりがよく、採光になる。」と説明があった。

 続いて、二階へ階段を昇る。

DSC05827







明治村 見学3 旧宇治山田郵便局)

 2015年12月6日。 (明治村 見学3)

  博物館「明治村」にやってきた。

 旧宇治山田郵便局にやって来た。重要文化財指定の明治村では有名な建築物だ。
   
 建物は大きい。軒下を歩いていると、見上げるくらいの高さだ。近くから撮影すると、とても全景を撮影することは出来ない。

  ↓ 入口横の窓。壁の上部には彫刻というか模様が施されている。
   ただ単に建物を造っただけではなく、装飾が随所にある。



IMG_3097


 内部に入る。天井が高い。
 かつての受付窓口が、ガラスの窓の内側にある。というか、現在も郵便局として使用されているそうだ。
 昔の一般の人が入るホールは、展示室になっていた。かつての郵便ポストの展示があった。
 すべてん展示品があるわけではない。よって、天井は高いし、内部はガランとしている。



IMG_3096


 郵便局遠景。隣のというか、谷を挟んだ建物の脇から、眺める。
 手前左側の板目の壁の長い建物は、かつての鉄道の工場「鉄道寮新橋工場」。


IMG_3105










明治村 見学2 旧三重県庁舎

 2015年12月6日。 (明治村 見学2)

  博物館「明治村」に入場した。


   正門から入場する。
  チケット売り場の前の広場を門と敷地を見る。旧制第八高等学校の門。

IMG_3206


正門の近く。丘の上に建築物がある。園内は、意外にも起伏が多く、高低差がある。
 正門から一番近くの移築建築物といってもようだろう。「旧三重県庁舎」ら向かう。正門前から、坂を下ったところにある。かなり大きな建築物だ。明治村でも最大規模の移築物ではないだろうか。

 「コ」の字形になっている瓦屋根の「疑洋風建築」だ。
 正面の玄関から入る。二階にも階段を昇り、見学ができる。テラスというか、正面のパルコニー通路にも出ることが出来る。
この日は12月、曇天のやや寒い日であった。旧県庁舎のドアは開け放たれており、結構冷たい風が室内入って来る。歴代の知事の写真がある部屋が執務室であった。机や調度品が展示してあった。

 西翼の一階 東寺の赤坂離宮、東宮御所の家具など豪華な調度品が展示されていた。
          離宮当時の室内写真もあった。
         
 東翼の一階 パネルでの展示コーナーがあった。












明治村 見学1 (入場、犬山から移動 )

 2015年12月6日。 (なごや旅8)

  犬山城を出て、駐車場に移動。再び車に乗り、明治村に向かう。


  犬山の市街地を南下し、先ほど小牧から来た道、バイパスとの交差地点方面に走る。実際は、パイパスの手前で、左折し、東に向かうのだが。
 朝、小牧から来るときに気付いたのだが、小牧から国道のバイパス降りて、犬山の市街に向かう途中の地名は「五郎丸」であった。交差点の信号機にも「五郎丸」と冠した標識が取り付けされている。今年大変話題になったお名前だ(笑)。
 犬山から、明治村への道中でも「五郎丸」地区を再び通った。「明治村」の方向へ、東の入鹿池方面に向かう道路の途中、「犬山五郎丸」郵便局があった。昔の「領地」にちなんだ地名であろうか、九州に限らず、実際には消滅してしまっている所もとるかも知れないが各地にありそうだ。

 ↓ 沿道にあった犬山五郎丸郵便局。一旦、車を停めて撮影した。


IMG_3095


 田んぼの中の道、次いで丘陵地帯に造成された住宅分譲地の中の道を通過。以前、4年前、土岐から、犬山に来る途中に通った道だ。見覚えがある。あのときは、明治村は割愛した。
 「明治村」の大きな看板に従い車を走らせる。丘陵の坂道を登る。と、明治村の大きな看板がある駐車場に出た。しかし、明治村の駐車場は、北門にあるらしい・・・。すると、正門から入ることは出来ず、退出も北門から見る。今後、予定も考えると、入場は、正門から入場がよい。ということで、再び車を運転し、正門近くまで行く。結構起伏のうる坂道を行く。数分では着かなかった。以外にも距離がある。
 正門近くにやってきた。広場、車寄せのようになっている。バスは停まっているが、一般車の駐車場はない・・・。正門前の広場を離れ、道路に戻り、更に少し先に進むと駐車場がある。
 「大駐車場」と看板がある。明治村のオフィシャルPではなく、地元の地主さんの経営するパーキングのようだ。


入場。
券売り場は行列ができていた。
犬山城で購入しておいて正解だった。

 ↓ 明治村の正門を含め、注意書きが無い以下の写真は、すべて帰る直前に撮影。

 ↓ 民間駐車場。 歩いている途中に撮影。

IMG_3209


 駐車場の様子。

IMG_3211



 民間駐車場に車を停めて、正門まで歩くのだが、実は、正門まで歩道がないのだ。路肩もスペースがほとんどない。車は結構通行する。しかも、カーブもあり、やって来る車が直前まで見えないこともある。大変に危ない。
 なぜ、歩道が無いのか・・・。というと、明治村の公式見解としては、駐車場は「北門」に設置しているので、車で入村する人は、北門からどうぞ、というスタンス。正門近くの駐車場は、明治村とは関係無いので、正門から入って来るのは、ご自由に、ただし、歩道も無いし、道も狭いし、車にはねられるなどの事故が起きても無関係ですよ、ということだろう。何か、あからさま(笑)。
 むろん、北門の明治村公式駐車場(オフィシャルパーキングとは言わないか・・・。)に停めて、何か事故が起きても、一切責任は負わないのだが・・・・。


 歩道の無い道路脇を歩いていると、建築物がフェンスの内側に見える。
  学校の建物の裏側である。


IMG_3208

敷地の外から・・・。兵舎のような建物の裏側から。


IMG_3210

 歩いて、正門に。入場する。なんと、券売り場には、行列ができていた・・・。窓口の数が少ないのか、50人くらい並んでいる感じ。これでは、10分、15分くらいは、チケットを買うだけで経過してしまう。
 犬山城で「共通入場券」を購入しておいて正解だった。しかも、割引でお得だし(笑)。

 正門。内側から外の広場を見る。旧制第八高等学校の門。

IMG_3204

 正門の近く。丘の上に建築物がある。園内は、意外にも起伏が多く、高低差がある。
 地図で見ただけでは、分からない。明治村開村「50周年記念」の看板がある。

IMG_3205










プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ