良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

愛知県北部

 

明治村 見学1 (入場、犬山から移動 )

 2015年12月6日。 (なごや旅8)

  犬山城を出て、駐車場に移動。再び車に乗り、明治村に向かう。


  犬山の市街地を南下し、先ほど小牧から来た道、バイパスとの交差地点方面に走る。実際は、パイパスの手前で、左折し、東に向かうのだが。
 朝、小牧から来るときに気付いたのだが、小牧から国道のバイパス降りて、犬山の市街に向かう途中の地名は「五郎丸」であった。交差点の信号機にも「五郎丸」と冠した標識が取り付けされている。今年大変話題になったお名前だ(笑)。
 犬山から、明治村への道中でも「五郎丸」地区を再び通った。「明治村」の方向へ、東の入鹿池方面に向かう道路の途中、「犬山五郎丸」郵便局があった。昔の「領地」にちなんだ地名であろうか、九州に限らず、実際には消滅してしまっている所もとるかも知れないが各地にありそうだ。

 ↓ 沿道にあった犬山五郎丸郵便局。一旦、車を停めて撮影した。


IMG_3095


 田んぼの中の道、次いで丘陵地帯に造成された住宅分譲地の中の道を通過。以前、4年前、土岐から、犬山に来る途中に通った道だ。見覚えがある。あのときは、明治村は割愛した。
 「明治村」の大きな看板に従い車を走らせる。丘陵の坂道を登る。と、明治村の大きな看板がある駐車場に出た。しかし、明治村の駐車場は、北門にあるらしい・・・。すると、正門から入ることは出来ず、退出も北門から見る。今後、予定も考えると、入場は、正門から入場がよい。ということで、再び車を運転し、正門近くまで行く。結構起伏のうる坂道を行く。数分では着かなかった。以外にも距離がある。
 正門近くにやってきた。広場、車寄せのようになっている。バスは停まっているが、一般車の駐車場はない・・・。正門前の広場を離れ、道路に戻り、更に少し先に進むと駐車場がある。
 「大駐車場」と看板がある。明治村のオフィシャルPではなく、地元の地主さんの経営するパーキングのようだ。


入場。
券売り場は行列ができていた。
犬山城で購入しておいて正解だった。

 ↓ 明治村の正門を含め、注意書きが無い以下の写真は、すべて帰る直前に撮影。

 ↓ 民間駐車場。 歩いている途中に撮影。

IMG_3209


 駐車場の様子。

IMG_3211



 民間駐車場に車を停めて、正門まで歩くのだが、実は、正門まで歩道がないのだ。路肩もスペースがほとんどない。車は結構通行する。しかも、カーブもあり、やって来る車が直前まで見えないこともある。大変に危ない。
 なぜ、歩道が無いのか・・・。というと、明治村の公式見解としては、駐車場は「北門」に設置しているので、車で入村する人は、北門からどうぞ、というスタンス。正門近くの駐車場は、明治村とは関係無いので、正門から入って来るのは、ご自由に、ただし、歩道も無いし、道も狭いし、車にはねられるなどの事故が起きても無関係ですよ、ということだろう。何か、あからさま(笑)。
 むろん、北門の明治村公式駐車場(オフィシャルパーキングとは言わないか・・・。)に停めて、何か事故が起きても、一切責任は負わないのだが・・・・。


 歩道の無い道路脇を歩いていると、建築物がフェンスの内側に見える。
  学校の建物の裏側である。


IMG_3208

敷地の外から・・・。兵舎のような建物の裏側から。


IMG_3210

 歩いて、正門に。入場する。なんと、券売り場には、行列ができていた・・・。窓口の数が少ないのか、50人くらい並んでいる感じ。これでは、10分、15分くらいは、チケットを買うだけで経過してしまう。
 犬山城で「共通入場券」を購入しておいて正解だった。しかも、割引でお得だし(笑)。

 正門。内側から外の広場を見る。旧制第八高等学校の門。

IMG_3204

 正門の近く。丘の上に建築物がある。園内は、意外にも起伏が多く、高低差がある。
 地図で見ただけでは、分からない。明治村開村「50周年記念」の看板がある。

IMG_3205










犬山城 天守閣見学と眺望(なごや旅7)

 2015年12月6日。 (なごや旅7)

  犬山城にやって来た。

 開門時刻の午前9時に入場した。 券は、「明治村とのセット券」をここ犬山城のチケット売り場で買った。
 
 石段を登ると、天守閣前の広場に出た。以前と同じままだ。変わっていない。早速、正面の石段を上って天守閣の入口から入る。靴をビニール袋に入れて、スリッパに履きかえる。

 展示品、年表、写真などをざっと見ながら、進む。

 最上階にやって来た。最上階に昇る、最後の木の梯子は狭い。急だ。北から、南にはしごがかかっている。
最上階は、ガランとしていて、展示品は無い。写真なとが、壁の高い所に掲示してある。基本的に、最上階は展望台だ。
 本日は高曇りといった天気。前回来たときも同じようだった。木製のテラスに出る北と南の出入り口には、係員が立って注意喚起している。思い出した。ここのテラスは、ななめにせり出すように付いているので、危険だ。よって、係員が付いているのだ。城の説明によるとテラスは「回り縁」というので、以後、書き方は統一する。
 眺望を順番に書いておく。

東・・・城のすぐ下の眼下を見る。「名鉄犬山ホテル」がある。前回、2012年11月に訪問した「如庵」がここにあるのだが、壁に囲まれた庭園は視認できるが、如庵と正伝院は確認できない。庭園内の林に囲まれて、見えないようだ。
 犬山の市街地を挟んで、丘の上には遊園地が見える。南東の方向を見ると、丘陵地帯だ。紅葉している。赤や黄色く丘の林が色づいている。

西・・・
長良川が流れている。堰がある。川にかかる橋は車が走行している。眼下は城下の崖と林だ。

南・・・
 濃尾平野と名古屋市内が見える。遠くに名古屋駅近くの高層ビルがうっすら見える。
 ホテルの窓からも高層ビルは見えたが、写真は撮影しなかった・・・・。ホテルから更に、北、名古屋市内中心部から遠ざかったので、霞んで小さく見える。
 こうしてみると、濃尾平野には、高いビルは最近できた名古屋駅付近のビル以外には、無い。田畑と家屋が広がっている感じ。

北・・・
 長良川が流れている。崖の上に屹立している。本当に落っこちてしまいそうになるくらい、急な崖と岩肌。
 北岸の街は岐阜県なのだが、静かだ。名鉄の電車が橋を渡る音が響いてくる。
 回り縁に出て、北東の方向に雪をかぶった山が見えた。係員の人だったか「御嶽山が見えるよ。」と言った。富士山のようではなく、牡丹の葉を組み合わせたような、山容で、傾斜のゆるい円錐形だ。くっきりと山の姿を認めることが出来る。思ったよりも近くて大きく見える。
 噴火して多数の犠牲者が出たのは、記憶に新しい。噴火したときは、黒い、灰色の噴煙がかなりはっきり見えたのではないか。天気にょっては見えなかったかも知れないが・・・・。

 天守閣最上階の「望楼」から景色を見て、15分から20分くらいいた。梯子、階段を下り、外に出た。



 ↓ 2012年秋の訪問当時。 犬山城(2015年12月の画像ではありません。)


DSC05797









犬山城 入場 (なごや旅6)

 2015年12月6日。 (なごや旅6)

 小牧の宿泊先を出る。犬山市に向かう。名古屋高速の高架下の道路を走行。小牧インター付近に出る。名古屋高速は、小牧が北の終点で、名神、東名に合流する。
 その先は、田園、工業地帯の濃尾平野のバイパスのような広い道路を走行する。
 この付近にも「ひつまぶし」で有名なお店がある。そのお店がロードサイドにあった。まだ開店時刻の前である。以前、下の子を連れて「みそ煮込みうどん」を食べた店にも近い。「備長」(びんちょう)。実は、熱田神宮とその近くの「あつた 蓬莱軒」に行く時間があるとは、前日の段階では思わなかったので、高速道路を小牧インターで降りて、直接小牧のホテルにチェックインし、その後夕食を食べるため、「備長」に来ることも想定していた次第。

 さて、犬山に近づいて来た。
 三年ぶりだが、周囲の光景については結構忘れた・・・。駅の周辺は区画整理がされていて、新しい街並みだ。そこを過ぎて、名鉄ホテルの近く(運転していて、ホテルの建物が見える)を通り、お城の方向へ。

 あと、写真のデータがどこかに保存していて、見つからない・・・。よって、しばらく写真無しです。

 目指すは、犬山城。坂道を登り、小高い丘の上にあるような、犬山の旧市街地に。前に来たときと同じ市営のパーキングに停める。開場時刻の前なので、すいている。今回は、城に道路を渡らなくてよい、駐車場の方に停める。

 歩いて、城へ。歩道が途切れているのが、危ないのだが・・・・。沿道に体育館がある。その建物内部に観光協会になっている。
 そして、坂道とその先の石段を登る。モミジが紅葉している。12月の上旬が、平地での紅葉のピークだ。一番の見ごろではないかな。
 城の門は、まだ閉まっていた。待っている人が10人くらいはいるだろうか。9時と少し前に窓口が開く。列が自然にできるので、並んで買う。
 「明治村とのセット券」をここ犬山城で買う。割引き券を使用するよりも、ここで共通入場券を買った方が安い。
ただし、同日入場が必要のようだ。門が開いたので、重厚な門をくぐり「入城」する。


 ↓ 2012年秋の訪問当時。 犬山の市営パーキング。(2015年12月の画像ではありません。)


DSC05793







名古屋~郊外へ移動 小牧宿泊 (なごや旅5)

 2015年12月5日。 (なごや旅5)

 名古屋 熱田神宮を参拝し、近くの「あつた蓬莱軒 本店」で食事をした。駐車場に車を取りに戻り、出庫する。本店の目の前に国道から、大きな交差点を(交差する)一号線に向かって右折し、(熱田神宮に行く前に通行した)再び名古屋高速の高架下の道へ。先程通った(高架下)道を進み、堀田ランプから名古屋高速へ入る。

 と、私の後の車は、ランプ料金所のETCが無いレーンから追(せま)ってきた・・・。無理山、私が走行する右車線に入って来る。その車は、猛スピートで本線に入り、左から抜いて、右車線の私達の車に前に入り、ブィーンと走り去っていった。さすが地元車。地元ナンバーで地元会社の製造車・・・。

 意外なことに、名古屋高速はすいている・・・・。通行料金が高いせいであろう。ああ分かった。そのため、下の道は車線が多くても混雑しているのだ・・・・。
 名古屋高速をまっすぐに北の小牧まで進む(ことが出来る)と思ったら、ちがうのだ。中央環状線は一方通行のようだ???。北方向の車線は、一旦、左に曲がり、別の路線と合流する。「名古屋駅」の近くらしい。表示看板があり、都市環状線という用語がでてくる。中央環状線は一方通行であり「都市環状線」らしい。走行しただけなので、分からなかった。
 走行していると、どこを環状に通っているのか分からない・・・・。道なりに右に曲がると、丸の内という言葉がでてくる。駅から北に進み、名古屋城、県庁の付近の路線らしい。車線は広くなり四車線に。しかし、路肩がないのだ。走行する車は、スピードをかなり出す・・・。危ない。ガイシャはあまり通らないが、トヨタの高級車が猛スピードで飛ばす様子も目撃・・・・。
 もし事故があっても、この路線は路肩に寄せるスペースがない。仮に、追突事故が起きて、大破して車線上に止まった場合、後続車から追突される可能性がかなり、高い。大丈夫かな、ナゴヤ・・・・。

 名古屋高速は、小牧ともうひとつ北に向かう路線があるようだ。「11号線」が「小牧」とあるためその方向へ車を走らせる。左に折れるような感じで分岐を通過。まっすぐは環状線のようで、「外回り路線」で市内をぐるぐる回るようだ。11号線の路線は、片側二車線になり、四車線、三車線では無くなるので気分的に落ち着く(笑)。その先には、小牧まで分岐はないようだ。更に進むと 別料金になる。料金ゲートが再びある。更に進み、小牧南インターで下りる。

 国道を岩倉市方向へ進む。と、ルートインの高いビルが見えてきた。本日は小牧の「ルートイン グランティア」に宿泊です(笑)。ホテルのビルの見える方向へ走り、到着した。敷地には、大型バスが二台停まっている。どうやら、団体さんが泊るようだ。中国人の団体のようだ。駐車場は車がたくさん停まっている。敷地に隣接して、スポーツクラブがある。スポーツクラブに出入りする車がかなりある。
 どこに停めたらよいのやら、と迷って裏の出口から一旦外の道路に出てしまった・・・・。再びホテルの敷地内に戻り、高架立体のパーキングへ車を進める。立体の三階部分に空きがあった。そのうしろから、ワゴンと乗用の車がやってきた。二台は、ツレのようで作業服を着ている人たち。建設現場で作業を終えて、ここに泊るようだ。
 
 ↓ 「ルートイン グランティア小牧」の建物と通路。翌朝に撮影。


IMG_3091


 さて、宿泊の経緯であるが、朝から明治村に行く関係で、名古屋市内ではなく、郊外に宿泊した方がよい。しかも、同行すね上の子からは、「犬山城に行ってみたい。」というリクエストがあった。市内はお値段も高いし・・・爵泊は郊外だ(笑)。探したところ、以前別のところに宿泊したルートインの予約サイトを見て、空室があったので、一週間前に「ルートイン グランティア小牧」を予約できた。
 最初は、おなじみの「旅籠屋」も考えた。岐阜県ではあるが、以前宿泊をしたことがある「土岐店」の空室を確認したが、すでに満室。ともかく、宿泊場所を確保した。

 車を停めて、フロントに。フロントは主婦のパートらしき女が対応してくれる人。「ポンターカードはありますか」と聞かれる。ポンタカードのポイントにルートインがなっていたとは、知らなかった・・・。しかも「インターネット予約のため」水のペットボトルのプレゼントがあるそう。ネミラルウォーターを二本頂いた。翌日の朝食券も渡された。
 さて、宿泊部屋のある10階にエレベータを上がる。何かの紙袋をもって行き来する、おばさん妙齢の女性の一団・・・・・も。何かの行事、会合かな・・・。法事、慶事には見えないし・・・。

 部屋に入る。高いビルで、周囲は平地なので、眺めがよい。夜景は、名古屋市内方面、空港(中部国際ではなく旧名古屋空港)方面がよく見える。

IMG_3086


 名古屋高速道路の高架も見える。 ↓ 写真では判別できないが・・・・。

IMG_3085


 ↓ 南の方角。名古屋市内の高いビル群もかすかに見える。 ↓ 肉眼でははっきり見えます(笑)。


IMG_3087

 すでに「ひつまぶし」の夕食を食べたので、あとは寝るのみ・・・・。早々に就寝。

 12月6日の日曜日。6:53に起床した。

 東から太陽から昇らんとしている日の出時刻は関東よりも遅い。
 名古屋高速の高架が見える。その先には、空港があるはずなのだが、滑走路は判別できない。


IMG_3090

 (時間はもっとあとの8時過ぎであったが)
  飛行機が空港から離陸してこちらにやってきた。北西方向に離陸していった。
  旧名古屋空港、現在の愛知県営名古屋空港(県営空港)を離陸した機体である。
  (実際は写真よりも、もっと大きく見えた。とっさにスマホで撮影した。)
 国産ジェット機として前月(2015年11月)に初飛行をしたMRJは見えないかな、と思ったが違う。定期便のようだ。MRJは、初飛行の後もここ県営空港を拠点に試験飛行をしている筈だが、その後はニュースになっていないので、分からない。本当は、絶えず試験飛行をしていないと。形式検定の間に合わない筈。繰り返し延期した現在の約束納期にも間に合うのは、かなり難しいのではと素人でも思ってしまう・・・・・・。

IMG_3089

 朝食は6時半から。今日は7時直前(笑)。前日、ホテルのロビーの脇に「団体は七時と七時半から」と掲示してあった。早くしないと、食堂が混むと思い、急いで着替えて下へエレベータを降りる。6:59に一階の食堂にそくさと到着。席を取る。周囲の席には、中国人が多い。昨日のバスでやって来た団体であめう。
 「ボーン」と時報とともに、NHKの朝七時のニュースが始まる。食堂内に設置してあるテレビが見える席を確保した(笑)。席の周りからは、中国語の会話が聞こえてくる。ブュッフェスタイルの料理も揚げ餃子、青梗(チンゲン)菜のあんかけ炒め物、蒸しシューマイなど。ミニオムレツ(冷凍の解凍)やベーコンの炒め物などがある。
これらは、主に中国人団体向けの料理であろう。
 私は、玉子焼き、焼き魚などのメニューを取る。サラダバーもある。意外にも生野菜を中国人は食べる。私は、朝から生野菜をあま食べないが・・・・。あとは、味噌汁とごはんを取って食べる。
 メニューには、粥もある。中国人は粥かと思いきや 普通にごはんを食べている。鮭とサバが切り身の焼き魚で置いてある。中国人では、ごはんとサケも食べている人もいて、日本人と食生活も変わらないのではないか。

IMG_3088


 私は納豆とのり、柴漬けなどの漬物と梅干も取って白米と一緒に食べた。デザートはフルーツポンチくらいにしておいた。お茶は、ほうじ茶にした。やっとのことで、7:20を過ぎてから、ウチの子が食堂にやって来る・・・・。
 食事後は、部屋に戻り、準備をする。8:10過ぎにフロントでチッェクアウトした。ロビーでは、作業着を着ている人が何人かいる。建設関係、設備メンテ関係などの仕事かな。日曜日も。子供も(やっと)エレベータで、ロビーにおりてきたので、立体パーキングに行き、8:22分に出発した。

 ホテルとは別の建物。以前は、別の宿泊施設で現在は?。とにかく車がたくさん停まっていて、何に使用しているのか分からなかった。看板の出していないホテル??。


IMG_3092

立体駐車場から。北の山々が見える。

IMG_3093

 駐車場の様子。

IMG_3094

 ホテルは、郊外の住宅、田んぼ、畑、工業団地が混在している地域にある。観光用のホテルではなく、近隣の工場や工事現場に来る人向けのビジネスホテルといった感じ。
 前日の夜に到着したときに、迷って敷地の外に出てしまったが、道路沿いは工場の敷地であった。
 
 本日、最初の目的地の犬山城に向かった。



プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ