良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

愛媛県

 

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学6(最終)

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学6(最終)
 

 ここは、愛媛県松山市。「坂の上の雲ミュージアム」にやって来た。
 4階の企画展示室で、企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」を見学する。

 秋山真之の結婚写真などを展示しているケースの近くに秋山家の系図と親と兄弟姉妹の生没年の解説ボードがある。
 兄の「好古は三男で(のちに秋山家の)家督を継いだ。」と小説「坂の上の雲」で読んだが、本来、家督を相続した長男は、大正時代まで存命している。病弱で弟の好古が家督を継いだのだろう。
 次男も大正のはじめまで存命している。次男は、養子で他家に出た?。説明は見落としているかも・・・・。真之のすぐ上の兄(四男)は、養子に出た。確か、養子先の家は、横浜の貿易商の家だったと思う。四男は日露戦争の前年、明治36年に没している。
 秋山の5人の男兄弟では、三男、家督を相続した好古が、唯一、昭和時代まで存命、長男、次男、五男真之 らは、ほぼ同じ大正5年から8年くらいに没している。四男が一番早く死亡している。

 同じ室内の別の壁面の展示では、真之が死亡した屋敷の所有者 山下亀次郎の写真も展示してある。山下は 「秋山真之と親友であった。」と説明にある。
 療養のため小田原の山下邸で滞在し、同所で死亡している・・・・・。死亡当時、真之は待命中で、現役の軍人であったが、小田原で療養していたのだ。ともに同じ愛媛の出身とはいえ、真之は現役軍人でありながら海運商とも深い付き合いがあったのだ。
 この山下亀三郎の山下汽船の支店長であったのは同じ愛媛の出、石原氏である。有名な石原兄弟の父にあたる人物だ。山下、石原は、ともに南伊予、宇和島(かつては宇和島の伊達家領)か八幡浜(かつての大洲藩領)の出だったと記憶する。旧松山藩の出身ではないので、厳密には「同県出ではあるが、同郷(同旧藩)出」ではない。
 付言すると、真之は少将、中将の進級は同期でトップだったそうだ。少将のときには、海軍省軍務局長をつとめている。日露戦争後、大正時代には少将に進級したが、欧州に出張したときの写真があった。時代は第一次大戦前の時期かな。
 
 一通り展示を見た。入口までスロープ、階段をおりる。2階(実は3階)の三角形の吹き抜けの展示室下は、ギャラリーのようになっている。別の地元に関する展示がある。
 また、別の壁には、入館者がどこから来たのか、都道府県名のところに、シールを貼るようになっている。「シールのグラフ」をみると地元、愛媛からの来館が多いが、次に一番多いのは東京。ついで大阪、兵庫が多い。帰省の時期なので皆、地元に戻ってきているのだろうか?。
 松山からは、東京、ついで大阪に出ている人が多いのだろう。神奈川からの来館者シールも多く貼ってある、関東地方では埼玉、千葉の順番。北海道の人もいる。広島が意外にも多い。しまなみ海道で、海を渡った対岸だからかな。反対に、同じ四国でも高知県は、来館者シールの貼付けがゼロである。お隣、香川は数名いた。香川よりも、九州・福岡からの人が多い。福岡から帰省しているのだろうか?。大分から、フェリーで佐多岬まで来れるので、比較的簡単に帰省できる。

 1階(本当は2階)ロビーの出入口のところでお正月「ガラポン大会」があった。入館者は全員ガラポンが出来るという。参加賞が「お菓子すくい」である。私は「参加賞」に当選。アメとか、小さい個別包装のチョコをスプーンで、すくうことができるようなっている。係員は、おまけで落としたものも、袋に入れてプレゼントしてくれた。お年玉である。
 ツレは、全部で5等くらいあるうちの、三等位を当てた。が、古い「本」だった。子規の俳句関連の本であったが、初版が昭和47年だ。従って、掲載されている松山の街の様子の写真も古い。私の曾祖父(松山出身)が戦後(外地から引き揚げてきて故郷に)在住していた当時の風景だろう。
 係員の主婦のパートらしき「研修中」の腕章をつけた女性が「どちらから、いらしたのですか?。」と私にきいてきた。正直に「神奈川です。」と答えておいた


 坂の上の雲ミュージアムのチラシを観ると「四電ビジネス」の発行となっている。四国電力の関連会社が運営しているのか、市営なのか、ここの館は「市立」と書いていないので、ここ坂の上の雲ミュージアムの運営主体は分からない・・・・。

 帰ってから、ウェブサイトをみると 松山市(役所)に坂の上の雲ミュージアム管理する事務所があるので、建物は市立で指定管理者制度??のようだ。(違うかも。)

↓ 著名な建築家、安藤忠雄氏の設計。
 坂の上の雲ミュージアム の外観。2階の展示室内部、窓に面して「子規の白い像」の背中が見える。
 「坂の上」の青い空と白い雲が反射してガラスに映る設計のようであった。
 1階は、入ることが出来ない。2階が入口になっている。駐車場は障がい者等以外は禁止であった。
 一般車は駐車が出来ない。


DSC07989









続きを読む

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学5

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学5
 

 ここは、愛媛県松山市。「坂の上の雲ミュージアム」にやって来た。
 緩いスロープを昇った先に、平らなスペースがある。その脇に4階(見た目では三階)の展示室がある。

 ↓ 坂の上の雲ミュージアムの入館券販売機。館外にあった。
企画展示のポスターが掲示されている。

DSC07991

 4階は、企画展となっている。弟、秋山真之に関連する企画展示である。昨年の2月から今年の2月まで一年間の期間展示である。
 館内に置いてあるパンフレットや(あとで見たウェブサイトによると)企画展は、開館以来、年1回開催しているそうだ。

 展示室に入ると最初は真之の生い立ちに関連する資料の展示。海軍兵学校時代の真之の成績などの展示もある。兵学校の「大試験」の成績表がある。それによると「愛媛県士族 秋山真之」の軍事関係や一般の学科の科目の点数が記載されている。英語も細かい評価項目になっている。英語の文法、構文もあるし英作文?、英文和訳もあったような。成績、つまり「席次」は「一番」である。
 真之は、ずば抜けた秀才であったようだ。成績表の順位は、活字で印字されているのでスタンプのように押したか、個人別に印刷したかのどちらかだろう。当時、成績表は順位の入ったものを生徒全員に配布さていたのだ。

 当時の海軍兵学校の写真の展示もある。広島県、江田島の学校の敷地の様子だ。写真を見ると校地は海に面しているのだが、その波止場には、船が停泊していて、校地内にあのレンガ造の本館が無い・・・・・。海軍兵学校は、明治22年に、東京の築地から江田島に移転したが、校舎が完成したのは、明治25年のことだったそうだ。それまで生徒や教官は、波止場に停泊した船にて起居したそうだ。グラウンドは広いが建物は少ない。工事中の様子であった。
(兵学校の当時の写真は、下の階の常設展示だったかも・・・。どこの展示であったか、忘れた・・・。)
 
 2018年11月に築地から、東京都の卸売市場が豊洲に移転した。盛んに築地の歴史もマスコミで紹介された。魚市場が築地にできたのは昭和時代にはいってからのことで明治維新以降、元々築地付近、は海軍用地だったのだと広く紹介された。海軍兵学校も元々は今までの築地市場の敷地にあったことが、広く知られるようになった。これほど築地の歴史がマスコミで紹介されることは、日本の歴史上最後であろう!?。以降、紹介されても小さい扱いかな??。(考え過ぎかな・・・。)
  
 続いて企画展示を見ていく。室内は三角形である。室内の真ん中に兵棋演習の平板と軍艦の形をした棋(駒というのだろうか?。)がある。傍らに黒板があり、状況を書いていく方法だ。兵棋演習についての解説がある。 
 演習部は2つある。統監部が1つ。演習は、青軍と赤軍で戦うのである。演習部が各自、10動までできる。つまり、10回運動できるという意味か。 「第5動××する」、「第6動 大砲を発射」のように、動きを紙に書いて貼っていくようだ。統監部が判定し、軍艦同士の砲弾命中や撃沈などを判定するようだ。各、演習部の間には、幕、衝立をして、互いの作戦は、わからないようにする。
 以上のような演習を真之が考えて?、教官として指導したそうだ。

 壁面のガラスケースの展示に「智謀 沸くがごとし」の書がある。東郷平八郎の書だ。もうひとつ東郷元帥の書があり、「秋山真之墓」の揮ごうだ。真之の墓の碑文で、墓誌はない?そうだ。揮ごうは、墓碑の原本で拓本をとって墓石に刻んだ。真之の実際の墓の写真のバネル展示があった。東郷元帥は、昭和時代まで生きたので、かつての部下、真之の早世を惜しんで、揮毫したのだろう。 
 真之の結婚写真も展示がある。結婚は、秋山真之36歳のときとかなり遅い。当時、宮内省に勤務していた 稲生氏の娘である。
 小説「坂の上の雲」によると兄の好古も結婚が遅かった筈。
 子息の秋山大の絵画の作品の展示がある。真之の子とのこと。すると、真之は、子息もちいさいうちに、死亡したことになる。末子は5歳くらいで(父、真之が)死亡していることになる。末子は、ほとんど父、真之の顔は覚えていないであろう、幼少期に死亡しているので。
 平ガラスケースに真之の海軍での辞令などがあった。「海軍中将 秋山真之」の名刺も、。シンプルに階級と氏名のみ印刷している。サイズは、現代の名刺とほぼ同じサイズか少し大きいかな・・・・。
 展示の説明文では、大正6年12月1日に中将に進級し、同日に待命となっている。同期ではトップの中将進級である。既に病気であったそうだ。待命なので実際の仕事はせず療養したようだ。
 翌年、大正7年2月に秋山真之は死去している。


 









2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学4

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学4
 

 ここは、愛媛県松山市。「坂の上の雲ミュージアム」にやって来た。

  緩いスロープを昇った先に、平らなスペースがある。その脇に中3階??の展示室がある。のぞいてみると、小さいが長方形の展示室があるので、入ってみる。室内には10人くらい見学者がいるだろうか。正月、早速見学者が来ている。
 この展示室は松山出身の「秋山兄弟と正岡子規の生涯」の展示のようだ。

 当時の松山の地図、風景写真がいくつかある。子規の家族や、秋山家の一族の写真が展示してある。
 展示としては、兄、好古の展示、説明ボードなどをみると・・・・・
 好古は、大阪の師範学校を出て、17歳らいで代用教員になった。其の後、士官学校に入ったという。士官学校の募集要項も複製と思うが、活字を印刷してあるものが展示してあった。要綱によると願書の様式は自由であるが、用紙に縦書きで府県 華士族平民の別、氏名を書き、生年月、住所も 書くようになっていた。
 更に身元引受人を2名書くようになっていた。自分のみではなく、他にも人が必要。現代の「保証人」ということではないようだ。「身元を引き受ける」人2名が出願に必要であった。それらの決まりに従って、作成された願書(複製??)も展示してあった。
 願書に記入する生年月日は他の誰かの証明が必要だったようだ。証明するのは、自分の入っている戸籍の戸主だったか、近所の人だったか?・・・・・。自己申告で戸籍を作成した名残であろう。テキトーに年齢を書いて出願する例も多数あったから。
 たとえば、森 林太郎という明治時代に出世した人物は、年齢を2歳くらい偽って当時の大学に入ったし。


 好古はフランスに留学している。久松家の殿様(旧藩主家のご当主)の留学に随行する意味もあったそうだ。この展示室だったと思うが、正岡家と秋山家の系図があった。子規の母の実家、大原家の父は漢学者である。このことはしられてるいる。大原観山という。正岡子規の叔父、加藤恒忠 (大原家から 加藤家に養子に入る) が当時フランスに 外交官として駐在していたので、好古と現地でも交友したと展示解説にある。好古と 恒忠は、ほぼ同じ年。松山の秀才は「正岡の恒忠か秋山の好古(当時の名前は違う)か 」といわれていたそうだ。


 正岡と秋山の両家の、藩政時代の石高の変遷グラフも展示してある。グラフでは両家の石高の推移を表示している。 60石くらいの正岡家は目付 ?身分で幕末まで変遷はない。
 秋山家は、3人扶持くらいで、石高は10石くらいだったか??。足軽よりは上の家格であるが、徒士身分。 しかし、父、久敬は藩政時代に昇進している。西暦の1847年くらいには40石くらいに加増。馬廻番か徒士目付だったかな。1868年か維新後の1870年くらいの廃藩直前期には、秋山家は60石くらいで、ついに正岡家と石高がならんでいる。
 司馬氏の小説「坂の上の雲」によると「・・・・秋山家は馬に乗れない身分であった・・・だから好古は軍で(歩兵ではなく)騎兵科に進んだ・・・・・」と書いてあったと記憶している。


 真之と子規が共に東京で通った学校は、大学予備門とある。当時の大学予備門の生徒の名簿が展示してある。名簿は活字で印刷されているのだが、芳賀矢一や南方熊楠が同級生であったことが判る。
 更に名簿を見るが「夏目」、つまり夏目金之助(漱石)、の名前は分からずじまい・・・・。名簿の別のページに名前があるのかも・・・・。それとも当時は「塩原金之助」の名前だったので、「夏目」で探していたので見落としていたかな!?。
 
 展示の説明には無いが、正岡(子規)の隣の隣に「平岡定太郎」の文字がある。出身地は「兵庫」となっている。
ハテ、どこかで見たことのある名前だ・・・・・・・・・・・。同じ苗字の人物に「平岡 公威」がいる。大蔵省(当時)に採用されるも1年足らずで退職した元官僚・・・・。「平岡定太郎」は、つまり作家 三島由紀夫(平岡 公威)の祖父であった。

 名簿には各科目の点数や合計の成績の平均点がかいてある。科目は、無機化学や、幾何学などだったかな。数学、物理のような科目ではない、もっと細かい科目。平岡定太郎は平均72.2点である。正岡は70.2。更に左のページに南方熊楠の名前 和歌山出身。南方の平均点は65点あまりで、同級生の中では高くない・・・。
 全体的には平均68~70点くらいの人が多い。すると三島由紀夫の祖父、兵庫出身の平岡定太郎は大変な秀才であったのだ。

 秋山真之と正岡子規に注目するのもよいが、作家、三島由紀夫の祖父「平岡定太郎」にもっと注目してもよいのではないだろうか?。

 更に隣りのガラスケース内には、明治43当時の愛媛県出身の軍人の名簿がある。日露戦争後の名簿。陸軍から書いてある。中将は2名いる。 騎兵監 秋山好古と仙波太郎 下関要塞司令官の名前がある。

 少将は1名のみで「歩兵12旅団長 小倉 恒吉忠道」とある。名前のような苗字であるが、この人物、子規の妹、正岡律の最初の結婚相手・・・・だった筈。展示の説明にはないが・・・・・。日露戦争終結5年後で少将の階級、出世しているでは、ないか!?。何がいけなかったのかな?。女にとって男は出世すればいいのではなかった!?。家同士の不和か、病気か??。

 大佐は 仙台 歩兵29連隊長が1名。白川義則(のちの張作霖爆殺事件当時の陸軍大臣だった人物であるが説明はない。)は静岡 歩兵第34連隊長である。
 名簿には、官職名とともに任地の地名が書いてある。
 中佐の欄に「歩伯」と書いてある人物は、かつての松山のお殿様のご当主、久松 定謨(ひさまつ さだこと)。
 つまり「歩兵」と書いてある。伯爵で「東京 歩兵第3連隊附」である。(近衛連隊附では無かったと思う。)

少佐 は、川島義之 独逸国 駐在(のちの二、二六事件当時の陸軍大臣だった人物であるが説明はない。)ら。

大尉は、東京 経理学校生徒隊長 櫻井忠温 などの名前。同じく説明にはないが、日露戦争後、旅順攻略戦を書いた「肉弾」で有名になった人物だ。

 中尉、少尉の人数は多い。各数十人はいる。


 次いで海軍の部が下にある。士官は大佐が一番上で、将官がいない。

××艦長 秋山と、××艦長 山路一善とある。
 この名簿が作成された背景には「明治以降になっても 旧藩意識があった・・・・・。」と説明がある。

 櫻井真清は 「第1艦隊参謀」とある。


 続いて展示を見る。真之、明治42年?? の元旦、年賀状には「恭賀新年」とある。「軍艦 音羽 秋山真之」と差出人に書いてある。村上×× 宛てのハガキである。
 子規の展示では夏目漱石の回想記の展示があり、「正岡は、なんでも大将にならないと気のすまないものであった。・・・・・・」と書いてある。子規の性格は、郷土の友人にたいしても、東京に出てからの友人に対しても変わらなかったようだ・・・・。すぐにイバる、ちょっと「俺様感」が強い人物であったようだ。悪く言えば「わがまま」かな??。
 妹、律なども含めた子規の家族の写真の展示があった。正岡子規16歳くらいのときの写真もある。友人と撮影した 上京直前の撮影だったかな。正岡氏の系図によると 外祖父は「大原観山」と強調されている。祖父は「松山藩第一の漢学者であったので文才が育まれた・・・・。」というような解説があった。
 加藤恒忠(拓川)は 叔父とはいうものの子規にとっては、年の近い兄のような叔父であった。




 ↓ 展示室は写真の左手にあった。
「順路」と看板が出ている。

DSC08003

 









2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学3

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学3
  
 最初は展示は、3階のこの付近のみかと思った。「あれっ、展示室はこれだけかな?。」と多少不安に
 しかし、まだ先の別の展示室に続くスロープがあった。なんだかホッとした。スロープを歩く。

↓ 軍艦 ボロジノの模型とミュージアム内部の様子。スロープを歩いて上のフロアへ。
  コンクリートの打ちっぱなしのスロープの壁には、掲示物がある。

  
DSC07993


 と、上の階の展示室に至るスロープの壁にNHKのアナウンサーであった松平定知氏の文章の掲示があることに気付いた。氏の直筆の文書のコピーのようで、団子のような丸まった文字で書いている。
 「・・・・松山市は私の本籍地であるが。住んだことはない。・・・・・。」と書いてある。「・・・・・徳川家康の異父弟の久松定康の子孫で、松山藩の殿様の分家の旗本の(松平氏の)出で、明治維新後、大名の本家は「久松」に復したが、旗本の家は「松平」姓のまま」だというようなことが書いてある。以前、NHKのニュースなどに出演していた有名な方であるが、確かに昔の大名のようなお名前である。ここ旧松山藩の殿様の大名家の分家の出身であったと知った。
 更に「10年前に102歳で亡くなった父は、陸軍幼年学校から士官学校にすすんだ軍人であったが、幼年学校の保証人に秋山好古大将になってもらったことを自慢していた・・・。父は軍人らしく怖い人だった・・・・。」と言う意味のことが書いてあった。
 松山の旧藩主の一族出身であり、父が秋山真之とゆかりのある著名人ということで、松平氏の文章をここ坂の上の雲ミュージアムに掲示しているのだろう。
 この文章が書かれたのは、いつなのか日付を私は覚えていないが開館した後の平成20年頃であろうか?。「10年前に亡くなった・・・」というと平成10年頃、氏の父は102歳の長寿で亡くなったと思われる。
   
 展示室に続くスロープを昇る。壁面には、小説「坂の上の雲」が連載されていた産経新聞の切りぬきがびっしりと貼ってある。上の方は読めない・・・・。
 実際には、スロープを昇った先の廊下に設置している机の上にファイルがおいてあって、すべての連載記事のコピーを閲覧できる。壁面の記事をパッと見たが、以前、私が文庫本で少しばかり読んだ部分の連載も展示されていた。
 机の脇には「トン・ツー」のモールス信号の電信機の模型が展示してある。「トトツーツー」とレバーを適当に押すと音が鳴る。傍らにモールス信号の五十音の「長短表」(正式名称は知らない・・・。)が置いてある。
 日露戦争の日本海海戦で世界で初めて無線電信が使用されたことにちなむ展示物なのであろう。
 例として「の」は、「・・--」であった。何かの本で読んだが、日露戦争後の海軍ではモールス信号を覚えるときに「の」は「ノギ・トーゴー」と覚えたそうだ。まさに「トントン・ツーツー(・・--)」だ。
 本物は、高圧電流で電波を飛ばすそうだが、模型ではその部分の機械は復元を省略している。
 高圧電流の部分、白い円形のガイシ部分は写真パネルのみの展示であった。 
 
 緩いスロープを昇った先に、平らなスペースがあり、その脇に中3階??の展示室があった。のぞいてみると、小さいが長方形の展示室になっているので、入ってみる。ようやく「展示室」らしい「展示室」があった。
 入口の手前には上記の通り、小説「坂の上の雲」が連載されていた産経新聞の切りぬき閲覧用ファイルとモールス信号の電信機の模型が設置されている。
 



続きを読む

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学2

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学2
 

 ここは、愛媛県松山市。松山城に行った。(旅行記は後述する。)
 次は、どこに行こうかと考えた。特に決めていなかったので、お城のロープウェイ・リフトの駅から徒歩で比較的近くにある坂の上の雲ミュージアム」に行くことにした。


 三階(入館した感覚では2階であるが、案内パンフレットによると3階とある。)に真ん中か吹き抜けの三角型、廊下のような展示室がある。「坂の上の雲」とは関係なく、当時の松山の昔の写真などの展示。かつての城下町の街の様子、路面電車の写真、城の写真、人々の暮らしの様子の写真パネルなどだったと思う。

 全面ガラス窓に面した、展示スペースがある。窓の外を見ると万翠荘がよく見える。途中、スロープの通路の壁には、原作者 司馬遼太郎の原稿の写しの展示があった。

 司馬遼太郎(以下、「司馬氏」)は、既に私が中学の時に配布された国語の資料集でも、小説「坂の上の雲」の冒頭の文章が紹介されていた。当時、司馬氏は存命であったから、当時から代表作であったのだ。私が覚えている限り、ドラマの放映にあわせて、文庫本も大々的に販売されていました。「坂の上の雲」は文庫本でも8巻くらいの分量だろうか。 私も一部は読んだことはあるが、全部は読んでいない。
 

 全面ガラス窓に面した、展示スペースは、当時の時代背景を説明する写真や年表のパネルが設置してある。
基本的に撮影は禁止。一部、模型などで撮影可能な展示物は「撮影OK」のマークがついている。

 乗馬体験コーナーがあった。「なぜ、乗馬」といえば「坂の上の雲」の主人公、秋山好古は「日本騎兵の父」であるからだろう。
 NHKのドラマでも好古は「日本騎兵の父」と盛んにナレーションが入っていたし。
 説明によると「日露戦争の当時、日本騎兵の乗っていた馬の多くは日本在来の種で(背の)高さは4尺寸、約140cmくらいであった・・・。」そうだ。
 日露戦争当時の日本の軍馬の高さを体感できるという訳。
 

DSC08000



 ↓ 西南側の窓。松山市沖の島 興居島の沖にあった釣島灯台の模型。明治6年開設という。


DSC07999

 絵葉書作成コーナーがあった。
 このミュージアムを訪れた感想などを書いて記録しようといなっている。
 秋山真之の似顔絵が描かれている。

DSC08001

 展示スペースと大きな窓ガラスの様子。映像コーナーもあった。
 軍艦の模型は「ボロジノ」という。ロシアの軍艦の模型であった。バルティック艦隊で日本海海戦を戦った軍艦だった。 連合艦隊、日本海海戦といえば、戦艦 三笠が有名であるが、三笠の模型は無かった。現在においても本物の戦艦 三笠は横須賀市に保存されている。


DSC08002

 年表などは撮影禁止だったと思うので、撮影していない。「明治35年5月19日 子規 没 享年×歳」、「明治38年5月 日 日本海海戦 連合艦隊 パルチック艦隊を破る。」、「昭和5年 月 日 好古 没。」のような時代順の歴史と正岡子規と秋山兄弟の生涯の年表。
 他の入館者は、熟年夫婦、三世代の家族連れ、帰省してきて久々会った友達同士なのか若い女の子の二人連れなどもいた。

 ここまで見学し私は「あれ、展示室はこれだけかな?。思ったよりも狭いな。」と思ったが、室内の壁に沿って更に上の階に向かうスロープ通路があることに気付いた。
  




2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」見学1

2019年1月 坂の上の雲ミュージアム 企画展テーマ展示「明治青年 秋山真之」 見学1
 

 ここは、愛媛県松山市。松山城に行った。(旅行記は後述する。)
 次は、どこに行こうか?、と考えた。特に決めていなかったので、お城のロープウェイ・リフトの駅から徒歩で比較的近くにある坂の上の雲ミュージアム」に行くことにした。
 
 ↓ 入口の門の正面を撮影。

DSC07990


 坂の上の雲ミュージアムは、オープンが比較的新しい施設である。実は、松山の市街地の中にあるかと思ったが、観光マップを見ると、かつての松山城内の敷地にある。
 本当に、たまたま思いついて訪問しただけだが、「日露戦争」関連の人物といえば、前年の秋に学習院長「乃木希典」に関する展示会を見たな、と思い出した。

 ミュージアムは少し奥まったところである。表の道路側の隣のビルには、予備校があるようで、制服姿の高校生が自転車を駐輪している。正月から冬期講習であろうか。特に受験生は、正月どころではないな。

DSC07988

 路面電車の通りを歩いていると、ブルーの「坂の上の雲ミュージアム」の看板があった。「坂の上」の青空をイメージした看板である。看板の先の敷地は、広々とした駐車場である。すいているなー、こちらに駐車できないかな、と考えた。。お役所の駐車場のようだ。正月休みなので、当番?、当直?以外の人の車以外は入れないので、もとより観光客は駐車できないようだ。
 路面電車が通っている道路の対岸(反対側)には三越がある。思い出したが、30年前はたぶんこの上階にあった食堂で食事をしたと思う。


 坂の上の雲ミュージアムは、NHKスペシャルドラマ(スペシャル大河といっていたかな??。)が放映されたので開館したのだろう。ドラマは、複数年に 分けて年末に放映されたと記憶している。大河ドラマが放映期間を短縮しての放送だったと思う。

 第一回のドラマ放送は、既に10年以上前だったと思う。

 (・・・・・・後日ネットで調べたら、2009から東日本大震災のあった年、2011年の年末までの放送だった。当時、私は震災のあった年の年末に、昔のお話のドラマとはいえ、軍艦で大砲同士がドカンドカンするシーンを大々的に放送するのは、どうかな、とも思ったものだ・・・・・。)
 当時マスコミ発表されていた視聴率は、10%なかった思う。時代考証、衣装、軍艦などのセット、CGなどには物凄く制作費を投じていたと当時視ていて感じた。その割に数字は、・・・・・、NHKで数字は関係ないか、それともあるのかな!!??。

 ドラマでは「・・・・弱肉強食の帝国主義の時代・・・」のナレーションがあったと記憶している。
 「この時代の国家は必ずしも国民の幸福を約束するものではなく・・・、・・時には血(命)による貢献(犠牲だったかな?)を求めた・・・・・・・。」という意味の「ナレ」も衝撃的だった。これは、司馬遼太郎の原作の小説「坂の上の雲」の中の作者の言葉だったと思う。
 国が国民の幸福を(無論すべてではないが、ある程度)約束してくれる現代日本は本当にありがたい・・・・・。今の時代に生きているボクは幸せだよ。

 坂の上の雲ミュージアムの近くには、万翠荘があった。もっと、城跡の平地にあるのかと思った。万翠荘は、以前からある観光スポットである。この記事のトップの画像を見れば判るが、入口の門が坂の上の雲ミュージアムと同じだった。
 門をはいってから少し緩やかな坂道を登り、入場券の自動販売機が館外に設置されているので購入、スロープを歩いて入館した。
 入ると エントランスとショップがある。先程入館前に歩いて通った道に面してカフェがある。
 スロープを昇って展示エリアに。



 ↓ 一面のガラス窓である。
   正岡子規の人形がある。机に座って書き物をしている。
   窓の先には、洒落た洋館の万翠荘が目の前に見える。



DSC07992

 ↓ 万翠荘についての説明。
   お城の山の中腹にあった。地図で見ると、かつての城の二の丸の平地にあるのかと思ったが、誤解であった。

DSC07994

 近代の洋館を、かつてのこの城の主であった大名家の当主が、近代国家の伯爵となり、住まい(別邸)として建てたのだった。万翠荘はレトロな建物。ここ、坂の上の雲ミュージアムの建物は全面ガラス張りの現代的な建物。万翠荘は「明治大正ロマン」、坂の上の雲ミュージアムの建物は「現代モダン」と対象をなしている。
 

DSC07995

 拡大。中世の城のようだ。

DSC07996


続きを読む

道後温泉本館(愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記4(最終・エピローグ)

 2019年1月 道後温泉本館(愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記4(最終・エピローグ)
 

 道後温泉にやってきた。幼稚園のとき以来(多分)の入浴であった。入浴の前後の行動について、少々備忘録的に書いておく。

 一旦、道後を離れ、松山城と「坂の上の雲ミュージアム」に行った。
 その後、県庁前駅から市電に乗った。道後温泉駅に戻る。電車内は混雑していて、座れない。大街道駅ででいくらか乗客はおりるのだが、座れない。運賃は160円均一で、現金で支払った。降車するときに支払う仕組み。
 路面電車は、車の赤信号でも停車するので、終点の道後温泉駅まで15分くらいかかる。道後温泉駅には、大勢の人が電車を待っていた。市内中心部方向などに向かう人達である。
 再び、アーケードの商店街を道後温泉本館へ歩く。坊っちゃん電車の前では、韓国人が大勢撮影している。実は市電内においても乗客の多数は韓国人や中国人であった。会話する言語が日本語ではないので、分かった。

 ↓ 駅舎の建物の正面を撮影。

   
DSC07858


 道後温泉駅も多分「30年ぶり3回目」の訪問である。前回30年前は、温泉旅館に泊まったので本館には入浴しなかったし、市電には乗車しなかったと思う。(覚えていない・・・・。)
 「1回目」の訪問は、更に昔の私が幼稚園のときだった。「坊っちゃん電車」のことは覚えている。
 当時はなかった足湯温泉が出来ていた。
 

DSC07855

 テレビで紹介していた道後温泉の新館、つまり新しい日帰り入浴施設はどこかな、と探す。
 新館「飛鳥の湯」は、アーケード商店街の外にあり、歩いていてすぐに分かった。人が多く集まっていたのですぐに分かる。
 飛鳥の湯は真新しい建物。道後温泉の「新館」というべき現代の建物。
 しかし、 ↓ 行列している。夕方になると人は引くと思ったが、新館でこの様子では、道後温泉本館の入浴は厳しいかな・・・・・と推定された。

 先の記事のように、果たして道後温泉本館に戻ると昼間以上に並んでいる。夕方になると「人は引く」という予測は外れたのだった。


DSC08039

 ↓ 帰り際、南側より。1Fの内部は上等湯のたまのゆ(霊の湯)
   と立派な玄関。高貴なお方は、ここ南側の玄関から入場したのだろう。


IMG_4862



 松山城の天守閣内の展示であったが、神社から途中歩いて来たP(駐車場)などがあって空き地が多かった区域付近、つまり本館の南側の地区には、その昔「遊郭があった。」という解説があった。展示の説明文章によると遊郭には「遊女がいた・・・・。」という記述であった。(遊郭に遊女がいるのは当たり前なのだが・・・。)
 本館の南は、山の斜面に面していたが「遊郭街だったのだ・・・・・・・・。」と知った。本館の南にある山のヘリにあたる部分のようだ。

 入浴後、外に出て見上げた道後温泉本館の三階楼閣上、櫓のような上の建物にはついていた赤いぼんぼりの光は、確かに遊郭を思わせる妖しげな光であった・・・・・。「赤い光」は人の心を刺激する・・・・。温泉と遊郭は切っても切れない歴史があるのだ。

 歩いて、先程の神社の石段をのぼり、暗闇の中、道後臨時パーキングに。(別行動していたので)5分前にツレは、車についたところだったと。

 本館の南側から昼間、本館に向かう時に撮影 ↓

DSC07841


 昔の街並みが残っているなと何気なく撮影した。山の上方向、本館の南側だ。
 空地などになっていて、建物が少ないなと感じた。

DSC07842


 入浴後、駐車場に戻るときに撮影。お寺の参道の入り口であった。坂道の両側には家などがある。更に奥にお寺があるようだ。

IMG_4863

 駐車場から車を出し。道後温泉をあとにした。
 (おしまい)

続きを読む

道後温泉本館(重要文化財) 訪問 (愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記3

 2019年1月 道後温泉本館(重要文化財) 訪問 (愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記3
 

 道後温泉にやってきた。
 ↓  豪勢な和風木造建築とあいまって、「明治・大正レトロ感」を醸し出している。南東から。
    「振鷺閣」の上、赤い光の燈籠が輝いている。その上に白い鷺がいる。

IMG_4861


 道後は「30年ぶり3回目」の訪問である。前回30年前は、温泉旅館に泊まったので本館には入浴しなかったと思う。「1回目」の幼稚園のときは、ここ道後温泉本館に入浴したことを覚えている。つまり限りなく40年ぶりに近い入浴だ。
 あのときは混雑していなかったし、すいていた。入浴した後、2階の休憩室で休んだ。広い畳の部屋があった。3階の個室ではなかったことは、確実。確かにお茶とお菓子もあったと思う。幼かったので、実際は記憶しているのではなくて、伝聞や写真であとから合成された記憶も多分に含まれているだろう。
 改修工事の直前のお正月とはいえ、ここまで混雑して、休憩室も使用できないくらい満室なのは意外であった。あのときは、すいていたから・・・(苦笑)。
 

 さて現代、2019年に話を戻す。

 私が服を脱いだロッカーの近くには「東浴室」と木札がかかっている。浴室は東西ふたつあって、交互使用になっているのだなと理解????。
 戸をあけて浴室に入る。入ると比較的新しくきれいな、浴室の床や壁。シャワーの前に陣取る。と、せっけんはおいていない。せっけんは、買わないといけいなが、置いたままにしている人もいる。洗い場のシャワーは新しいので使いやすい。
 シャワーは浴室内に12個くらいある。 
 浴室の中心にある浴槽は、思ったよりも狭い。「あれ、こんなに狭かったかな・・・」と思う。しかし、深い。真ん中に銅箱??(石かな。しかし以下「銅」で表記統一、最初は銅と思っていた。湯気で判別できなかったかな。)があり、湯が出ている。子供も入浴している。皆、風呂の縁で入浴しているので、浴槽の水面の真ん中は、人がいないのだ。 よって、人がよりかかっていない、浴槽のへりから、浴槽に入る必要がある。
 湯が出ている銅箱(本当は石!!)には、文字が刻まれているが、湯気で判読できない。「神・・・・霊・・・」などと刻まれているような。
 浴槽は深いので、正座して、お湯につかると大人の男で丁度によいくらいではないか。
 浴槽のヘリの腰かけにいないと、肩だしでは 入りにくい。10分も入っていなかったかな。 入浴前に、体をあらうのと、シャワーで、流すのに時間がかかった。 

 浴室の天井を見ると、湯気が上に抜ける構造になっている。浴室には窓がない。閉鎖された区画で、廊下と壁が背中合わせの構造になっている。
 脱衣所を出るときに、西の浴室があって使用できる事に気付いた・・・・・。最初は、「西」に気づかず(東があるので、西もあると思ったが、特に確認せず)、西には人が出入りしていなかったので入ることは出来ないと(勝手に)理解。人が出入りしていれば、私も「入浴可能」と気付いたと思う。私が着替えた後に「西」から裸の男が二、三人でてきて、驚いた。
  西浴室も銅製(本当は石)の湯箱が、一つあるようだ。よって広さは同じようだ。以前、幼稚園のときに入ったのは、東西のどっちだったかな??。「あれ、こんなに浴室は狭かったかな。」と思ったが、覚えていない。
 「西」にもはいろうかと思ったが、冬で厚着しているし、一旦着衣したのにまた脱ぐのも面倒なので、ヤメた。

 脱衣所の東西に上からの木製の階段がある。 休憩室から直接脱衣所に おりてくることができる構造だ。
実際、浴衣姿で上から降りてくる人もいた。

 以前のNHKの「坂の上の雲」のドラマの撮影では、この神の湯での撮影だったかな??。海軍に入った真之が 風呂に一斉に入り、集団生活を送るシーンであった??。別のシーンだったかな??。
 (ドラマのラストは、レンガ造りの建物の廊下を軍服姿の真之がコツコツと靴をたてて、歩くシーンだった。)
 

 廊下に出るが、浴室は内側の廊下に壁と相対して接している。例の湯箱も、廊下と背中あわせだ。廊下に本館の案内パンフが置いてある。男湯は 確かに、浴室が東西のふたつある。パンフには、本館の見取り図のイラストが描いてあるのだ。反対に女性用の「神の湯」は、浴槽がひとつだけ。しかし、湯箱は2個ある。 

 構造のイラストを見ると、やはり上に湯気と湿気が抜ける構造だ。脱衣所の窓はしまっているが、外の広場に面している。浴室の真上は休憩室も無い構造となっているようだ。
 入口付近は、下駄箱だけで狭い。よって、休憩は二階以上に行かないと座るところも無い。実際は、改札の内側に籐のイスはいくつかあるのだが、入浴し、お顔のほてっている女性達に占拠されている。

 イスは女湯の奥の出入り口付近の廊下にあるので、男は利用しにくい場所だからかな。もっとも、霊の湯へも女湯の壁を過ぎて行かないと行けないと思うが。


 重文指定は玄関と南館などである。 よって、1階の浴室そのものは、文化財指定ではないのではないか。文化財指定されると改築が困難ナノデ、シャワーの入れ替えも大変だろうし。見た限り詳細は分からなかった。
 
 

IMG_4856


 改札を出て、下駄箱で靴を出し、すぐに外へ。玄関付近には飲料の自動販売機はあるものの、座る場所はほとんどないので、休憩は困難だ。

↓ 外に出て、本館の外観を撮影。撮影している人は韓国人、中国人が多い。
 私の傍らで、とある男子が撮影していた。浴室の横の外から撮影したのだが、共に撮影している女はメイクだけだと、日本人と間違う。連れの女はもう一人いて、メイクが韓国人の様相なので日本人ではないとわかるが、外見だけでは、日本語をしゃべるか、しゃべらないかの違いのみで、日本人と全く判別できない。

IMG_4857

↓ 男湯の神の湯脱衣所の外側。脱衣所からすぐに外に出ることができる構造。
浴室から直接、外には出ることが出来ない。
脱衣所の上が休憩室。満席。

IMG_4859

霊の湯の外にある、「玉の石」、盛んに観光客が撮影していた。
囲い塀の内側は霊の湯(たまのゆ)。

IMG_4860



続きを読む

道後温泉本館(重要文化財) 訪問 (愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記2

 2019年1月 道後温泉本館(重要文化財) 訪問 (愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記2
 

 道後温泉にやってきた。昨年、つまり2018年の年末以来テレビなどのマスコミでも「道後温泉本館がしばらくの間修復工事に入る。・・・・・・。」と紹介されていたのでやって来たのだ。
 改修工事の期間は7年間という。しかし、全面閉鎖で「入浴できなくなる」のではなく、順次工事しながら営業は継続する
 道後温泉本館ウェブサイトによると、2階と3階の休憩室は全面的に閉鎖となるが、第1期の工事期間は「神の湯」には入浴できるという。料金の高い「霊の湯」は閉鎖されて入浴できない。
 今回の私のように「神の湯」の入浴のみならば、急いでこの正月に入浴する必要はなかったのだ・・・・。
 
DSC08045


 日没時刻近くになって、再び歩いて道後温泉本館に。アーケードの下から本館の正面を見ると、果たしてどうであろう、昼間よりも更に更に凄い人出だ!!!。
 たくさん人がいて、昼間以上にたくさん本館の前で写真をとっている!!。何より、入浴のため切符を買うため人が長い列をつくって並んでいる。「ええー!?、昼間の方がマシやん、行列が・・・・!?。」と私は絶句。
 正月の夕方以降は、人が引くだろうというのは、大きな間違いだった。周辺には宿泊施設が多数あるから、宿泊客が自分の泊まる宿以外にも、ここ本館に入浴に来るのだよ。入浴して食事して。
 道理で昼間よりも混雑しているワケだ・・・・・・。こんな簡単なロジックを理解できないボクです・・・・
 
 ↓ 日没直後、大勢撮影している人がいるので、上部だけ撮影。
   料金表も・・・・少しだけ写っている。
DSC08040

 料金表を確認しようと近づいて見るが、並んでいる人から「撮影の邪魔なので、どいてくれ。」と言われる。何だよ。料金確認すら、ゆっくり確認できない・・・・・。んでもって、入浴システムがよく分からないぞ!!。

 仕方ないので、料金体系の理解は後回しにして、道後温泉本館に並ぶ。だから、最初はなぜ並ぶかわからないのだ。もう一本列があるし・・・。並んで、人が進んでは、係員の青いはんてんをきた男性が人の列を停めている。
 入浴の切符売り場の前でとめいるのだ。 どうやら、中が混雑しているので、浴室があくと、順次ロープをあけて切符を販売しているらしい。整理している係員のおじいさんに次々に人は切符の買い方や種類などについて、聞く。 韓国人もきいてくる。英語で、又はたどたどしい日本語で聞いてくる。見ていると、特に韓国人女性のメイクは、日本人と同じであるので外見では外国人と分からない。
 係員のおじいさんは「あっちで聞いて」と切符販売を中止して手間をもてあましている、窓口のおばさん2人に話をふっている。

 おじいさんによると「休憩室ありの入浴は予約が必要・・・・。」と言う。もう一本の列の意味がやっと分かった。休憩室の予約は1-2時間位待ちという。
 私が並んでいる列は「こっちは、入浴の人の列」と。つまり、休憩室を利用する人は予約が必要なので、通常のキップ販売の列には「並ばない」と理解した。休憩室予約と入浴切符販売は同時にできるとは聞かなかった。
 入浴のみの人は、予約の列には並んではいけない。ただ、予約のみで料金を払うのは別で、今自分が並んでいる列で支払うのかな、と思ったが分からないまま・・・・・。

BlogPaint

 列を停めて順次販売する理由は「20人くらいくらいしか(浴室に)入れないから。」という。
 列が進んで、やっと料金表が見えてきた。料金表には、休憩ありの料金、霊の湯の料金も表示さてあるのであるが、どこで何のを切符を買うのか、予約の必要があるのか、など詳細は分かりにくい。

 私は予約はしないので必然的に「入浴のみ 410円、神の湯」にした。
 
 「霊の湯」は休憩室付きでしか販売がない。つまり、予約が必要ということ。
 二階席と、三階席では 料金が違うし、二階の休憩室(の券)では「霊の湯」には入ることができない。 
 霊の湯は、本館の奥にあって、上等の小さい浴槽のようだ。
 係員のおじいさん「20人くらいしか 入れないから、少しずつ入れている・・・・。」と来る人聞く人に繰り返し説明。質問が相次ぐので、一回だけ大きな声で「休憩室(の予約)は、あっち(の列)です。」と声を出した。


DSC08042


 列の一番前になって、数分さらに待った。やっと、開放されて券を買う。結局30分近く待ったかな。 
 待つ途中で「宿で入ろう。」と本館での入浴を、やめて列を離れる人もいた。宿の浴衣で来ている人もいる。寒いが・・・・。
 本館に入り、下駄箱に靴を入れる。鍵つきである。外からたくさん見えた、あの靴ばこである。浴室に行くには、館内に更に改札があり、はんてんを着た女性が1人で入浴券をちぎる。ただし、タオルの貸出やせっけんの販売などの販売もここ改札。現金の、やりとりをするのでここでも、時間がかかる・・・・。
 貴重品は、どうしようかと思ったが、ロッカーは無いようなので、荷物をもって改札をはいる。 左手に男湯の入口がある。右の奥には女湯らしい。

 ↓ 帰り際に撮影。出口から見た靴箱と浴室への改札。

DSC08043

 改札内部の廊下の籐イスには、女性がすわっている。 入浴を終えた後らしい。と、廊下に コインロッカーがある。 入れようとすると「中にもあるよ。」と係員のおじさんがしてえてくれるので、荷物を持ったまま、男湯の脱衣所に入る。

 脱衣所には木製のロッカーがある。すべてカギつきである。カギには、ゴム輪がついていて、手に巻いて風呂に入ることが出来る仕組み。ロッカーは大きいので、コートやリュックも入る。 

 と「東浴室」と木札がかかっている。その内部が浴室になっていた。

 ↓ 出口付近、館内には靴箱(下駄箱)がたくさん設置。
  しかし、休むスペースは無い。入浴するとすぐに出ないといけない仕組み。

DSC08044



松山市 鍋焼きうどん 食事2

 2019年1月 松山市 鍋焼きうどん 食事2

 ここは、道後温泉(愛媛県松山市) 入浴前に食事です。

 鍋焼きうどん 追加料金で大盛り、ただし「卵とじ無し」で注文をした。
 通常の松山「鍋焼きうどん」は卵とじ「あり」であろう。

 店内には、愛媛県のガイドブックが置いてあるので読む。松山名物 鍋焼きうどんの特集ページがあり、ここ「鍋焼きうどん MANMA」が鍋やきうどんで一番大きい枠記事で紹介されている。読んでいると、料理がやってきた。
 土鍋ではなく、アルミなべでやってくるのが大きな特徴。そのままガスコンロにのせて、温めるのであろう。
 うどんは「讃岐うどん」とは異なり、柔らかい。讃岐のような生めんではない。関東のうどんのような、「やわ麺」というのだろうか。つゆは、モチロン関東のしようゆベースとは異なり、薄味のやや黄色いスープである。いりこと昆布の出汁かは、私には分からない。
 出し巻玉子とアゲとかまぼこと薄切りの肉が付く。

IMG_4836

 トッピングとして、いなりずしといりこの揚げを注文。メニューでは「いりこの昆布のかき揚げ」とはなっていたと思うが、昆布の深緑色にコロモはあまりついていないが、小魚を加工したものを揚げたトッピングだ。
 稲荷ずしの皿は砥部焼きかな??。


IMG_4843

 いりこと昆布のかき揚げは、本当に不思議な形と味だ。昆布の揚げ物のようであるが、小魚の揚げ物なのだ。
 この日は、正月のためで短縮営業だった。午前11から15時くらいまでの営業時間だったと思う。
 座ったカウンター席の窓からは、ひっきりなしに車が通行しているのがみえるし、音もする。臨時駐車場の入口の下にあたり、渋滞している。先程、私達が停めたときは、坂道の下では渋滞していなかった。


IMG_4839

 窓からは「1月5日入試合格祈願祭」と書いてある看板が目立ちました。
 お店の壁には、ここで食事をした芸能人のサインがいくつか書いてあった。
 正午を過ぎたので、店内も混雑してきた。私らの座っているカウンター席の横には、熟年の男女が2組座ったし、スマホで「バシっ」と音を出して撮影している家族連れもいた。

IMG_4841

 鍋焼きうどんの店は、ネット検索で上位に来る店はいくつかあるが、松山市街地の「ことり」という店が一番有名?らしいが、この日は正月休みであった。私がテレビで昨年に見たお店も「ことり」であったと思う。

松山市 鍋焼きうどん 食事1

 2019年1月 松山市 鍋焼きうどん 食事1

 道後温泉本館(重要文化財)が、混んでいるようなので、お昼どきということもあり、先に食事をすることにした。 
 松山の名物の食べ物のひとつが「鍋焼きうどん」という。実は最近まで知らなかった・・・・・・・。昨年(2018年の)秋か暮れにテレビで見て知った。いや「名物」とは知っていたが、忘れていたのかもしれない・・・・・。
 お正月の寒い季節。寒いから「鯛めし」より、やっぱり「鍋焼きうどん」だよね。。
 
 テレビで「鍋焼きうどんが松山名物」と知ったとき、私は「ハッ」とした。実は思い当たるふしがあったのだ。それは「家庭料理」であった。私は子供の頃、よくカゼをひいたり、病弱だった・・・・(今もそうかな・・・。でも大人は仕事を休む訳にはいかないよね・・・。)。熱を出して寝込んでいると、母は、よく鍋焼きうどんを食事につくってくれた。小ぶりの土鍋に入っている一人前サイズの鍋焼きうどんだった。しかも、必ず「卵とじ」ありの。
 なぜ「病気のときには、鍋焼きうどん」なのかは、当時の私には理解できなかったが、昨年そのテレビを見て私はハタと気付いた。「恐らく、母は自分の母親(私にとっては祖母)が作ってくれた鍋焼うどんの記憶があり、祖母にとっては自分の母親(私の曾祖母=曾祖父とは同郷同士の結婚で松山出身)が作ってくれた料理が松山名物の鍋焼きうどんではなかったか?。」と。
 祖母自身、結婚前の本籍地は当時の愛媛県松山市であったが、松山に住んだことは戦前、戦後を通して生涯無かった。外地(戦前の日本の海外植民地、租借地)で生まれて、外地育ちであった。
 当時、祖母が家族と住んでいた外地で米を入手することは出来たろうが、小麦の方が入手しやすかったのではないか?。大陸では当時の日本本土(当時は「内地」と呼ばれていた。)よりも小麦が多く栽培されていただろう。小麦を材料とするうどんは比較的外地在住の日本人家庭の家庭内料理でもつくり易かったのではないか?、と推測する。「外地で作った松山の郷土の味が受け継がれたのではなかったか?」と。

 先程、山の上にある臨時駐車場から、近くの神社の境内を通って、石段を降りた。石段を降りたところに 「鍋焼きうどん」のお店があった。こじんまりとした個人の店のようだと感じた。昼前の時間帯だし、人も多いので混雑する前に食べたいなと思い「ここにしようか?。」とツレに聞いたが、「他にも 見てから。」ということになり、道後温泉本館に歩いたのだった。
 いざ「鯛めし」より、やっぱり松山名物の「鍋焼きうどん」だ、ということになり、再度スマホで「鍋焼きうどん」のお店を検索することにした。
  すると、先程目の前を歩いて通過したお店が載っていた。しかも、検索すると上位に出てくる。「さっきのお店にしよう。」と、再び神社の方向に歩くことにした。
 アーケード商店街の端から、先程の神社の石段が見えた。「アノ石段のたもとにお店がある。」と見定めて向かった。「混雑していないと助かるな」と思いながら。
 神社は「伊佐爾波神社」という。難しい漢字だ。先程境内を通ったときには、社殿は「重要文化財」と表示されていた。


DSC07859

 ↓ 伊佐爾波神社から石段下を見下ろす。


BlogPaint


 鍋焼きうどんの先ほどのお店に歩く。先に席をとることにして歩く。外のガラス窓から店内を見ると、空席があり、混雑していない。早くしないと、混雑してしまうことを危惧して、店内にそそくさと入る。
 お店の名前はローマ字で書いてあるが「鍋焼きうどん MANMA」であった。

DSC07857

 カウンターの中の調理場に店主がいる。中央の大きいテーブルには、男が1人で座っていたので、カウンターに自分らの席をとる。
 メニューを見る。鍋焼きうどんは600円?くらいと安い。追加料金100円くらいで大盛りもできる。玉子とじもできる。先に、ひとつだけ自分用に大盛り「卵とじ無し」で注文をする。母のつくる鍋焼きうどんは必ず卵とじであった。私はあまり、卵は好まないので、卵は無しにした。しかし、通常の松山「鍋焼きうどん」は卵とじありであろう。
しばらくして ツレがやってくる。
 店内には、愛媛県のガイドブックが置いてあるので読む。松山名物 鍋焼きうどんの特集ページがあり、ここ「鍋焼きうどん MANMA」が鍋やきうどんで一番大きい枠記事で紹介されている。
 私は次に訪問する予定地の松山城の場所、道後から市電での行き方を確認するべく、市内の地図を見て位置関係を把握。

DSC07856




道後温泉本館(重要文化財) 改修工事開始前 入浴記1

 2019年1月 道後温泉本館(重要文化財)  (愛媛県松山市) 改修工事開始前 入浴記1

 お正月といえば、寒い。「寒い」といえば「温泉」。 一般に日本のお正月は寒いからね・・・・・・。


 今年は、はるばる道後温泉にやってきた。昨年、つまり2018年の年末以来テレビなどのマスコミでも「道後温泉本館がしばらくの間修復工事に入る・・・・・・。」と紹介されていたので、やって来たのだ。
 改修工事の期間は7年間という。しかし、全面閉鎖で「入浴出来なくなるので」はなく、順次工事しながら営業は継続するという。だから、急いで行く必要は無いのであるが、私は「無理に」やって来たぞ・・・・・・。それなりに、来た理由はあるのだけど・・・・・・
 私が松山市内に来るのは瀬戸大橋が開通した年の夏休み以来、実に30年ぶりだ。しかし、松山の近くを通ることはあった。2016年の夏にも松山市内の近隣や石手寺の前は通ったが、道後温泉や松山市内の別の場所にある先祖の墓参には行かなかった・・・・・。
 「30年一世代」という言葉のように、あれから月日は流れ、世代は替わり、松山に自分の両親の墓参をしていた祖母も数年前に亡くなった。せっかくの機会なので、再び松山を訪れることにしたのだった。
 メインの目的は「道後温泉本館(重要文化財) 改修工事開始前 入浴」だ!!。なので、タオルと下着の着替えの「入浴セット」は事前準備して持参している

 車は、臨時の無料駐車場に停めた。初もうでの客で混雑する神社の境内を通り、石段を下り、坂道を下り、温泉本館に歩く。先ほど、駐車場に向かう前、車で道後温泉本館の目の前を通過した。
 あのとき(30年前)は、車を運転できる年齢ではないので、歩いて通ったが随分と本館付近は区画整理されていて、道路も新しかった。「あれ、こんな風景だったかな・・・。」と運転しながら、思った。
 さて、駐車した場所から歩いていくと、道後温泉本館の裏手に出た。

DSC07844

 ↓ 私が30年ぶりに見た道後温泉本館の拡大。 

 マスコミで見たところ「重要文化財に指定されている・・・・」と解説していた。いつ、文化財指定されていたのかは、知らないが、以前訪れたときは「昭和時代」だったので、指定されていなかった??と思う。 
 「文化財」として見ると、この裏手の玄関は随分と立派だな、と思った。たぶん、高貴な人を迎える玄関だろう。だから、一般客用には使用せず、普段は閉鎖しているのだろう。

DSC07845


 更に歩いて本館の表に回る。

 と、どうであろう、凄い人出だ!!!。たくさん人がいて、本館の前で写真をとっている!!。何より、入浴のため切符を買うため人が並んでいる。「ええー!?、昼間から行列か・・・・!?。」と私は絶句。
 昼間から混雑している・・・・・・。この正月限りで、修復、改修工事に入るというので、メディア露出が多かったため観光客が例年以上に大挙して押し寄せたかな。


BlogPaint


 ↓ 行列しており、入浴は躊躇したので、建物の側面に回って撮影。
   出口付近、館内には靴箱(下駄箱)がたくさん設置しているのが見えた。

DSC07846

 軒下から見上げると立派な造りだ。明治時代のガス灯のような街灯が設置されている。
 豪勢な和風木造建築とあいまって、「明治・大正レトロ感」を醸し出している。

DSC07847

 道後温泉といえば「アーケードの商店街があった・・・・。」と記憶していた。果たして、本館の前から伸びるアーケード街があった。アーケードの下を歩く。
 と、「丸水」のお店があった。以前も行った宇和島の鯛めしの有名店である。このときの時刻は正午前であったが、店の外まで人並んでいる。 
 更に歩く。と、アーケード屋根が途切れている。「あれ、短いな。アーケードが・・・、もっと長かったと・・・。」と 思った。と、見るとアーケードは途中で曲がっている。更に長いアーケード街があった。「ああ、ここだ。こんな風景だったな。」と思い出した。この付近は「30年ぶり3回目」の訪問である。前回30年前は、温泉旅館に泊まったので本館には入浴しなかったと思う。
 訪問「1回目」は私が幼稚園のときだった。すると、道後温泉街を歩くのは更に久しぶりとなる。
 更に歩く。アーケード街の途中には、さぬきうどん店もあった。さすがにここは、伊予の国。「讃岐」はすいていそうなので入ろうとしたがせっかくならば、伊予名物をと思い、入ることをやめた。
 更に歩くと、市電の道後駅の駅舎前に出た。 
 「丸水」とは別の松山の鯛めしの店があった。二階にある店なので、ここで食事をしようかと近づくと既に並んででいる・・・・。
 では松山名物「鍋焼きうどん」の店に行くことにした。 

DSC07853

 ↓ 本館を背にして左折の方向にアーケード街は続いていた。

DSC07854





プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ