良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

各地の公立・公設博物館、科学・博物施設

 

2019年1月 岡山県立博物館 「冬季展」 見学2

2019年1月 岡山県立博物館 「冬季展」 見学2
 

 ここは、岡山県岡山市。正月、無料公開中の後楽園に行った。(旅行記は後述する。)
 隣接している「 岡山県立博物館 」も無料となったので、に行くことにした。

  ↓ 常設展示室における刀剣の展示。

 まずは、1Fの右手に刀剣の展示室がある。刀剣ブームの影響か、見学者は多い。室内の撮影は不可であった。室内の真ん中の平ガラスケースには、刀剣の付属品、鍔などの展示がある。
 「刀の重さを体験しよう。」というコーナも。刀剣の見本が持ち上げられるようになっている。勿論、鎖で繋がれ、強化プラスチックケース内にある見本。片方の手だけを入れて持ち上げることができるようになっている。鉄なのでやはり、重い。片手では、ずっと持っていると手が疲れるなあ、と思った。
 太刀の展示が中心である。短刀やなぎなたなどの展示もある。現在、ここ岡山県立博物館に寄託されている国宝 太刀、通称名「山鳥毛」(個人所蔵)の購入に関する寄付のお願いのチラシもあった。

DSC07813

 刀剣の展示室、刀剣の重文は2点あった。展示リストがないので分かりにくい。(あとで、ウェブサイトを見たら、展示リストが掲載されていたが、博物館内には置いていなかったように思う。見つけることは出来なかった。)
 「備前」は刀剣の生産地として大変有名である。美濃などと並んで、備前は重要な生産地であった。「五箇伝」という言葉は昨年知ったばかりだ。相模もそのひとつとは、知らなかった・・・。
 現代において、刀剣といえば、美濃、次いでここ備前ではないか?。しかし、岡山在住中は「備前の刀」も、もうひとつの岡山名物「備前焼」にも全く関心がなかった・・・・・・。でも長船(おさふね)周辺が刀剣で有名とは知っていたよ(言い訳)。

 重要文化財 「太刀 銘 則宗」 鎌倉前期。福岡一文字派の祖。反りは高い、3.3センチ。「そほ身の刀身。刃文は、小乱と小丁子のある直刃調。直刃という。持つところの穴は二つあった。長さは80センチという。

 重要文化財 「太刀 銘 長光」 鎌倉中期 。長光は、衰退した福岡一文字派のあとの長船派の人という。持つところの穴は一つだった。反りは、2センチ、長さ73センチ。
 福岡一文字派は、鎌倉時代の前期から中期にかけての時代までで、長く続かなかったようだ。

 次いで別の展示室では、戦国から藩政時代の展示。原則として撮影は可能であった。昔の船の展示もあった。
 藩政時代、藩祖 池田光政の事績の紹介がかなりの部分をしめた。光政の事績の説明では「池田利隆の嫡男で、姫路、鳥取を経て、岡山に入部したと。」いうような紹介の展示だ。名君とたたえられている。
 後楽園を創設したのは、光政の子の綱政であるが、あまり紹介はない。(綱政には、子供がたくさんいたはず。)
 「初公開」として木山神社の「神狐」像が展示されていた。
 特に文化財指定はないようだ。↓ 博物館のポスターにその写真が掲載されている。
  このフロアの展示物のなかでも「神狐」像は撮影禁止であった。

DSC07822

  館内の様子。 後楽園の木製の水道管。
 園内には木の管を通して水を供給していた。

DSC07811

 続いて印象に残った展示を挙げていくと、法然上人絵伝の複製があった。48巻のうちの巻1の複製。
 
DSC07812


 池田利隆の書状の展示があった。異母弟の忠継が1603年の小早川秀秋の死亡後に岡山の領主となった。利隆自身は、姫路領主。
 忠継は家康の孫(娘の子)なので優遇されて独自に岡山領を与えられたようだ。

DSC07814

 閑谷学校の絵図。複製品。

DSC07815

 後楽園の説明や歴代 池田家の当主の系図や説明があった。
 光政を祖とする岡山 池田家の当主は、「左少将、伊予守」が多い。位は、従四位下だったであろう。
 侍従の当主もいる。左少将になる前に死亡したのだろう。備前 岡山藩なのに「備前守」ではない。
 幕末の当主 茂政は、掲示の系図を見る限り、初めて備前守となっている。

DSC07816

 同じ室内の別のコーナーはうってかわって、昭和初期??の民家の復元。

DSC07818

昔の船の展示。高瀬船であるので、川の渡船のようだ。
てっきり、瀬戸内海の漁のためだったかと思った。
詳細は忘れた・・・・。
一番、目立つ展示品であった。

DSC07819

DSC07820









2019年1月 岡山県立博物館 「冬季展 岡山藩主の書画」 見学1

2019年1月  岡山県立博物館 「冬季展 岡山藩主の書画」 など見学1
 

 ここは、岡山県岡山市。
 愛媛県松山市にも行ったが、岡山にもやって来た。(旅行記は後述する。)

 毎年「後楽園」の正月無料公開があるので、正面門の近くにある「県立博物館」も「無料公開」であるのでついでに行くことにした。後楽園に来たのは、十何年ぶりだ・・・・・。
 かつて、後楽園の無料公開には来たことがあったが、県立博物館が隣接していて、同じく無料公開を実施しているとは、知らなかった・・・・、というより、覚えていないのかも・・・・。 
 県立博物館、県立美術館ともに在住中は来たことが無かったと記憶する。博物館については、無料公開のときにこの日と同じく見学したのかな~?、全く記憶にない・・・・・。

 ↓ 入口の正面を撮影。「無料開館」の大きな告知。

DSC07808


 寒い日だったので、博物館の入口を入って、ロビーで温まる。と、戦国のカブト、体験コーナーがあった。


DSC07810

 お正月らしく「岡山藩主の書画」でも見学しようか、と二階の展示室に階段を登る。右手の展示室は、原始時代から古墳時代などの土器など出土品の展示。

 岡山で一番有名な藩主は、池田光政であろう。その子、綱政、更にその子、継政の書も展示があったと思うが、覚えていないのだ・・・・。
 綱政は、後楽園を造営した当主とされているが、実際はフツーというか、凡庸な殿さまだったようだ。子だくさんとしても有名であるが、あとを継いだのは、将軍綱吉の諱を賜った吉政ではなく、小さい子どもの継政。継政の後継はうまく行かなかったと思える。
 (旧閑谷学校にも行ったのだが、光政の子、綱政については暗愚だったというような説明の看板を掲示していた・・・。)
 
 継政の次の藩主、池田宗政の書もあったと思う。

 更に次の藩主は池田治政。大きく「亀」の、一字の書。崩して書いてある。読めない。

 「思秋」とある書は、池田齊政のもの。解説には「治政の嫡男」とある。小さい横書きの書である。

 次の当主は、斎敏である。説明には「齊政の養子で、島津齊興の次男。」とある。
 島津齊興の長男は、有名な斎彬であるが、展示の説明にはない。
 実は、先(12月のミニ旅行で行った)に展示を見た佐賀 鍋島家の当主、直正(将軍 家斎から、拝領した片諱を返上するまでは、斎正)の母方のいとこにあたる。鳥取の池田家の娘が、島津齊興の正室であり、その子が、島津齊彬と池田斎敏。家系としては200年くらいさかのぼるので遠いが、池田輝政の子孫でもある。(女系で別の池田家の血筋もあるかも知れないが)
 その縁で、岡山 池田家の養子となったようだ。この時点で、光政の子孫の男系当主は絶えることになったのだろう。

 斎敏の「寿福」の書は「壽」と旧字である。(昔の書だから、当たり前であるが・・・・。) 説明によると「長寿を願う言葉」とのこと。斎敏の「楽園」の号も、揮ごうの横にかいてある。しかし、斎敏は、わずか31歳で死去したとある。長寿を願う書を書いていたのに、何とも皮肉である。元々病弱だったから、かえって健康長寿を願ったのではないだろうか?。 

 次は、奥平昌髙の子、慶政。(つまり、有名な島津重豪の孫)
  自分の号は朱色で書いている。「鶴宝」と縦に豪快に書く。しかし、「鶴」が崩し文字で読めない・・・・。「豪快」(いろんな意味で、しかも、子だくさんの)な重豪の孫らしい、自由な書だ。


 次の代の茂政や章政の書がある。共に養子である。茂政は、水戸藩の斎昭の子、つまりのちの最後の将軍、慶喜の弟である。

 次の藩主 章政は「人吉藩主の相良頼之の子」と展示説明にある。相良家の当主は、宗政の子が養子に入り、その子孫なので男系で輝政、光政の血筋の筈。男系が維持されたことになる。

DSC07817


 今回の冬季展示での一番の目玉展示は、岡山藩主 池田家 歴代当主の書のようったので、他の展示はざっと見たのみて、覚えていない。


 ↓ 博物館の反対側に、後楽園の正門がある。
   無料公開中だった。

   
DSC07807






続きを読む
プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ