良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

兵庫県

 

神戸 住吉・御影付近 散策2 2018年春 大阪・京都桜のたび18 (神戸特別編)

 神戸 住吉・御影付近 散策2 2018年春 大阪・京都桜のたび18 (神戸特別編)

 4/15
 今年も再び、タイトルの如く京都、大阪(及び神戸も)などを旅する機会を得た。
 昨年は、大阪の「造幣局桜の通り抜け」の桜がちょうど見ごろであったので、メインだったかな!?。今年もほぼ同じ時期の旅となった。
 
※ 記事を書いているのは「2019年」のこと。旅行記は「2018年4月当時」のものである。

 阪急電車に乗り、阪急岡本駅に。白鶴美術館を鑑賞、見学にやって来た。一通り見た後、館を出て、御影駅に
徒歩で坂を下ってに向かった。
 阪急御影駅からは、上り坂を15分くらい歩いた。帰りは、下り坂なのでラクチンだ。
 ↓ 途中、水車を発見した。

DSC03783



  ↓ 白鶴美術館の前からの眺望。
 「どんより」とした、花曇り・・・・。大阪湾上空にも厚い灰色の雨雲が停滞している。

DSC03776

 大阪湾を望む坂道のソメイヨシノの桜並木は、既に葉桜になっている。
 右の建物が白鶴美術館の別館。

DSC03762

 ほぼ、往路と同じ道を歩く。途中、別の道も歩いてみようかな、とプラプラする。
 と、神戸市指定文化財「乾家住宅」 があった。ガイドブックにも掲載されている、有名な洋館である。見ると空き家になっているが、隣接して下側の敷地に現代様式の住宅がある。

 門は閉ざされていている。洋館の2階部分はよく見えた。

DSC03779

 住宅と庭園があるようだ。一般公開はされていない。

DSC03778

  狭い住宅地の道を歩いて下っていく。高級住宅地の持ち主は、神戸という土地柄、貿易関係などの会社経営、医者などの家だろうか。住宅の表札をみると「孫×」や「陸×」などの苗字などもある。
 
 坂の多い土地。俺は、年をとったら、すめないな・・・。既に膝が痛いので・・・。歩くのが辛い・・・。高級住宅地といっても、昔の洋館ばかりではなく、ほとんどは、現代住宅であるが、空家もちらほらある。
 古くからの住宅地は高齢化も着実に進んでいて、高齢、相続などで居住者不在になるケースは相次いでいるであろう。

DSC03780
 
 かつてのお屋敷地らしき土地。分割して、分譲かどうかわからないが、販売している。
 視界が開けて、六甲山の上の方向が見えるかな・・・、と思ったが、中腹から上は厚い雲がかかって、山容を見ることは出来なかった。

DSC03781

 水車がまわっているところがある。 水路があり、勢いよく、水が下がれている。この付近から下流が酒の産地であると解説がある。有名な「灘の酒」である。酒は灘、「はくつぅーるー・・・」のCMでおなじみの白鶴のお酒の名前を冠した白鶴美術館もここにある訳です。



DSC03784



 「灘目の水車」と説明にある。
 山田太郎車、次郎車と名付けられている。上流には、もっとたくさんの水車があり、名前がついている。88か所あったという。住吉川の上流から水を引いているそうだ。
 江戸時代から、菜種の油絞り、製粉、酒米の精米などに利用されていたと書いてある。
 上流には、湧水がいくつかある。灘の酒が発達した理由がわかった。六甲山のふもと、花崗岩質の地層から、湧水が湧いているのだ。水はけがよい高層な土地である。御影石の産地で知られることは既に書いた。
 夏目漱石も著書の小説「坊ちゃん」で道後温泉がモデルとなった温泉場で温泉浴槽の石のことを「花崗岩(みかげいし)で磨きあげ・・・・」と書いているし。

DSC03782


 下りは白鶴美術館から徒歩で10分とすこしで、12:00頃御影駅に着く。再び戻って来た。時刻は、昼になった。御影駅の北口には簡単に食事ができるところがないようだ。御影マンションモールはあるが、テナントで入っているのは本格的な高級レストランのようだ。オレが簡単に入ることができるレストランではない。駐車場には、食事にやって来たと思われる人々が入っていく。高級車やタクシーで乗り付けしている。
 12:02 御影駅発の阪急電車で再び梅田方面に出発した。
 



神戸 住吉・御影付近 散策 2018年春 大阪・京都桜のたび17 (神戸特別編)

 神戸 住吉・御影付近 散策 2018年春 大阪・京都桜のたび17 (神戸特別編)

 4/15
 今年も再び、タイトルの如く京都、大阪(及び神戸も)などを旅する機会を得た。
 昨年は、大阪の「造幣局桜の通り抜け」の桜がちょうど見ごろであったので、メインだったかな!?。今年もほぼ同じ時期の旅となった。
 
※ 記事を書いているのは「2019年」のこと。旅行記は「2018年4月当時」のものである。

 
 梅田駅から阪急電車に乗る。9:50発の阪急の特急電車。次の停車駅、十三駅からたくさん乗ってくるな。乗換駅であるし。
 特急は岡本で降りる。ここで乗り換えて、普通電車で御影駅へ。神戸市内に久しぶりにやって来た。神戸には観光で来たことは無い・・・・。通過することはよくあったし、今でもある。昔、出張で地下鉄で新神戸から地下鉄で移動したことはあったが、阪急で神戸市内入りは初めてだったと思う。


 ↓ 神戸市 白鶴美術館の前から大阪湾、神戸港の方向。

DSC03759

 

 ↓ 阪急 御影駅前。
 神戸は山がせまっていて、海も近い。電車も山側から、阪急、JR、阪神と三本も走っている。三本の線路は、歩いて行くことができるほどの距離だ。海と山に挟まれた狭小の土地に三本の電車は、多いのか、少ないのか。

IMG_1957

 駅前も山が迫っている。斜面地だ。折からの雨模様の天候で、雲が凄い。「うわー、雲が低いよ。」と思った。グレーの雨雲。海から湿った空気が上昇気流に乗って、六甲山から下って来た冷たい空気にひやされて、雲が発生している。雲が山の斜面にかかっている。
 付近は住宅地なのに、雲が生まれているよ。マンションのすぐ上の空で雲が生まれているよ

IMG_1956


東の梅田方面。撮影はしていないが、ひところ冬のオリンピックで有名になったゆずる羽神社の大きな看板があった。

IMG_1954

御影の 駅の 山側におりるが、全く美術館の案内もない。住宅地図の表示がない。防犯上の理由だろう。
白鶴美術館へ住宅地を歩く。

IMG_1958


IMG_1960


段々、坂の傾斜がきつくなる。高級住宅地であるが、歳を取った後は、歩くのは大変ではないかと思った。車の運転も道が狭いし、斜面がきついし、大変かも・・・。
傾斜地に洒落た住宅が並ぶ。

そして、白鶴美術館の前までやってきた。

DSC03755

持ってきた地図によると目の前は住吉川である。
急斜面の側だ。川というよりは、滝のようだ。住宅地の合間をすごい斜面で下っている川だ。六甲山から一気に下っているような感じ。

下流は灘の酒で有名な酒どころであろう。

DSC03758

橋の拡大。↓
沖合には、大型船が浮かんでいる。神戸港というよりは、現在見えているのは、大阪港やその背後の、泉州方面の山々であろう。

DSC03760



プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ