良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

資料館・記念館、まとめ

 

土門拳記念館 企画展「土門がとらえた世界遺産日本遺産」 酒田市 鑑賞1 2018年8月

 土門拳記念館 企画展「土門がとらえた世界遺産日本遺産」 酒田市 鑑賞1 2018年8月

 山形県酒田市にある土門拳記念館にやって来た。
 新潟市に続いて「日本海沿岸の旅」が続きます。「庄内地方」にやって来るのは初めてだ。
 
 お盆休みの期間中。この日の天気は曇天というか、晴れというか。太陽は照っているが、雲が多い。あるが、暑い。蒸し暑い。日本海側といえば、フェーン現象で気温は高いが、湿度は低くて「カラリ」としているのかと思っていたが、マジで蒸し暑い。湿度は高い。70%以上はあるのではないか?。曇天を裏付けるように、酒田市から間近に見える筈の鳥海山が見えないのだ。裾野の部分が少し見えるのみ・・・・。なんか、おかしいぞ。

DSC04906

 運動公園もある広い公園の一角に記念館はある。駐車場は広い。
 でも陽射しを遮るものがない。時刻は13時頃・・・。一日で一番気温の高い時間帯。マジでぶったおれそうだ・・・・。

DSC04905

 酒田市の観光案内図。記念館は、市街地から最上川の河口付近の橋を渡った、南側にある。


DSC04907


 今回の企画展は「土門がとらえた世界遺産日本遺産」というタイトル。特に目玉の展示は、あるるのではないようだが、通常の土門拳の作品展示と思われる。夏の観光シーズンに合わせてのテーマかな。
 駐車場から、館までは結構歩く。木陰がない。しかし、冬の天候が悪い日は吹雪となることもあろう。
 建物の入り口に向かうエントランス通路には海の方向に壁があり、吹雪を防ぐような構造になっている。↓


DSC04915

 館の建物はコンクリートのモダン建築であるが、入口は小さい。分かりにくい。
 入館してチケット売り場は1つしかない。

DSC04916

 廊下を歩いて、展示室へ。
 土門拳、著名な写真家であり、その作品は知らなくともその名は聞いたり、見たことがあるであろう。作品を見れば撮影者は知らなくても「あっ、その写真見たことがある。土門拳だったのか。」と思う人は多いだろう。私もその一人だ。
 土門の出身地、酒田市に記念館があるのだが、開館は1983年で土門の存命中のこと。館内に掲示されている年賦を見ると、土門の生まれは酒田であるが、7歳くらいまで酒田で過ごした後は、横浜に出ている。横浜二中に入学している。

 廊下の延長のような展示スペースに、パーテーションを立てて「筑豊のこどもたち」の写真展示があった。昭和34年の撮影。
 土門本人が書いた文章も作品の横に添えられている。展示の解説によると「筑豊のこどもたち」の写真集は10万部売上げ、ベストセラーとなったそう。
 展示リストによると
 閉山した鉱山・・・ボタ山の写真
 小ヤマ・・同じく鉱山だった地域の風景写真
 子だくさんの炭住街・・・子供がたくさん写った長屋住宅の写真があった。
 「あきれるくらい子供が多い・・・・。」と土門の文章が添えられている。現在「段階の世代」と名付けられている世代が子供だった時代なので、子供が多い。「あきれるくらい・・・」という表現が印象に残った。戦後、生まれたかけがえのない命を軽視するような文章・・・。結局「子供を大切にしない戦後の世の中」をつくってしまったから、現在「少子化」と言われて慌てるようになってしまったのでは?。団塊ジュニア世代の私は強く感じる。今さら、方向転換して「子は宝」といっても手遅れだよ。少子化の流れは止まらない・・・。「子は宝」とは昔から言われていたのだけどね。戦後10年と少ししかたっていない時期なのに「閉山による炭鉱地域の貧困問題」が既に発生しているとは・・・・、この貧困は敗戦直後の状況と変わらず、昭和20年代から、ずっと継続してるのではないか?、と感じた。
 「父のない母子」や「母の無い姉妹」の写真が展示されている。
 「父のない母子」・・・8歳くらいの子と4-5歳くらいの子の写真。
 「母の無い姉妹」・・・るみえとさゆりと姉妹の名前が書いてある。
 
 ショップは、入り口付近ではなく、この展示室の途中にあった。写真集など書籍の販売もしている。
 やや低いフロアは、メインの展示室のようだ。 企画展「土門がとらえた世界遺産日本遺産」の作品展示である。一番最初に「古寺巡礼」 と本人揮毫の額縁が展示してある。震えるような、しかし大胆な揮毫である。脳出血で倒れた後に書いた文字だそうだ。次いで法隆寺の写真である。
 最初は「中門列柱」・・・回廊に柱が並んでいる、有名な風景の写真。
 次いで「西院金堂全景」、「東院夢殿露盤」。「露盤」は夢殿の屋根の上に載っている金具であって、その上に半月が輝いているシーンの写真。
 次いで法隆寺の仏像の写真なとが展示されている。

 最初の戦後しばらくたってからの作品も多く、カラー写真作品も多数ある。










 


旭川兵村記念館 見学② 平成27年度特別展「旭川兵村 公有地の開拓」

 2015年9月21日の月曜日、北海道旅行2日目。
  
  
 「旭川兵村記念館」にやって来た。旭川神社の境内と隣接している。神社の社殿の手前に博物館の建物がある。

↓ 旭川兵村記念館の建物の横に「加藤の松」がある。 
  展示室に資料のあった、故・加藤少将ゆかりの松で、移植したと説明にあった。
DSC03899

 ここ出身のパイロット 加藤建夫少将ゆかりの松で移植されたそうだ。

 学校は校門のところに「旭川市立旭川中学校」と校名がある。門はあるが、学校地の周囲はフェンス、塀で囲っていない。土地が広いし、防犯上も問題無いので、必要ないのだろう。
 「なぜ、旭川中がここにあるのか??」と思った。旭川の街はここから西にある。旭川の中心街からは遠い。なのに、ここは「旭川中」、そして「旭川神社」もここにある。

 公有地の開発の特別展があった。三つの屯田村。当麻、忠別、旭川があったそうだ。永山を入れると四つになるが、記憶違いだろうか。
 特別展の展示室は、常設展よりも小さい。再び館の方が説明をしてくださる。私達の他に見学者がいない。貸切状態での見学であった。
 まず最初に「公有地とは何ですか?」と聞いてしまった。というか、一般に「公有地」と言われても分からない。国有地のことだろうかと思った。自動的に北海道の地は、国の土地「国有地」になったのだと勝手に思っていたので・・・・。

 館の方は、展示の地図を見ながら「この辺が、公有地。下公有地と呼ばれていた・・・・。」と説明。
 「公有地」は「下公有地」と呼ばれる地域が地図で示してあり、共同で開拓したようだ。今の南側、忠別=チュウベツ川に囲まれている。屯田兵の集落から離れた森林や荒れ地付近のことらしい。
 ここを開拓して、畑や水田にしたもよう。「土地すべてが公有地ではなかったのですか?。」と聞こうかと思うが、時間もないので割愛した。理解しながら、見学するとゆうに1時間は経過してしまう。
 「公有地」に対する言葉として、「私有地」、「国有地」という言葉が頭に浮かんでは消えた。未だに解決していない・・・・。ボクの頭では(笑)。
 
  壁には、電車の写真も貼ってある。汽車ではない。電車である。旭川の市内から東旭川、旭山まで電気軌道が通っていた。電車はワンマンカーのようで、江ノ電というか、現在の都電で走っている車両のような形状だ。

 屯田兵の苗字が先ほど、常設展示の中で気になった。特に珍しい苗字は無いし、現在の日本の十大姓がことさら多いわけではない。
 出身県のグラフがあった。東旭川では香川、愛媛が多い。京都もいる。どちらかというと、西日本にかたよっている。四国といえば、私のルーツのひとつだ。気になる・・・・・、聞かずにはいられない(笑)。特に愛媛特有の氏の家は、地割り図には、あまりなかったと思うが・・・。
 「四国の出身が多かったのですが?」と聞くと「そうですね。京都出身の家も45戸いた。上川離宮計画があり、そのために京都の人が多く移住した・・・。」と新たな説明を聞き、驚いた。
 と館の方は「この辺が、上川離宮の予定地でした。結局は実現しませんでしたが・・。」と地図を示した。現在の旭川駅の更に南、忠別川と石狩川が合流する手前の南岸の河岸段丘の上と言うのが、よいのだろうか。
 本当はここに皇室の離宮が来る予定だった。
 「どうしてもここには旭川中があるのですか?。現在の街中が旭川ではないのですか?」との問いには、
 「この付近が、元々旭川と呼ばれていた。現在の市街地は忠別と呼ばれていた。」とここでもうひとつの屯田村の名前が出てきた。旭川中がこにある理由は、私にも想像がついたが、その通りだった。

 私は「(忠別とは別の)もうひとつの村 トウマは、奈良に由来するのですか?」
答「(当麻寺は)奈良にあるようですが、こことは関係ないです。」
 時間もおしてきたので、残念だが、ここで見学は切り上げることにした。
 「四国の人などここに来た人は、士族が基本なのですが?。どの藩の人ですか?。香川出の人は、高松なのか、愛媛は南予 宇和島なのか、大洲なのか、中予の松山なのか?」など聞きたかったが、質問しているとキリが無くなってしまいそうだった。

 兵村記念館の見学を終えて、車で出発したところ、道路脇の土地に記念碑があることに気付く。碑は、中学校の敷地の中にある。グラウンドでは野球部の生徒達が練習をしている。部活に連休は関係ないようだ。グラウンドが広いので、記念碑のところまでボールは飛んでこない。生徒達は盛んに声を出して練習をしている。
 見ると、屯田兵の開拓の記念碑だった。「東旭川開村記念碑」だ。
 入口付近 というか、道路の「L」字に曲がる地点にある記念碑だ。旭川中の敷地の中の道路に近い外れにある。フェンス、塀はないので自由に入ることはできる。

DSC03904

 開拓碑の説明。
 記念碑自体は明治41年8月と開拓からほど近い年代に建立されている。開拓開始から16年しか経過していない。つまり、開拓初期入植者は相当数在住していたのではないだろうか。

DSC03905


 碑文の揮毫は陸軍中将 上田有澤。かつての第七師団長で、ここ東旭川の屯田兵でも顔を知っている者は相当いたであめう。日露戦争の後、元師団長閣下を碑の除幕式に来賓として招いたかは分からないが、揮毫を頼んで碑を建立したのだろう。 
 建立は明治41年6月のことのようだ。前年の9月に日露戦争の論功行賞がおこなわれ、陸軍中将 上田有澤は男爵を受爵。萩の旅行記でも書いたと思うが、伊藤博文はこのとき侯爵から華族最高位の公爵に。森鴎外に関連して書いたが、鴎外と大学同期の上官、小池正晃は男爵を受爵している。

 標識の別の面には「屯田兵練兵場跡」とあ。村の集落に隣接してあった広場、グラウンドのような土地はここで、練兵場だったのだ。現在は旭川中のグラウンドやテニスコートがある付近を中心としたエリアだろうか。


DSC03906

 北方向。鳥居の向こうが動物園通り。鳥居は鉄で出来ており、茶色にペンキが塗られている。巨大だ。
道路の傍らには、旭川中のグラウンドがあり、野球部が練習をしていた。道路とグラウンドを区別するのは、ボールよけのネットしかない。
 それにして、空が高く。青い。いや、蒼い。空気が澄んでいるからであろうか。いいお天気だ。気持ちよいな~。

DSC03907


 (下は先日は記事で掲載の写真)
 東旭川の集落から進み、動物園通りを動物園方向に走った先にある。ある地点。住宅と畑の混在地域だ。とうもろこしなどを畑で栽培している。

DSC03908




プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ