良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

サントリー美術館

 

「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」 鑑賞記 サントリー美術館

 2015年9月20日 
 
 会期も終わりに近づきました。私の姿は、六本木のミッドタウンにありました。メインは、ここで食事とお買いものといいたいところですが、サントリー美術館にやってきました。
 大阪の藤田美術館の所蔵品展です。「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」。長いタイトルなので、以降は「藤田美術館展」と略称でなるべく書きます。
 
 「藤田美術館展」のメインは何といっても国宝「曜変天目茶碗」でしょう。会期も終盤で混雑していました。
 大阪の観光地といえば、大阪城。その川を挟んで北側に藤田美術館はあります。しかし、大阪の中心部、一等地にありながら、あまり有名な観光スポットではありません。私も近年まで知りませんでした。明治の豪商 藤田傳三郎のコレクション。
 あまり知られていないのは、なぜでしょうか??。常時公開されている美術館ではなく、季節ごとに公開される美術館であるから、というのが理由と思います。
 藤田傳三郎のかつての屋敷の跡にある美術館ですが、傳三郎自身は大阪の商人の出ではなく、長門 萩の人。年齢はというと、維新の元勲達と同世代。この出身(バックボーン)が巨万の富を得た大きな理由のひとつでしょう。

IMG_2841

  チケットを購入して入場します。ウェブサイトで100円割り引き券をあらかじめ用意しておきました。
 入場して最初の展示は仏教美術です。菩薩像や観音像などの絵画や立像の展示です。
テーマ「傳三郎と廃仏毀釈」とあります。つまり、明治維新直後の時代情勢の中、それまで信仰対象であった仏教関連の絵画、仏像を収集したのでしょう。
 国宝は「大般若経」がありました。展示は一巻のみ。全部では387巻あるそうです。まとめて奉納されたお経の一部を所蔵しています。茶色の紙に丁寧に楷書で書かれていて、現代の私でも読むことができます。もともとは薬師寺に伝来したと説明にはあります。
 巻物の末尾には「大般若経 第六百」とあります。昔はもっとたくさんあって、現在展示されているのは600巻目、残っているのは上記のとお387巻ということになります。





 

東京ミッドタウン内にあるサントリー美術館 「蕪村と若沖」展を観覧して。

 2015年5月6日 
 
 東京ミッドタウン内にある「サントリー美術館」。
  「蕪村と若沖」 副題「生誕三百年 同い年の天才絵師」の見学しました。
 国宝の展示は最後の方にありました。数多くの作品が展示されていて充実していました。サントリー美術館の企画展は充実しています。
 現在、大混雑の東京国立博物館「鳥獣戯画展」、私の記憶する限り、この以前に「鳥獣戯画」が展示されたのはここサントリー美術館でした。たしか2007年頃だったと思います。その後修復されて、昨年の秋に京都国立博物館で、そして現在東京で公開されているわけです。
 有名な皇室御物の永徳筆「唐獅子図屏風」、こちらも「皇室の名宝展」の後ではここで開催された「獅子展」というような企画展で公開があったと思います。その後、永徳筆「唐獅子図屏風」は展示の噂というか展示されるという話を寡聞にして聞きません・・・・。超有名な日本美術の名作の展示できるだけの企画力ががあるのでしょう。それは母体企業の豊富な財力に支えられているといっても過言ばないでしょう。

 今回は企画展に関する作品の展示しかなかったので、この美術館に「常設展示」はあるのかな?とも思いました。今回の観覧では常設展示スペースという場所は無かったように記憶します。
 
 美術館のフロアからエスカレータの吹き抜けを見下ろす。商業ビルの中にあるという特異?な立地です。
  
IMG_2433




















 美術館のフロアの一フロア下。二階ですね。美術館の真下にはブティックが入っています。美術鑑賞をしてお買いものでしょうか!?(笑)。

IMG_2431




































 こちらは、美術館のフロア。館を出た外側の廊下にあたります。
 観覧者は若い人が多かったです。女性率も高い。意外や「65歳から80歳くらいの男性」日本美術の展覧会で観覧者の中核を占めるであろう「層」は少数派に感じました。(私の勝手な判断かも知れませんが。) 
 一人で来ている若い学生くらいの女性もいました。高校生とおぼしき女子の二人連れも。若冲と蕪村、どちらの絵がお目当てだったのでしょうか!?。「若冲女子」?、「蕪村女子」?それとも両方?、きっと「アート女子」なのでしょう。何でも「女子」とつけば流向になるのかも(笑)。今、一番の注目は「刀剣女子」ですかね!?(笑)。

IMG_2437





















 サントリー美術館の同じフロア、廊下を挟んで近くには飲食エリアの店もあります。「金×豚」の高級料理店のようです。私には敷居が高いです(笑)。
 ちょっと気になったのが、「防火対策」はとっていると思いますが、ピル火災になった場合には美術品の防護はできるのでしょうか。ビルの三階と四階部分のテナント入居美術館は都心という立地からはやむを得ないですが、数多くのテナントが入っている場合は、避難誘導を統一的に行うことは(訓練はしているのでしょうが)火災や災害時には大混乱に陥りかねません。
 私の杞憂といたところでしょうかね!?。

IMG_2436




































 エスカレータで一階に再び降ります。次は近くにある国立新美術館に向かいます。

IMG_2438


 












































「蕪村と若沖」展、国宝「夜色楼台図」など 見学記続き サントリー美術館

 2015年5月6日 
 
 東京ミッドタウン内にある「サントリー美術館」。
  「蕪村と若沖」 「生誕三百年 同い年の天才絵師」の見学です。
 
 続いて二階の奥の展示室に入ります。
 いよいよ展示章は「交わる二人の人生」に入っていきます。展覧会も佳境です。
 展示室内には交友関係図と居住エリアの図がありました。
 交友関係では
 上田秋成、丸山応挙、長沢芦雪、松村呉春などが登場します。(一部現代漢字を使用して表記)
 居住エリアでは解説にあるようにほんの数百メートルしか離れていない。途中で蕪村は引っ越しをしています。現在でいうと地下鉄烏丸御池駅南西から四条通りの南に引っ越しでしょうか?。若沖は四条通りの北に居住しています。生家の八百屋にずっと住んでいたのでしょうか。隠居した後も。

 ↓ 展覧会のパンフレット。国宝「夜色楼台図」

DSC02859

























DSC02862






















DSC02860


















「蕪村と若沖」展 見学 サントリー美術館

 2015年5月6日 
 
 東京ミッドタウン内にある「サントリー美術館」。
  「蕪村と若沖」 「生誕三百年 同い年の天才絵師」の見学です。
 入館して最初はエレベータで上のフロアに移動する順路になっています。
 さて入館です。
 まずは、展示リストに掲載される作品の数が多い。展示替えがかなり頻繁にあるため、現に出展されているのは半分くらいなのでしょうか。
 蕪村の俳句は有名なので知っている人は多いです。
 絵師としても随分と多くの作品を残している多才の人です。どこか、愛嬌のある丸い雰囲気の絵を描く人です。

 若沖は最近つとにマスコミにも取り上げられてなお一層有名になっている感があります。実際、皇室の名宝展で作品を見るまで私もよく知りませんでした(苦笑)。
 作品数は多いが、文化財指定の作品はぐっと少ない。
 蕪村・・・国宝指定の作品あり。この会期にはそのうち一点が公開。そのためにこの時期に私は来ました。
      重要文化財指定の作品も今回数点展示があります。
 若沖・・・今回の文化財指定作品の出展は無し?。
      若沖の国宝指定は現在のところありません。「皇室の名宝展」で展示のあった『動植物彩図』は宮内庁管理なので文化財指定は無し。宮内庁管理でなかったら、これがおそらく一括して国宝指定でしょうか。
 重要文化財指定の若沖作品はあるが、今回は出展なし。指定数も少ない、知る限りは相国寺の絵や金毘羅宮の襖絵。こんぴらさんに若沖作品があるなど全く知りませんでしたし、現地でもほとんど広報されていませんんので、よっぽど知っている人でないと分かりません。
 階段を登って、景色を眺めて「いや~いい眺め」程度でおしまいとこんぴらさんのことを認識していました。あとは、門前町のみやげもの屋さんくらい(笑)。
 
 自由に売買できる作品が多いので若沖を求めるコレクターは多いのでしょう。
 江戸中期の作家はまだまだ文化財指定が進んでいないなあと思いました。残された作品のごく一部が文化財に指定され保護されているわけで、指定されるというのすものすごく価値があるのですね。
 
 ↓ 展示作品リストより。 三階部分の第一展示室。
   右下のあるメモは私の書き込み。後日の記事で触れますが、蕪村と若冲などの自宅の位置図。
   右端に鳥居の書き込みをしていますが、祇園社の目印です。

DSC02861




















 館内にある階段を下りると、吹き抜けスペースが。と、大きな屏風絵が飾っていります。若冲のクジラと白象の屏風絵でした。巨大です。この展覧会の目玉のひとつです。
 他の作品にも見ることができる若冲の、のほほんとして像の画です。
クジラと対比しているのが、何とも現実離れしています。
 と思ったですが、先の「片岡球子展」で見た片岡球子の日本画にもくじらと研究科の学者先生をモデルにした作品がありましたね。球子の代表作のひとつである作品ですが、構図が似ています。大きさも横に広がるワイドな作品です。専門家に言わせれば違うと指摘されるのでしょうけどね(笑)。
 しかし、色彩が決定的に違います。こちらは紙本墨画、球子はカラフルな彩色です。

 ↓ パンフレットより。若冲「象と鯨図屏風」

DSC02858























 ↓ 写真は、美術館のエリアの外側通路に面した告知看板です。

IMG_2435










































「若沖と蕪村」展 東京ミッドタウン内 サントリー美術館へ。

 2015年5月6日 
 
 六本木にやってきました。東京ミッドタウン内にある「サントリー美術館」です。
 上野の東京文化会館を途中で抜けて、上野駅近くで昼食を食べました。(ガード下のレストランで『オムライス』でした。注文すると実に早く料理が出てきました。サッと作れるのでしょう。付け合せのさサラダなどはついていない。ホントにオムライスだけのメニューでした。)
 その後、グレーりラインの地下鉄日比谷線で築地方面にぐるって迂回??して、六本木駅で降ります。駅を出て地上に上がってからも意外とミッドタウンまでは歩きます。私の早足でも5分では到着しません。
 ミッドタウンの敷地に着いても「サントリー美術館」は六本木駅から歩いて一番遠くの建物にあるため、更に歩きます。テナントの店を抜け、エスカレータで上のフロアで昇ります。エスカレータ広場の吹き抜けには大きな垂れ幕がかかっています。
  「蕪村と若沖」です。

IMG_2432




































 エスカレータを降りて美術館の中へ。実にこの美術館も初めてです。民間開設の美術館に全然来ていませんでしたね(苦笑)。この歳にもなって・・・・・ってトコロでしようか・・・・。
 さて、入口近くのカウンターでチケットを買うにも十人以上の列ができています。人はひっきりなしに出入りし、人気の展覧会であることが分かります。

IMG_2434












プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ