良月(りょうげつ)の たび日記

神奈川県 湘南地区在住。折口良月(おりぐち りょうげつ)の神奈川、東京、静岡、山梨、長野など関東近郊地域への行楽、外出。美術館、博物館めぐり。その他国内旅行などお出かけの記録。

飛行機からの風景・画像集

 

奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ3) 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ3)  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 7月22日 祝日、4連休の初日のこと。
 
↓ 「大阪国際空港」 伊丹空港のビル。モノレールの駅より。
 

IMG_3686

 機体の外に出ると、伊丹空港のロビー、搭乗ゲート付近は人が全然いない。出発する飛行機がないためか、乗客が少ないからなのか、いつになく、すいているぞ。 
 出口に急いだ。昨年の11月に来たときと同様に、ビル真ん中まで歩く。遠い~。手荷物は預けていないので、すぐに外に出る。

 
IMG_3684

 ↓ 到着出口のところ。工事の結果、一か所に集約された。
  せっかく、工事して新しくなったのだが、北(主にJAL)と南(主にANA)、二か所に分けてほしいな・・・・。

IMG_3685


 7:44頃、空港ビルの外に出る。自動ドアがウィーンと開いて、外に出るとセミの音が突如として耳に入って来る。凄くうるさいぞ!!。「ミンミン・・・」ではない、「ほえほえ」でもない、「シャンシャンシャンシャン・・・シャカシャカシャカシャカ・・・。」ような音だ。
 神奈川県所在の自宅付近、都内でもこんなにうるさくない・・・。伊丹、豊中付近は、住宅も多いのだろうが、朝からこんなにもセミの音がすごいのか。今、聞こえているセミの音は「ジジジジ・・・・」という、アブラセミの音ではない。関西は、クマゼミのようだ。 
 で、蒸し暑い

 ※数日後のこと。何気なくラジオをきいていると、某コメンテーターがこの季節、東京と関西を行き来していて感じることは「・・・関西と関東はセミの声が違う。大阪のセミは、うるさい。」であるという。「東京のセミは、大阪よりも静かだ・・・・。大阪はクマゼミでうるさい・・・・。」という、そのコメンテーターのコメントによると「温暖化の影響で、クマゼミが関東にも来る。」という。)

 7:52発のモノレールに乗る。おなじみの時刻だが、降機が遅れたり、モタモタしていると間に合わない。普通に歩いて移動していたのでは、間に合わない場合もある。
 現に、同じ飛行機でこの時刻のモノレールに間に合った人は、20-30人くらいではないか?(と、勝手な推測だが、見たところモノレールに乗り込んできたのは、それくらいの人数だった。勿論他の便の乗客もいるであろうが。)。次は、10分後なので、急ぐ場合は、時間をロスしてしまう。
 1駅だけ乗り、改札を出て、乗り換え。阪急線に。
  8:00発 蛍池駅から阪急線の梅田駅行きの急行に乗る。車内の乗客数は、新型コロナ感染症流行下で、外出が少なくなっているとはいえ、いつもの土曜日の朝(この日は、土曜日ではないが、4連休の初日なので土曜日みたいなものだ。)より、やや少ないくらいではないか。座れないので、立っている。
  8:15 阪急梅田駅に到着。
  新幹線で移動した場合、新横浜発6:00の列車は、8:12に新大阪駅に到着。梅田、大阪駅までと考えると、「飛行機の方が、10分くらい早いのかなぁ?。」と来る度に考える。でも「眠いなあ。」。料金的には、早く予約して割引運賃が適用されれば、飛行機の方が(出張・宿泊プランなどパッケージツアーのケースを除く。)安いかな。
  阪急の駅を出て、地下に入るが、間違って御堂筋線の南改札まで、遠回りして歩いてしまった・・・・。久しぶりなので、間違った
 8:22御堂筋線 梅田駅発。なんば駅で降りる。地下鉄の駅から、近鉄の地下駅に、さらに階段を下る。

IMG_3687

 奈良に向かうことにする。

IMG_3689










奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ2) 2020年7月(新型コロナ感染症流行下)

 奈良・京都のたび(羽田発~伊丹空港~大阪へ2)  2020年7月(新型コロナ感染症流行下)
 7月22日 祝日、4連休の初日のこと。

 6:30 羽田発、伊丹空港行きのJAL。機内は、ほぼ満席であるが、ちらほら空席はある。かつては、朝一番の伊丹行きの便は、基本的に満席であったが、今回は空席がある。搭乗率は9割くらいかな。
 機内アナウンスによると「間隔を空けて乗客を座らせる」という措置は、6月中までで、7月以降は通常通りに隣り合って座らせているという。
 

 この日は、雲りで小雨が降っているくらいの天気だった。
 機体整備場を通過し、ずんずん進む。滑走路への橋を渡って機体は進む。いつものD滑走路に。離陸町の飛行機が手前で連なっていることもあるが、本日は、待っている機体が無い。滑走路手前で待つことなく、そのまま滑走路に進入する。コ゜ーっとスピードを上げて、滑走し6:51頃に離陸した。

 曇天なのですぐに雲の中に突っ込んで上昇していく。景色はすぐに見えなくなった。
 水平飛行になると、カートのサービスがあった。しかし、メニューは普段よりも少ない。お茶紙パックの伊藤園 か、紙コップについでサービスしてくれるのは、りんごジュュースのみだ。 パックのお茶をもらう。
 機長(か副操縦士)のアナウンスが早いタイミングであった。ここ3~4か月くらい乗客は激減しているいうが、パイロットの人達は、普段と同じように乗務しているのかは、不明。
 テーブルを出して、いつもならば、コンピニおにぎりを食べるところであるが、今回は買うことができなかった・・・。早起きして眠いので寝る

 今回は、座席を進行方向左側に予約した。つまり、伊丹行きでは、南側の海なとが見えるはずなのだか、窓から見える景色は一面の雲海・・・。離陸から15分-20分もすれば、名古屋・中部国際空港上空に達するはずなのであるが、わからない。
 離陸から35分くらい経過すると、グウーンと降下を開始する。はや、大阪が近づいてきた。雲が薄くなってきて、途切れている合間から地上をみると奈良盆地の上空のようだった。

 ↓ 雲が途切れた。奈良盆地の西側、法隆寺の南のエリアのようだ。

DSC00772

↓ 奈良盆地から大阪平野に抜ける峡谷。昨年の春に高速道路で通過したなあと思い出す。
  山が迫って、川が流れている。地図で見ると関西本線もぐるっと山地を迂回して通っていますね。

DSC00773


 更に降下して雲を抜けると、霞んでいるが大阪のコンクリートの街並みがはっきり見える。
 大阪は、曇天ではあるが、降雨はしていないぞ。でも水蒸気がすごいぞ。

DSC00774

 上空から風景を眺めると、学校などの建物の合間のグラウンドの土の色が目立つ。関東地方の関東ローム層のドス黒いというか、焦げ茶色の地層と違って、関西以西のグラウドなど土が露出している場所は明るい色なので、目立つのだ。
 子供のころ、西日本に旅行したときの感想は「土の色がまぶしいな。」だった。あの頃、抱いた感想は間違っていなかった。「大人になった今もそう思うよ。」と本日、改めて飛行機の窓から大阪の地上を眺めて思った

DSC00775

 ↓ と、大阪城に。周囲のビルと比較すると小さい。
   「お城がどーんとそびえている」のではなくて、ビルの合間にこじんまりとしている感じ。

DSC00776

 お城はあっという間に通過して、大川にさしかかる。

DSC00777

 川の合流点。(2017年4月に訪問した)「藤田美術館はどこかな?。」と探す。今は建て替えで休館中のはずだ。
 写真でも判別できず・・・・。
 造幣局の敷地は、わかった。造幣局の桜並木の通り抜けの道もわかる。傍らの川にかかる橋も覚えている。

DSC00778

 ↓ 梅田付近と思われるビル群。 拡大。

DSC00779

 ↓ 梅田付近と思われるビル群。

DSC00780

 ↓ 梅田付近と思われるビル群を過ぎると淀川。淀川を渡ると、
   新大阪駅の真上を飛ぶのです。よって新大阪駅は撮影できず。

DSC00781

DSC00782


  今まで、機体の右側の座席のことが多かったので、今回は左側に座るが結局、空港に着陸直前に見えるであろう、例の某学園の目立つ色の建物は不明だった。

 伊丹空港には、7:33頃ランディング。(つまり着陸。)

 そのまま、ターミナルに。機体の外に出ると、伊丹空港のロビーには、搭乗ゲート付近も含めて人が全然いない。出発する飛行機がないためか、乗客が少ないからなのか、いつになく、すいているぞ。 
 出口に急いだ。改修後、ターミナル中央部に出口が集約されたので、すごく歩く。遠い・・・・。


 



プロフィール

りょうげつ

カテゴリー
  • ライブドアブログ